暮らしとブログについて

ダブルフェイス【感想】無間地獄 日本版インファナル・アフェア

日本版インファナル・アフェア

『ダブルフェイス』ドラマ
TBS×WOWOW共同制作ドラマで、私のお気に入りです。

香港映画の話題作「インファナル・アフェア」の日本版リメイク作品。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
インファナル・アフェアも最高の映画でした。

豪華なダブルキャスト

西島秀俊さん&香川照之さんw主演!!

ヤクザの幹部である森屋純を演じるのは 西島秀俊さん。・・・実は潜入捜査官です。エリート警察官である高山亮介を演じるのは 香川照之さん。・・・実はヤクザの潜入員です。

ダブルキャストで演じられるこのドラマはとても面白く見応えがありました。インファナル・アフェアは三部作ですが、その一作目を前半・後半でリメイクしています。

『ダブルフェイス』感想

前半・潜入捜査編と 後半・偽装警察編の感想を簡単に。

潜入捜査編 (前半) 感想

潜入捜査官・森屋純に重点をおいたドラマになっています。純の二重生活の苦悩が描かれていました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
西島秀俊さんがハマリ役でカッコイイんです。

インファナル・アフェアでは トニー・レオンが演じています。なんとなく似ているような感じがしました。

原作のインファナル・アフェアでも衝撃を受けたシーン。小野寺警視正のラストの場面では、あぁ、そうだった‥‥と原作のウォン警視の場面を思い出します。

カウンセリングの先生とのやりとりに、ほのぼのしました。

カウンセリングの先生は和久井映見さんが演じておられます。その後の展開を知っている私としては切ない気持ちになりました。

先生の部屋には大きな水槽があってクラゲがフワフワと漂っているのですが、そのクラゲと西島さんが写っている場面が好きです。

ひつじくん。
ひつじくん。
癒されるね。

偽装警察編 (後半) 感想

エリート警察官の高山亮介がメインの後半。西島さん演じる森屋純も登場しますが、視点は高山刑事です。その正体はヤクザの潜入員。

見事に演じきっていました。原作では アンディ・ラウが演じていて、そちらも魅力的です。香川照之さんの演じる高山亮介もいい味を出していてくり返し観ています。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
蒼井優さんとのシーンは 微笑んでしまいました。

ラストは高山刑事のやるせない気持ちが表現されています。彼の決意に胸が熱くなりました。ですが 時すでに遅し・・・。

これも報いですかね。

ドラマのみどころ

偽装警察編の見どころは、西島さんと香川さんとの屋上のシーンです。それから西島さんの衝撃のラストシーン。

展開がわかっていても衝撃を受けてしまいます。一番最後の高山亮介も印象的でした。エレベーターの中で悲しく笑っている場面です。

ひつじくん。
ひつじくん。
原作インファナル・アフェアのタイトルは英語訳なんだよね。

香港でのタイトルは「無間道」。

無間とは無間地獄の略で、生きている限り地獄は続くという意味です。

高山亮介がヤクザを抜け出そうと自分の未来のためにとった行動。でも結局また同じ道に戻り地獄は続くという残酷なラストが印象的でした。

このドラマを見る度に考えてしまうことがあります。

森屋純と高山亮介、どちらが幸せなのだろうか。

どちらも切ないです。
インファナル・アフェア3部「終極無間」では、アンディ・ラウ演じるその後が描かれています。そのラストも凄いんですよね。

切なさがつのる音楽

ダブルフェイスは音楽がとても素敵です。切ないような悲しいような。ドラマのシーンを壊すことなく自然に溶け込んでいて、更にダブルフェイスの魅力を上手く引き出しています。

この音楽もダブルフェイスにハマってしまった理由の一つです。

こちらもオススメ

WOWOWドラマ原作本のレビュー

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA