ミステリー・サスペンス

『凍りのくじら』辻村深月【あらすじと感想】ドラえもん愛をたっぷり感じられた小説

ドラえもん愛たっぷり。

辻村深月さん『凍りのくじら』
ドラえもん愛が感じられて微笑ましかったです。冒頭の言葉にひきつけられ夢中で読み始めました。

『凍りのくじら』あらすじ

ドラえもん愛を感じる小説

『凍りのくじら』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
父が失踪して5年が経った。図書館で出会った青年から、突然、写真のモデルになってほしいと頼まれる理帆子。最初は戸惑っていたが・・・。

『凍りのくじら』感想

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ドラえもんが読みたくなりました。

『凍りのくじら』には、ドラえもんの不思議な道具が出てきます。上手くお話と絡み合って、辻村さんはとても 藤子・F・不二雄さんを愛しているんだなと感じました。

冒頭の文章がステキです。

いくら科学が発達していても自然の力には抗えない人間の無力さを感じます。本のタイトルにもなっていますが、最後まで読むとそのタイトルにしっくりくるんです。

理帆子の孤独

『凍りのくじら』は、写真家の理帆子が高校時代の家族愛と友情を回想していくお話です。

元恋人がストーカーに変貌していく様にはぞっとしました。藤子・F・不二雄を愛する彼女は、ちょっと冷めている女の子でした。

ぼくにとっての「SF」は、サイエンス・フィクションではなくて、「少し不思議な物語」の SF (すこし・ふしぎ) なのです

藤子・F・不二雄さんの言葉です。

この言葉に感銘を受け、周りの人々に「スコシ・ナントカ」と 個性に名前をつけている女の子。

例えば、理帆子は自分を「スコシ・不在」としています。友達にさえ本音を言わず自分の居場所がないと感じていました。だからスコシ不在。

彼女の孤独が痛いほど感じられました。そして不器用さも。愛想笑いや相手に合わせることは私もあります。けっこう疲れてしまうのですが。だから少し共感できる部分がありました。

テキオー灯

別所あきら。彼との出会いが理帆子を変えていきます。

突然、写真のモデルになってほしいと頼まれる理帆子。あきらの前では饒舌になり、ドラえもんの話で盛り上がります。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
2人のやりとりが好きでした。不思議な道具がたくさん出てきて思わずドラえもんを読みたくなってしまうほどです。

彼は最後に感動を与えてくれます。そこに登場するのが「テキオー灯」です。

映画『のび太の海底鬼岩城』にでてきますね。テキオー灯の光を浴びると、その環境に適応できる。

ひつじくん。
ひつじくん。
「スコシ・不在」の主人公には、ぴったりだね。

彼女はこの経験を経て、父親と同じフォトグラファーになるのです。写真を見る人に生きていくための居場所を与えるために。「スコシ・不在」の理帆子だったから描ける光なのかもしれません。

父親の想い

理帆子はずっと家を出ていった父親を引きずっていました。

藤子・F・不二雄が大好きだった写真家の父。『凍りのくじら』は最後に行くにつれて感動してしまうところがいくつかあります。その中で父の言葉にジーンときました。子供への愛情があふれていました。

辻村さんのドラえもん愛

ドラえもんについて

辻村さんは本当にドラえもんが好きなのですね。私は漫画は読んだことないのですが、アニメを見ていると感動もしました。アニメから学んだことも多いと思います。

どこでもドア、カワイソメダル、もしもボックス、いやなことヒューズ、先取り約束機、ムードもりあげ楽団、ツーカー錠、タイムカプセル、どくさいスイッチ、四次元ポケット

『凍りのくじら』は、こんな感じの目次になっています。ドラえもんの不思議な道具がたくさん並んでいました。楽しくなりますね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
「どこでもドア」が欲しいです。私って、わりと定番な女。
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

POSTED COMMENT

  1. lime より:

    ドラえもんの道具。子供なら誰しも憧れたアイテムたち。
    大人になってから改めて振り返ると、また違った感覚になるのかもしれませんね。とても面白い発想とテーマだと思いました。
    「スコシ・不在」。これ、わかるなあ~。
    大人になるって、「スコシ・不在」になることかもしれませんよね。
    大なり小なり。
    そしてテキオー灯……欲しいです。すごく。
    身の置き場の無さを感じる時ってすごく多いですから。
    きっと生まれながらにこれを持っている人は、のびのびとこの世を生きていけるんでしょうね。
    私もどこでもドア、一番欲しいです。
    まずどこに行こうか考えるだけで、楽しいです。(昔と変わっていない・・・)

  2. ひだまりさん。 より:

    ドラえもんの不思議な道具、考えるだけでワクワクしますね。
    小説で、ドラえもんをここまで盛り込んで、しかも上手くまとまっているなんて・・・。面白かったです(*^_^*)
    ミステリータッチのファンタジーでした。

    「スコシ・不在」
    大人になれば、なるほど、本音で話話せる人って限られてくるような気がします。
    そして、スコシ不在に陥る。私も少し共感しました。

    テキオー灯。
    子供の頃は気付かなかったけど、これってすごく良い道具ですね。
    働くようになって、自分の居場所というのを深く意識するようになりました。
    生れながらに持っている人が羨ましいです。

    どこでもドア。
    やっぱり、私もこれが一番ほしいです。
    いろんな所に一瞬にして行ける。
    憧れますね (´˘`๑)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA