ミステリー・サスペンス

『Aではない君と』薬丸岳【あらすじと感想】子供の罪と父の苦悩

もしも、自分の子どもが “少年A” になったら・・・?

薬丸岳さん『Aではない君と』感想です。自分の子供が “少年A” になった。とても重いテーマなのに読むのをやめられませんでした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
さすが薬丸さん。サクサク読めました。

少しだけネタバレあります。

『Aではない君と』あらすじ

自分の子供が “少年A” になった―

『Aではない君と』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
翼が逮捕された。吉永は息子の逮捕に衝撃を受ける。真相を探ろうとする父と、何も語ろうとしない息子。やがて吉永は、付添人制度というものがあると知り・・・。

『Aではない君と』感想

もし子供が殺人を犯してしまったら?

考えたくないことではあります。でも必ずしも自分の身に振りかからないとは言えない。そんな目を背けたいテーマに真正面から切り込んだ作品です。

真実の行方

息子が逮捕された

藤井優斗くんの遺体を遺棄した容疑で、青葉翼くんが逮捕されました。

翼の父・吉永は息子の逮捕に衝撃を受けます。翼くんは14歳。2000年に少年法が改正され、14歳以上は刑事罰の対象となっていますよね。

ひつじくん。
ひつじくん。
薬丸さんのデビュー作『天使のナイフ』でも少年事件を扱っていたね。

少年事件というのは加害者の名前も顔も公表されず慎重に捜査されます。それゆえに周りの人が真実を知りたいと思っても、なかなか情報を得ることが出来ません。たとえ親族でも。加害者の更生を元にしたものであるためです。

『Aではない君と』では 真実を知りたくても知ることが叶わない加害者の父親が描かれていました。その憔悴ぶりに胸を痛めずにはいられません。週刊誌や記者からの情報でやっと知ることができる事実。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
なんだか切なくなってきます。

ここで描かれていることは決して人ごとではないかもしれない。先を読むのが怖いけど 気になって止まらないんです。

父の苦悩

主人公である加害者少年の父。彼の苦悩が描かれています。息子は犯行を認めてしまいました。

これから世間から背を向けられるだろう。そして今の職場にもいられなくなるかもしれない。・・・そうでしょうね。犯罪は周りも不幸にする。

自分のせいなのか。翼が人を殺してしまったのは父親である自分の責任なのか。

悩む父親の心情が痛々しい。私が犯罪について考える時、決して親には迷惑をかけたくないという結論に至ります。もちろん兄弟にも。

付添人制度

少年法には「付添人制度」というのがあります。

第十条
  1. 家庭裁判所の許可を受けて、付添人を選任することができる。
  2. 保護者は、家庭裁判所の許可を受けて、付添人となることができる。

親が付添人として審判を見守ることができるというものです。

吉永が付添人となり、何も話そうとしない息子の動機などを探っていきます。

  • 子供がどうしてそんなことをしたのか。
  • 真実を話してくれないのは何故なのか。
ひつじくん。
ひつじくん。
父親のもどかしい思いが伝わってきたよ。

尊い命

本当に重いテーマですね。こんなことになってしまって改めて向き合う父と子。

犯罪は周りの人の心も殺してしまいます。被害者は、もう喜びや悲しみすらも感じることはできない。親は その子の成長を見ることも抱きしめることもできない・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
命は尊いものだという想いが伝わってくる物語でした。
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

POSTED COMMENT

  1. woodship より:

    こんにちわ

    とても重いテーマですが、
    自分がその立場に立たされたら・・・

    その立場になって、急に状況を変えることはできないでしょうから
    まずは普段からのコミュニケーションを大切にするという
    基本的なことを疎かにしないことが重要なのかもしれませんね。

  2. ひだまりさん。 より:

    こんにちわ。
    ありがとうございます♪

    自分がその立場になったら・・・と思うと、目の前が真っ暗になります。
    やはり普段からの行いが大切なのでしょうね。
    子供との接し方などで、犯罪防止にもつながるんだと思います。
    コミュニケーションは大事、ですね(*^_^*)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA