ヒューマン・ラブストーリー

『さよなら妖精』米澤穂信【あらすじと感想】出会いとユーゴスラビアへの祈り

ユーゴスラヴィアからやってきたマーヤ。

米澤穂信さん『さよなら妖精』
古典部シリーズのような、小さな謎がたくさんつまった小説でした。

『さよなら妖精』あらすじ

【あらすじ】
外国からやってきたマーヤ。彼女との出会いが、俺たちを変えた・・・。

『さよなら妖精』感想

古典部シリーズを連想しました。

なんとなく雰囲気が似ているなと思ったんですが、それもそのはず。『さよなら妖精』は最初、古典部シリーズの続編として作られていたんですね。どおりで・・・・・。タイトルを見るとファンタジーなのかな? と思いましたが青春ミステリーでした。

天真爛漫な妖精マーヤ

米澤さんが描く登場人物はみんな味がありますね。主人公、守屋が雨の降る日に出会ったマーヤ。天真爛漫で好奇心旺盛な彼女はまるで妖精のようでした。

疑問に思ったことがあった時に聞く「哲学的意味がありますか?」という言葉に思わず微笑んでしまいます。私もマーヤが好きです。明るくて素直で優しくて・・・。本の中のキャラなのに憧れを抱いてしまう。

彼女はユーゴスラヴィアからやって来ました。

政治家になることを夢見て・・・。

しっかりと夢を持ったマーヤ。ほんの2ヶ月間の滞在でしたが、素敵な友達と過ごす日々は彼女にとって新鮮で、読んでいる私も楽しくなりました。

小さな気になる謎

たくさんの謎掛けがあります。

  • 雨が降っていて傘を持っているのに、ささない男性の話。
  • お墓に供えられた紅白饅頭。

などなど。

どれも小さなものなんですが気になる。見事に推理していく守屋と太刀洗には頭が下がります。こんな謎解きが妙に楽しいんです。どれも納得がいく答えが見つかった時には清々しさが感じられます。

マーヤの帰るべきところは何処か。

それについて書く前に、まずマーヤの故郷であるユーゴスラビアについて。

ユーゴスラヴィアの情勢

私は地理や外国の歴史については全くの無知で、ユーゴスラビアと聞いてもいまいちピンときません。でもこの本では、その国 (?) の情勢が大きく関わってきます。

『さよなら妖精』の舞台は1991年~1992年。

    当時のユーゴスラヴィアは・・・
  • スロベニア
  • クロアチア
  • ボスニア・ヘルツェゴビナ
  • セルビア
  • モンテネグロ
  • マケドニア

6つの共和国からなっていました。そこは様々な民族が集まり、多くの言葉であふれていました。そしてスロベニア・クロアチアの独立宣言。内戦が始まるのです。

カタカナが苦手で、この辺りは理解出来てるような出来ていないような。どの辺りにあるのかも実はよく分かってなかったりして・・・。

マーヤが日本にいる間に、独立宣言、戦争が起こります。そんなとき彼女はその戦争の真っ只中の故郷に帰ってしまうんです。

最大の謎解き

この物語は、守屋がつけていた日記を元に進んでいきます。そしてマーヤが故郷に帰ってしまった後に主人公が頭を悩ませる最大の謎解きが始まります。

マーヤの故郷は何処か?

ユーゴスラヴィアと言っても6つの共和国だから・・・。

彼女とのやりとりを振り返って、推理を進める守屋と白河いずる。マーヤを案じる焦りと友情を感じました。結論に至った彼は ある決断をするのですが・・・。最後は悲しい結末が待っていたのです。

『さよなら妖精』ほろ苦の青春小説

それぞれの想いに胸を打たれます。

マーヤは自分たちの世界を築こうとしていました。戦争で滅びゆくとしても。彼女の決意がみてとれて愛おしく思えました。

妖精のような彼女との出会いを通して成長していく主人公たち。楽しい思い出も多かったけれど、それにも増して心の底に溜まる苦いものもありました。

最後に手にする紫陽花のバレッタ。・・・悲しい結末を迎えました。ほろ苦の青春小説ですね。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA