ミステリー・サスペンス

『アポロンの嘲笑』中山七里【あらすじと感想】命をかけた使命

壮絶で人情あふれる人間ドラマ。

中山七里さん『アポロンの嘲笑』
この物語の背景には、3.11の東日本大震災が描かれています。まるでドキュメンタリーを見ているかのようでした。

少しだけネタバレあります。

『アポロンの嘲笑』あらすじ

彼はなぜ逃げたのか?

『アポロンの嘲笑』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
東日本大震災から5日後、殺人事件がおきた。被疑者の加瀬邦彦は余震の混乱に乗じて逃げ出す。彼にはある目的があったのだ―。

『アポロンの嘲笑』感想

自然災害の前では人は無力。リアルに描かれていて、やりきれなさで胸がいっぱいになりました。壮絶で人情あふれる人間ドラマがあったんです。

命をかけて

目指すのは福島原発。

親友の純一を刺してしまった加瀬邦彦は、警察の護送中に逃亡します。逃げたことには理由がありました。

大切な人を守るために。

邦彦は大きな使命を抱えていました。その理由を刑事が追っていくのですが、邦彦の揺るがない決意があり感動を覚えます。飢餓や寒さに耐え、何度も死にかけながら危機を脱していきます。尋常じゃない人間の生命力を感じ、圧倒されました。

守りたいもののために人は強くなれる。

目頭が熱くなります。でも最後は・・・。やるせなさが残るラストでした。切ないです。

原発と生きるということ

東日本大震災と結びつけて考える、もうひとつの重大な要素。
福島原発が絡んできます。

必要不可欠だけど身近に潜む恐怖を感じました。つい最近も原発テロをめぐる小説、東野圭吾さんの『天空の蜂』を読みました。『アポロンの嘲笑』は、原発作業員の実態や理不尽さが細かに描かれています。殺された純一や、邦彦もその作業員でした。危険を伴いながら働く様子に恐怖を感じます。

放射能と隣り合わせということ。

生活に欠かせないものになっている原発ですが、蓋を開けると誰かが危険な任務をしているんですよね。便利なものは誰かの犠牲の上で成り立っている。

タイトルになっている「アポロン」というのは、ギリシャ神話に出てくる神々の一人のことです。

原子力を手に入れてしまった哀れな人間の行く末を、太陽神が見下ろしている。だから『アポロンの嘲笑』。これから原発とどう向き合っていくか、アポロンは今も空から見下ろしているのかもしれません。

刑事の願い

仁科という一人の刑事が邦彦を追っていきます。震災で息子が行方不明になり、犯人を追う中で言った本音にポロっときました。

もう、人が死ぬのを見たくない

人間味あふれる仁科刑事。ホロリと言った本音に切なさと震災の悲惨さが伺えました。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA