ミステリー・サスペンス

『砂の街路図』佐々木譲【あらすじと感想】哀しい過去が眠る不思議な運河町

哀しい過去が眠る運河町

佐々木譲さん『砂の街路図』
久々に佐々木譲さんの本を読みました。佐々木さんは私の好きな道警シリーズを書いている作家さんです。私の地元、北海道を舞台にしているので愛着があるんですよね。

『砂の街路図』あらすじ

父の過去を探しに・・・。

『砂の街路図』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
岩崎俊也は、母の四十九日を終えたあと、両親がかつて住んでいた北海道の運河町を訪れる。幼い自分を捨てて失踪し、死んだ父のことを調べるために・・・。

『砂の街路図』感想

『砂の街路図』は少しミステリー感が弱いかなと感じましたが、充分 面白かったです。

父の過去を探しに

主人公、岩崎俊也は、突然失踪した末に事故死した父がかつて住んでいた運河町を訪れます。ずっと不思議だった思いを胸に・・・。

なぜ父はその街に行ったのか。

過去を探り始めます。父の過ちやその街を訪れた理由が明らかにされたとき、父親を想う岩崎の気持ちに愛情を感じました。

キーワードは「漕艇部」。悲しく辛い出来事でした・・・。砂の中から少しずつ掘り出すように、徐々に明らかになっていきます。これは家族の物語ですね。

不思議な運河町

80年前で時間が止まった街

『砂の街路図』で描かれているところ。舞台はやはり北海道です。本を開いてまず目にするのは「運河町の街路図」でした。

眺めているだけでも楽しい。「音楽堂通り」などの地名が所々に登場して、地図を確認しながら私も一緒にその街を歩いているかのようでした。架空の町のようですね。

佐々木さんの北海道を愛する気持ちがとても伝わってきました。

何故か居着いてしまった人たちや、不思議な幽霊船・・・。登場人物である岩崎も最後にはこの町の魅力にとりつかれたようです。

砂に埋れたように時間が止まった場所。昔ながらの建物は懐かしく温かい感じがします。「運河町」っていうのも良いですね。私が通っていた短大も運河に近いところにあったので、懐かしくなってしまいました。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA