切ない

『みどりのスキップ』安房直子【あらすじと感想】みみずくの一途な恋

とうとう、緑のスキップが、やってきた

安房 直子さん『みどりのスキップ』。
久しぶりに安房さんの本を読みました。昔から好きな物語です。『だれにも見えないベランダ』に収められている一話ですが、絵本にもなっているようですね。

『みどりのスキップ』あらすじ

みみずくの恋物語

『みどりのスキップ』
おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【あらすじ】
みみずくが出会った女の子。切ない恋の物語。

『みどりのスキップ』感想

このお話を読み終わったあとに感じるのは、切なさと淋しさ、そして儚さです。心が静まり、しばらくその余韻にひたっていました。ミミズクの恋のお話です。

花かげちゃん

みみずくは恋をします。

季節は春。きれいな桜の咲く時期です。女の子は、花かげちゃんといいました。桜の花の影の、花かげちゃんです。花が散ってしまうと、花かげちゃんは消えてしまいます。その日からミミズクは桜の番をするのです。健気で胸がキュンとしてしまいました。微笑ましいです。

儚いひととき

桜の時期は短いものです。やがて山から緑のスキップがやってきます。

トット トット トット トット足音を響かせて・・・。

「緑のスキップ」 って、なんだか名前が可愛いなと思いました。春から夏へ。季節は慌ただしくやってきます。

桜が散ってしまうのは残念ですが、私はそのあとの新緑の季節も好きです。

でもこのお話では、花かげちゃんが消えてしまうので少し しんみりします。大泣きしたいくらいの悲しさではなくて静かに悲しい。シンとした、もの悲しさを感じます。・・・綺麗なものって儚いんですよね。

また来年

最後はミミズクの苦労も報われず桜は散ってしまいます。仕方がないことだけど、ちょっぴりみみずくが可哀そう。このお話の最後の部分がとても印象強く残っています。

疲れ果てて眠ってしまった主人公。目を覚ました時、桜の花はありませんでした。あったのは眩しいほどの青葉です。青葉からは、これから始まる輝かしい未来を連想します。花かげちゃんはいないけれど・・・。

未来がすぐそこにあるのに、心をどこかに置き忘れてきたような寂しさが心に染みる。

いずれ季節はまためぐってくるものです。これでお別れじゃないよと、みみずくに言ってあげたい。また来年。桜の季節になると思い出す物語です。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA