経済・警察小説

『メガバンク絶滅戦争』波多野聖【あらすじと感想】メガバンク最終決戦の結末

日本国債が暴落!?

波多野 聖さん『メガバンク絶滅戦争』
もし、日本国債が暴落してしまったら!?・・・この本はそんな想定で書かれたお話です。

『メガバンク絶滅戦争』あらすじ&登場人物

もし、日本国債が暴落してしまったら!?

『メガバンク絶滅戦争』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
もしも日本国債が暴落してしまったら? 銀行VS外資ファンド。生き残りをかけた闘いが幕を開ける!

【主な登場人物】
〈TEFG行員〉
・頭取・・・西郷洋輔
・副頭取・・・有村次郎
・専務・・・桂光義 (相場師)
・常務・・・山下一弥、下山弥一 (関西お笑いコンビ)
・本店総務部長・・・二瓶正平 (あだ名ヘイジ)
〈銀座のクラブ〉
・湯川珠季 (銀座ナンバー1)
VS
〈金融庁〉
・長官・・・五条健司
〈アジア最大のヘッジ・ファンド〉
・エドウィン・タン(塚本卓也)
〈オメガ・ファンド〉
・ヘレン・シュナイダー
・佐川瑤子

『メガバンク絶滅戦争』感想

1990年以降。バブル崩壊などにより、絶対潰れないと思われていた銀行も破綻してしまう時代になりました。そんな中で銀行同士が合併をくり返しメガバンクが誕生します。

現在、日本の三代メガバンクといえば・・・

三菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友フィナンシャル・グループ、みずほフィナンシャル・グループです。

この小説では、架空の東西帝都EFG銀行 (TEFG)が舞台になっています。

合併による合併をくり返し誕生したTEFG。この小説を読むと、合併をせざるを得なかった銀行マンの悔しさや、銀行内部の軋轢などが浮かび上がってきます。

外部にいただけでは分からない人間ドラマや、様々な思惑が描かれていましたまさに絶滅をかけた戦いです。

内部分裂と頭取の思惑

4つの銀行が合併を繰り返し誕生したTEFGというメガバンク。その内部で力を持っていたのが、(元)帝都銀行の社員たちでした。

名前は違えど中身は帝都。・・・そんな感じの銀行ですね。

他行出身の社員たちの肩身が狭いこと・・・。ヒエラルキーを感じます。合併とひとことで言っても別々の会社が一つになるわけですからこういう問題も実際にはあるのかもしれませんね。

そんな内部軋轢がある会社の中で、帝都グループである頭取の西郷洋輔には、ある思惑がありました。それは・・・、東西帝都EFG銀行 (TEFG)という名前を帝都銀行に戻すこと。

名実ともに帝都にする野望があったのです。そのためにバカなトップたちは、金融庁と財務省の条件を飲んでしまいます。

超長期国債 (四十年債) の五兆円購入です。
超長期国債とは・・・国が発行する債券で、その期限が10年を超えるもの。

・・・その後、日本国債が暴落してしまうのです。

破綻をかけた戦い

名前というかブランドネームにこだわるのは、日本人特有なんでしょうか・・・。

異常なまでの執着心。それって、そんなに大事なこと?と思ってしまいます。そのために破綻に追い込まれることになります。

異を唱える、専務であり相場師でもある桂光義がカッコ良い。私が一番好きなキャラです。

桂と総務部長の二瓶正平 (ヘイジ) がコンビとなって戦います。

このヘイジというキャラも温かみがあって好感を持てました。機転がきく男です。
破綻寸前の銀行。次々と乗っ取ろうとする輩が現れます。アジアのヘッジ・ファンドや、オメガ・ファンドなど・・・。それをどう乗りこえていくのか。その過程がドキドキで面白かったです。

相場師の熱い思い

桂さんを通して、取り引きにおける熱い思いが描かれていました。

桂さんカッコイイ。

作者である波多野さんは、ファンド・マネージャーの経験をお持ちのようです。だからこんなに詳しく書かれているんですね。

株取引の現場のシーンは、私も一緒に取り引きをしているかのような臨場感が味わえました。・・・株や投資に疎い私は全てを理解出来たわけではなかったのですが。この本、そういう事に詳しい人の方がより楽しめそうです。

全ては仕組まれていた!?

全てはある人物によって巧妙に仕組まれていました。

陰の策士である魔術師。
過去の事件と結びつき、明らかになります。TEFGも二の舞になってしまうのでしょうか!?

『メガバンク絶滅戦争』最終決戦の結末

「オメガ・ファンド」 VS 「TEFG」

最終決戦は、TEFG株をめぐって争います。大株主の争奪戦です。そしてここでキーマンとなるのが、ある人物。以外な人物による以外な展開になりました。

『メガバンク 絶滅戦争』は、会社をかけた戦いの中で繰り広げられる人間ドラマを描いた作品です。そこには株取引の熱い思いがあり、銀行内部の軋轢があり、果ては色恋沙汰までもあります。

様々な人間の感情が渦巻いていて一冊でボリューム感を感じさせてくれました。銀行の内部をチラっと覗けた気がして面白かったです。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA