ヒューマン・ラブストーリー

『王とサーカス』米澤 穂信【あらすじと感想】ジャーナリストの迷いと苦悩の果てに

ジャーナリストの迷いと苦悩の果てに・・・。

米澤穂信さん『王とサーカス』
つい先日『さよなら妖精』を読み終わって、その余韻に浸りながら『王とサーカス』を読みました。10年の時を経て、太刀洗 万智を主人公として展開する物語です。

『王とサーカス』あらすじ

万智がたどりついた真実とは―。

『王とサーカス』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
取材のため、ネパールに向かった太刀洗万智。その矢先、王宮で事件がおこる。彼女は取材を始めたが・・・。

『王とサーカス』感想

この物語は深いですね。一応、続編とはなっていますが一冊でストーリーは完結しています。でもやはり『さよなら妖精』を先に読むことで主人公をより理解できるような気がします。

異国の地ネパール

舞台はネパールの首都カトマンズ。

行ったことがありませんが、なんとなく素朴さを感じる地でした。前の『さよなら妖精』では、当時のユーゴスラビアの情勢を織り交ぜて描かれていました。今回も実際に起こった事件を背景に書かれています。ネパール王族殺害事件です。

【ネパール王族殺害事件】

2001年、ディペンドラ王太子が、父であるビレンドラ国王を始め多数の王族を殺害したとされる事件。意識不明のままディペンドラ王太子が国王に即位しましたが三日後に死亡し、ビレンドラの弟ギャネンドラが即位します。ギャネンドラのクーデター説なども囁かれていましたが、今もなお真相は闇の中。

実際の事件を背景にして描いているせいかリアル感があります。その土地で主人公の万智は自分が記者であること、何のために取材をして何のために伝えるのかを深く追求していきます。

知ることと、伝えることの意味

この物語は、ジャーナリストである彼女の仕事を通して「知ること」と「伝えること」をテーマにして描かれています。

日常に起こる様々な事件。ニュースや新聞などから知ることができます。そしてそれを伝えるのは万智のような多くの記者たちです。

ジャーナリストというのは大切な仕事を担っていますね。

多くの人々から話を聞き真実を伝える。それによって私たちは世界で起きているありとあらゆることを知ることが出来る。ちゃんと意味があって必要なことです。記者である彼女の心の迷いや一生懸命に取材をする姿をみていると、もっと深い意味があるように感じられました。

心の迷い

万智は事件について王宮の兵士に取材を申込むのですが・・・。ラジェスワル准尉は、彼女に鋭い問を投げかけます。

自分に降りかかることがない惨劇は、刺激的な娯楽じゃないかと。

ショックを受けました。当事者じゃないから色んなことを言える。けど、それで当事者が救われるわけではないんですよね。悲しい事件が起こったときに、第三者の人たちの間で話題が登ることが多々あります。そういうのを娯楽だと考えるラジェスワル准尉には、米澤さんの想いが反映されているような気がしました。

『王とサーカス』。タイトルにも米澤さんの考えがにじみ出ているとわかりました。知ることと伝えることの意味に真向から向き合った本です。

結末は苦く、鋭い推理

万智は苦悩の末に結論に達します。

自分がどういう世界で生きているのかを認識するということ。すなわち知ることです。

取材を重ねて真実を伝える。結論に至るまでの彼女の心は、葛藤や迷いが見て取れて苦しいながらも応援したくなるほど。読み応えたっぷりでした。

鋭い推理をくり広げ『さよなら妖精』よりも万智というキャラを深く理解できる。彼女が好きになりました。ただ結末に至るまではちょっぴり苦味があります。サガルとの最後のやり取りの場面です。この本のテーマを考える時、この苦味は必然なものだという気もします。

小さなひっかかり

あとがきで、この本を書くきっかけになったことが書かれていました。それが深い。

・・・知るという快楽。心にズキンとくる言葉です。1つのひっかかりから生まれたのがこのストーリーなんですね。とても深く堪能できた本でした。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA