経済・警察小説

『犬の掟』佐々木讓【あらすじと感想】撃つか、撃たれるか

撃つか、撃たれるか―。

佐々木讓さん『犬の掟』
今回もドキドキが止まりません。佐々木讓さんの警察小説、久しぶりに読みました。

『犬の掟』あらすじ

ドキドキの警察小説

『犬の掟』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
東京で発見された射殺体。波多野涼と先輩刑事の門司孝夫は事件を追うが、意外な可能性が浮かび上がり・・・。

『犬の掟』感想

やはり好きです。
警官として、人として、同僚としてどうあるべきか。言葉で言い表せない様々な感情と葛藤がありました。

浮かび上がる不審死

始まりは東京湾岸で起こった事件でした。

捜査員は、薮田という男をリーダーとした半グレ・グループに目星をつけます。捜査に当たっていた蒲田署の波多野涼と、先輩の門司孝夫の2人の刑事。彼らは過去に一度組んだことがありました。

一緒に組む相棒というのはとても重要な存在ですね。2人の息が合わないと捜査にも影響が出てきそう。

本書では、もう一組の相棒が出てきます。
捜査一課の松本章吾と、先輩の綿引壮一 刑事です。松本は波多野の同期でした。松本と綿引ペアは、伏島管理官より内密に特命を受けるのです。過去の事件との関連を調べるというもの。それにより浮かびあがる不審死。

犯人は自分たちの同僚かもしれない・・・。

しかも過去の事件も。そんな可能性まで出てきちゃいました。これは複雑な事件になりそうです。なんとなく嫌な予感がします。ちなみに私が好きな理想のペアは『相棒』のドラマ。杉下さんと亀山さんのペアが理想です (*^_^*)

交錯する二組の捜査

『犬の掟』は、波多野&門司ペアと松本&綿引ペアが交互に描かれています。

緊迫の40時間

それぞれの捜査が同時に進行してゆく。ドキドキしながら読みました。どちらのペアもそれぞれ好感が持てました。でも悪い予感は的中するものです。最後の方に行くにつれて、違って欲しいと願う気持ちになりました。

迷わず撃て

刑事という特殊な職業は、いつでも危険と隣り合わせです。

もし自分が拳銃を向けられることがあったら?

この本の登場人物のように・・・、あるいは前に読んだ道警シリーズ『笑う警官』の津久井刑事や佐伯刑事のように。精神が崩壊してしまうかもしれません。帯に書かれていた、迷わず撃てという言葉。読み終わった今ズシリときます。撃つか、撃たれるか。私も一緒に揺れ動きました。

刑事としては撃つべきなのでしょう。でも・・・・・。

『犬の掟』悲しい結末

結末はとても悲しいものでした。犯人には同情できないけど。犯人に拳銃を向けた2人+1人の刑事がいました。彼らの気持ちを想うと切ない。

拳銃を扱うということ。改めてその使命と意味を突きつけられた作品でした。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA