経済・警察小説

『憂いなき街』佐々木譲【あらすじと感想】道警シリーズ 津久井卓の葛藤と決断

機動捜査隊・津久井卓が下した決断とは

佐々木譲さん『憂いなき街』感想です。北海道警察シリーズ。このシリーズ、どれも面白く欠かさず読んでいます。本作は「笑う警官」「警察庁から来た男」「警官の紋章」「巡査の休日」「密売人」「人質」に続く7作目です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
面白かったです。

『憂いなき街』あらすじ

北海道警察シリーズ7

『憂いなき街』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
札幌で宝石商の強盗事件が発生した。機動捜査隊・津久井卓は事件を追っていた。そんな矢先に馴染みのバー 「ブラックバード」でピアニストの安西奈津美と出会う。

『憂いなき街』感想

『憂いなき街』は 津久井さんの警官としての自分と 一人の男としての自分の葛藤を描いたお話です。

津久井さんの奈津美に対する気持ちや優しさが表れていました。その反面、警官としての立場があり切なくなったりもしました。奈津美を信じながらも疑惑も消すことができず・・・。警察官だからこその葛藤。佐伯さんに助けを求め事件解決となります。

他に主な登場人物は2人。

佐伯宏一の相棒の新宮昌樹と、生活安全課の小島百合です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
佐伯さんが好きなのですが、今回はあまり登場しなかったのが残念でした。

佐伯さんと小島百合の仲が進展して良かったです。

道警シリーズでは1作目の 「笑う警官」 が1番好きです。ドラマや映画にもなっていますね。でもドラマはキャストの設定が悪いのか原作とは別物になっている感じがしました。あまりオススメはしません。登場人物の魅力が台無しになっていて残念でした。映画は見てませんが・・・。

原作はどれも読みやすくオススメです。私は札幌っ子なので、道警を舞台にしているこの作品は少し馴染みがあって面白いです。ススキノや狸小路などの地名が出てくるので愛着が湧くんですよね。次回作が楽しみです。

こちらもオススメ

『真夏の雷管』佐々木譲【あらすじと感想】道警シリーズ8 真夏の爆破計画道警シリーズ第8弾佐々木譲さん『真夏の雷管』道警・大通警察署楽しみにしていました、佐々木譲さんの道警シリーズ。『笑う警官』『警視庁から来...
裁判
『沈黙法廷』佐々木譲【あらすじと感想】彼女は淑女か悪女か―。真実と裁判の結末は・・・彼女は白か黒か―。佐々木譲さん『沈黙法廷』佐々木譲さんの長編、法廷小説です。WOWOWにてドラマ化されました。主演は永作博美さん。これま...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA