ミステリー・サスペンス

『ナオミとカナコ』奥田英朗【あらすじと感想】私も共犯者!?意外な結末とは・・・

私も共犯者!?意外な結末とは・・・

奥田英朗さん『ナオミとカナコ』
ドラマ化を目前にして読もうと思った本です。やはり面白いです。広末涼子さんと内田有紀さんのW主演で注目を集めていますね。ほかにも豪華キャストだとか。

グイグイ物語に引きこまれました。

少しだけネタバレあります。

『ナオミとカナコ』あらすじ

最後までドキドキが止まらない!

『ナオミとカナコ』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
直美と親友の加奈子。彼女たちの殺人計画は成功するのか―。

『ナオミとカナコ』感想

親友の夫のDVにより2人は殺人計画をねり、実行してしまいます。たえ難い日常生活の中でおこる前代未聞の殺人劇。面白く読み応えがありました。

本書は2章に分かれており、それぞれが主人公でした。

  • 「ナオミの章」・・・・・葵百貨店 外商部で働く直美 (広末涼子さん)。親友の加奈子 (内田有紀さん)と殺人計画を立て、実行するところまでが書かれています。
  • 「カナコの章」・・・・・計画を実行後の加奈子の生活や、完璧に思えたものが破綻していく様子が書かれています。

どちらもスリリングな展開でテンポよく進んでいきます。最後までドキドキがとまりませんでした。

親友の絆

一番強く感じたのは親友の絆でした。

たぶんここまで強い絆がなかったら、この計画は成り立たなかったのではないかしら。でも逆にこんなに友達を大切に思う気持ちは凄いと思います。友達を救うために殺人まで犯してしまう。傍から見たら狂っていることだけど、そこに感情移入してしまうんですよね。2人のお互いを思いやる気持ちにグッときます。

彼女たちは大学時代からの友人。性格は正反対でした。

自分にないものを補える友達ってよいですね。かえって正反対のほうが気があったりするものなのかもしれません。

ナオミは葵百貨店の外商部に勤めていて忙しい毎日を送っていました。私も百貨店で働いているので少し親近感を持ちます。外商は大変ですね。(その中で登場する李朱美という女性とのやり取りが面白く、徐々に変わっていく彼女が印象的でした)

カナコは銀行員の夫、服部達郎からDVを受けていました。最低な男ですね。直美は親友を不憫に思い、ちょくちょく家へと出向きます。

責任感が強い彼女。次第に達郎がいなくなってしまえばいいと考えるようになります。

勢いで言った言葉がすべての始まりでした。そこから間違った方向へと向かいます。

DV夫 排除計画

・・・・・とは言っても、実行するのはごく普通の女性たちです。

一線を超えることに対する抵抗感。あたり前ですよね。でもそれで余計にリアル感が増します。2人は完全犯罪を目指して計画を練る。

この計画には無くてはならない人物・林竜輝。彼がどんな役割を担うのかは書かないでおきます。あまりにも導かれるように進んでいく完璧なプランにヒヤリとします。

思いつきで始めたことだけど、だんだん加速していき間違った方向へと誘う。本当に実行してしまうの?とハラハラしますが、計画は実行に移されるのです。

崩れ始める思惑と綻び

完全犯罪なんて、そうそう出来るものじゃありません。少しずつ意外なところから破綻し始めます。後半では、破綻しはじめた時の二人の心境が苦しいくらいに描かれています。焦りと怯え。でも少しも後悔してないところが印象的でした。

主人公を応援したくなってしまうんですよね。

犯罪を犯すことは間違っているという認識を持ちながらも、熱い気持ちになるんです。計画を立てるところから、たぶん私も共犯者だったのかもしれません。特に最後の方はどうか捕まらないで!!と思う自分がいました。

まさに「やがて読者も二人の共犯者になる」です。なんか不思議な気分です。それも奥田さんの手腕によるものでしょうね。

『ナオミとカナコ』衝撃の結末

結末は、読者によって解釈が分かれるそう。意外なラストに唖然となってしまう人もいれば、逆に納得する人もいるかもしれません。

私は後者です。これしかないような気がします。絶対に最後はこうなるんだろうな・・・・・と思いながら読んでいましたが、いい方向に裏切られました。清々しささえも感じてしまいます。

2人には幸せになってほしい。ドラマも同じになるのかは分かりませんが、想像の膨らむラストでした。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA