ミステリー・サスペンス

『死の臓器』麻野涼【あらすじと感想】レストア・キッドニ移植

腎移植を取り上げた医療サスペンス

麻野 涼さん『死の臓器』
テレビドラマ化されましたね。主演は小泉孝太郎さんで、ドラマも面白かったです。

『死の臓器』あらすじ

腎移植を取り上げた医療サスペンス

『死の臓器』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
聖徳会日野病院の医師・日野誠一郎は、ある日、臓器売買の容疑をかけられる。その頃、テレビディレクター・沼崎恭太は、事件を感じ調べ始めるのだが・・・。

『死の臓器』感想

『死の臓器』は、腎移植を取り上げた医療サスペンスです。序盤は難しい表現が多かったですが、後半にいくにつれて面白くなりました。

レストア・キッドニ

頻繁に登場する言葉、レストア・キッドニ (修復腎) 移植。

初めて聞く言葉でした。レストア腎移植と言われていますが、腎ガンなどで取り出した腎臓の病変部分を切除・修復して必要とする人に移植するものです。

えっ!! ガンに侵された腎臓!?

切除などをして低い確率で再発などのリスクはあるものの、必要としている人には生きる望みが持てるもの。そんな方法があるなんて、この本を読むまで知りませんでした。

「臓器売買」の容疑をかけられた日野医師は、マスコミなどからバッシングを受け、レストア・キッドニにも影響を及ぼします。問題視されたのがこちら。

  • もし、がん細胞が取りきれていなかったら?
  • 移植する腎臓に発がん誘発因子が付着していたら?

・・・確かに頷ける疑問です。私も、がんに侵された腎臓を (たとえ切除したとしても) 移植して大丈夫なんだろうかと不安に思いました。でもこの本を読むと人工透析を受けている患者さんの切なる願いに胸を打たれます。

透析を受けながら制約された人生を選ぶのか、低確率のがん再発のリスクを背負いながらも移植を受けるのか。

なかなか難しいところがありますが医療も進んでいるのですね。

臓器売買の闇

レストア・キッドニ移植に続きもう一つ、臓器売買も絡んできます。

こういう闇は外国を想像してしまいます。でも過去に日本でも裁判になった事件があったのですね。宇和島臓器売買事件というものです。

本書では日野医師に容疑がかけられました。1人のテレビディレクターが事件の裏に陰謀の匂いを感じ調べ始めます。その闇は上海にありました。ちょっと怖いけど、こういう闇はなくならないんだろうな。この辺りは、ミステリー感が強く一気に読んでしまいました。

医師の使命

日野医師の想いが深く心に残りました。

「生きたい」と願う患者の期待に応えるのが医師の使命。

自分の信念をしっかり持った日野医師に共感を覚えます。レストア・キッドニの重要性も。それでたくさんの患者さんが助かるのなら、それは間違いなく希望の光なのだと思います。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

POSTED COMMENT

  1. lime より:

    こういう医療物はとても考えさせられますね。
    本来神でしかなせない事を、医療技術で叶えられるようになってしまったから。
    私が患者ならば、一年でも二年でも、「やり残したこと」のために移植してもらうかもしれません。あ・・でもお金が有れば、ですよね。
    きっと金銭も絡んで来るだろうし、闇の力も絡んで来るだろうし。
    けっしてきれいごとではないのだろうとは思うのですが。
    興味深い医療サスペンスですね。

  2. ひだまりさん。 より:

    おはようございます(*^_^*)
    本当に日本の医療は凄いですね。
    こんな移植方法があるなんて、目にウロコ状態でした。

    私も移植してもらうんだろうな。
    まだまだ、やりたい事も、読みたい本もたくさんあるし・・・。
    この本の登場人物たちもそうでした。
    闇の力を借りる人、普通にレストア・キッドニを待ち続ける人・・・。
    患者さんと、患者さんの家族の切なる願いが伝わってきます。
    お金儲けをしている臓器ブローカーは許せないけど、臓器売買における中国での事情や、移植を待っている人々。
    それは理解できる気持ちでした。

    私の知らなかった世界を覗けた感じです。
    医療サスペンスは深いですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA