ミステリー・サスペンス

『ボトルネック』米澤穂信【あらすじと感想】僕が存在しない世界

この記事に書かれていること
  • 米澤穂信さんの小説『ボトルネック』あらすじと感想
  • リョウが迷い込んだ自分が存在しない場所
  • 小説を読み解く鍵
  • 『ボトルネック』結末の考察

少しだけネタバレあります。

想像力で挑む物語

米澤穂信さん『ボトルネック』感想です。この物語は怖いですね。読み終わってからジワジワと怖さがやってきました。しかも様々な謎掛けになっています。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
想像力が掻きたてられる小説でした。

小説『ボトルネック』あらすじ

僕が生まれなかった世界―

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
目眩に襲われた僕が気づいたとき、世界が変わっていた―。そこは僕が生まれなかった世界だった。

小説『ボトルネック』感想

読んだあとに結末を想像する。『ボトルネック』は 読者に結末を委ねている小説でした。

他の方のレビューを読んでいると 何回も読んでいる人が結構いることに気づきました。至るところに謎掛けがしてあって、何度も読む気持ちが分かります。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
想像力が掻きたてられる作品ですね。

結末以外にも伏線が張りめぐらされています。想像しながら読むことでいくらでも物語が広がりました。2、3回読むとまた違うものが見えてくるのかもしれません。

自分が存在しない場所

パラレルワールドに迷い込んだ主人公・嵯峨野リョウ。そこは自分が存在しない場所で、生まれなかったはずの「姉」がいたのです。

サキと名乗る姉はリョウのいる世界で生まれなかったツユでした。ここではリョウは存在していないのです。

ミステリーというよりホラー並の怖さがあるお話。読み進めていくうちにジワジワときます。

リョウは間違い探しをします。

彼がいた世界では割れたはずのお皿。仲違いしている両親。死んだはずの兄と友達のノゾミ・・・。

ここでは割れていないお皿。仲良しの両親。生きている兄とノゾミ。

突きつけられる現実は彼にとって過酷なものでした。明らかに彼が生きているところよりも好ましい状況だったからです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
こんな世界は嫌です。

作品の意図が分かったとき、ゾッとしてしまいました。

もしも私の代わりに誰かがいる世界が存在していたとして、私の周りの状況が向こうの方が良かったら・・・。元の現実に戻るときに絶望を感じそう。見なければ良かったと思います。

小説を読み解く鍵

小説を読み解く鍵の一つとなるのは、タイトルの「ボトルネック」。

ボトルネックって 瓶の首の部分です。細くなっているから水の流れを妨げてしまう。システム全体の効率を妨げてしまう部分のことをボトルネックと呼ぶそうです。

ひつじくん。
ひつじくん。
邪魔なボトルネック。これが物語にどう関わってくるのか、だね。

この作品は暗い雰囲気を感じます。登場人物の生き方にも影響しているのかな。

悩めるノゾミ。生きることに投げやりなリョウ。それでも強く生きて欲しいと願わずにはいられないのですが・・・。

【考察】『ボトルネック』結末

私が出した結論は、ハッピーエンドではないというものです。(どちらを取ってもハッピーエンドではない気がしますが)

リョウは帰ることなく・・・。その方がこの物語の雰囲気に合っている気がしました。

こちらもオススメ

『折れた竜骨』米澤穂信【あらすじと感想】ソロンの戦いと散りばめられた謎米澤穂信さんの小説『折れた竜骨』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。魔術の世界と謎解き、父を殺したのは誰か、呪われたデーン人、迫力満点の戦闘シーンについて書いています。...
『王とサーカス』米澤穂信【あらすじと感想】ジャーナリストの迷いと苦悩の果てに米澤穂信さんの小説『王とサーカス』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。異国の地ネパール、知ることと伝えることの意味、万智の心の迷い、苦い結末と鋭い推理、米澤さんの小さなひっかかりについて書いています。...
『儚い羊たちの祝宴』米澤穂信【あらすじと感想】背筋がヒヤリ・・・すべてが覆る結末米澤穂信さんの小説『儚い羊たちの祝宴』あらすじと感想です。ランキングにしました。少しだけネタバレあります。バベルの会、アミルスタン羊についても書いています。...

もっと見てみる

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA