ほっこり

『パンプルムース!』江國香織&いわさきちひろ【感想】癒しの詩画集

この記事に書かれていること
  • 江國香織&いわさきちひろ『パンプルムース!』紹介と感想
  • 澄んだ言葉と柔らかな絵
  • 「こんぺいとうのみそはうすである」
  • 「パンプルムース!」
  • 「おともだち」

パンプルムースとは、グレープフルーツのこと。

江國香織さん&いわさきちひろさん『パンプルムース!』感想です。江國香織さん&いわさきちひろさんの詩画集。江國さんの言葉が優しく、ちひろさんの絵が可愛い。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ほっこりとする本でした。

『パンプルムース!』本の紹介

江國香織&いわさきちひろ、詩画集

本の評価

おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

江國香織さんといわさきちひろさんがコラボした、心温まる詩画集。

『パンプルムース!』感想

江國さんはこのタイトルの理由を「あかるくて、くっきりしたタイトルで、へんに意味を持ってしまわないものがいい」という気持ちからつけたそうです。

読み手に自由に解釈をしてほしいという気持ちが伝わってきますね。

澄んだ言葉と柔らかな絵

江國さんの澄んだ言葉と、ちひろさんの優しく柔らかな絵。すきなもの、きらいなもの。こども目線で描かれている言葉に すうっと吸い込まれます。

白い紙に ひらがなで書かれていて、ちひろさんの絵がマッチしていました。

「こんぺいとうのみそはうすである」

「こんぺいとうのみそはうすである」

子供の時によく口にした金平糖。シャリシャリして、うす甘い。食べるよりも可愛い小さな金平糖を見ている方が幸せでした。小さな頃の記憶が蘇ります。

「パンプルムース!」甘酸っぱいグレープフルーツ

フランス語では グレープフルーツのことをパンプルムースというそうです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
パンプルムースって可愛い言葉ですね。

私も昨日までは知らなかったけど、今日の私は知ってしまいました。

グレープフルーツ、最近たべてないな。実家を出ると なかなか自分では買わなくて。この詩を読んでいると ふいに食べたくなりました。

余談。

フランス語って発音がキレイですよね。他のフルーツなども調べてみました。

  • 苺 → フレーズ
  • 木苺 → フランボワーズ
  • 青りんご → ポームベール
  • レモン → シトロン
  • 洋梨 → ポワール
  • ライム → シトロンベール
  • 栗 → マロン

なんだか可愛いです。

「おともだち」しわしわの手

「おともだち」

素敵です。長年連れ添った夫婦?それとも幼馴染みかな。この詩の「しわしわのてをつないで」の部分が好きです。

おばあちゃんとおじいちゃんが手を繋いで歩いているのを時々見かけることがあります。それだけで ほっこりした気分になる。

ひつじくん。
ひつじくん。
シワってなければいいものだけど、人が生きてきた証みたいなものだよね。

子供の時を思い出す

この本を読んでいると心が落ち着きます。自分の子供の時を思い出すからかな。

29編からなる詩は、好きなものだけでなく嫌いなものも正直に言葉にされています。それが妙に心地よくて。

もともと ちひろさんの絵が好きだったので、いっぺんに気に入ってしまいました。素敵な詩画集です。

こちらもオススメ

『なかなか暮れない夏の夕暮れ』江國香織【あらすじと感想】ページをめくる官能と幸せなひととき江國香織さん『なかなか暮れない夏の夕暮れ』あらすじと感想です。この小説は3つの世界観が楽しめました。妻がいながらゾーヤにひかれてしまうラース。ミステリーでも男女の「愛」を描いているところが江國さんっぽいなと思いました。...
『デューク』江國香織【小説のあらすじ&感想・考察】犬が伝えたかったこと。「つめたいよるに」より江國香織さんの小説『デューク』あらすじと感想です。ネタバレあります。犬(デューク)が伝えたかったことと、少年との共通点についても書いています。ペットロスに陥った女性が体験する不思議なお話でした。...
『きらきらひかる』江國香織【あらすじと感想】銀のライオンと純度100%の愛江國香織さんの小説『きらきらひかる』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。危うい結婚生活と純粋な愛、銀のライオンについても書いています。...

もっと見てみる

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA