ヒューマン・ラブ・ラノベ

『透明カメレオン』あらすじ・ネタバレ感想文|優しい嘘と透明な世界|道尾秀介

優しい嘘と透明な世界。

道尾秀介さんの小説『透明カメレオン』感想です。感動しました!!Twitterのフォロワーさんにオススメ頂いたのがきっかけです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
本が好きな方との繋がりは心地よいね。

『透明カメレオン』あらすじ・評価

嘘でも人を救うことができる!

あらすじ

ラジオのパーソナリティの恭太郎は、冴えない容姿と“特殊”な声の持ち主。今夜も、いきつけのバー「if」で仲間たちと過ごすだけの毎日を、楽しくて面白おかしい話につくり変えてリスナーに届ける。恭太郎が「if」で不審な音を耳にしたある雨の日、びしょ濡れの美女が店に迷い込んできた。ひょんなことから彼女の企てた殺害計画に参加することになる彼らだが―。

『透明カメレオン』ネタバレ感想文

そう言えばここ何年もラジオ聞いてないな。昔は深夜に聞いていたりしたのですが・・・。

ラジオと聞いて連想するのが「終わっちゃうときに淋しくなるところが好き」という言葉。

江國香織さんの『落下する夕方』に書かれている言葉です。共感できるんですよね。

『透明カメレオン』の主人公・恭太郎はラジオのパーソナリティでした。声は素晴らしいけど、容姿は釣りあっていないという人物。

その容姿ゆえにか恋愛にも疎く・・・。恭太郎は恋をするのです。

スーパーマリオのように

純粋で自分の気持ちにどこまでも素直な恭太郎。大切な人を守ろうとする気持ちがスーパーマリオに例えられていました。

大切な人を守るために―。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
読んでいると心を打たれる。マリオの例えが懐かしいく、心が温まったよ。

優しい恭太郎は周りの人をも救いに導きます。道尾さんお得意のラストで明かされる展開。感動しました!

優しい嘘

もしあの時こうしていたら・・・。

もしあの時こうしていたら今とは違った結果が得られたかもしれない。誰もが一度くらいは考えたことがあるのではないでしょうか。

『透明カメレオン』は個性的な様々な登場人物たちが出てきます。

「if」というバーのママさんと常連客たち。彼らはみんなそんな思いを持ち合わせていました。ある意味「仲間」どうしですね。

恭太郎も加わり、面白おかしく時には切なく描かれています。そこには無数の「嘘」が散りばめられていました。

ひつじくん。
ひつじくん。
嘘でも人を救うことができるんだ。

人を貶めるものはダメだけど、人を救うためにつくものは素晴らしい嘘です。嘘によって救える人生があるんですよね。

『透明カメレオン』は優しい気持ちになれる小説

『透明カメレオン』は優しい気持ちになれる小説でした。読了感がよくて面白かったです。

Kindle本を読むなら

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)もおすすめ。Amazonが提供している書籍読み放題サービスです。

  • 200万冊以上が読み放題(小説やビジネス書、雑誌、コミックなどいろんなジャンルが対象)
  • お好きな端末で読める
  • 30日間の無料体験あり(初めてご利用の方。期間終了後は月額980円)

公式ページ

私も愛用しているKindle端末はこちら→Kindle Paperwhiteレビュー・メリットとデメリット|読書が快適になるアイテム

『スケルトン・キー』あらすじ・ネタバレ感想文|切ないサイコパス|道尾秀介道尾秀介さんの小説『スケルトン・キー』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。錠也の心情、サイコパスの要素、スケルトン・キーと鍵穴、小箱の中身について書いています。...
『鏡の花』あらすじ・ネタバレ感想文「もしも」を描いた連作短編|道尾秀介道尾秀介さんの小説『鏡の花』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。『もしも』の世界、後悔と深い哀しみ、今ある 「繋がり」、『シュタインズ・ゲート』について書いています。...
『笑うハーレキン』あらすじ・ネタバレ感想文|偽りの顔と素の自分|道尾秀介道尾秀介さんの小説『笑うハーレキン』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。全てを失ったホームレスたち、ピエロと道化師の違い、笑顔の裏にある哀しみ、アイツ (疫病神) の存在、意外なカラクリについて書いています。...

もっと見てみる

こちらは読んだ?