絵本・児童文学

絵本『おおきな おおきな にんじん』刀根里衣 / 夢の世界へ

この記事に書かれていること
  • 刀根里衣さん『おおきな おおきな にんじん』絵本のあらすじと感想
  • 広がる夢の世界
  • 幸せなキモチ

ほっこり心が温まる絵本。

刀根里衣さん『おおきな おおきな にんじん』絵本の感想です。紹介するのは 夢いっぱいの絵本です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ウサギさんが可愛い。

『おおきな おおきな にんじん』あらすじ

夢が広がる絵本。

あらすじ

ある時、巨大なにんじんを見つけたうさぎの兄弟。みんなが幸せになる使い道を考えるのですが・・・。

『おおきな おおきな にんじん』感想

利根さんのイラストが好きです。ふわふわでほっこりと癒される。夢が広がりました。

広がる夢の世界

『おおきな おおきな にんじん』は 夢がいっぱい広がる絵本でした。

ウサギの兄弟が大きなニンジンを見つけて、その使い道を考えるお話です。どんな使い道があると思いますか?

私が真っ先に考えたのは、どう食べるかです。サラダにするか、カレーにするか。ウサギさんたちも もちろんそうだろうなと思っていたら全然違いました(笑)

人参がヨットになったり、飛行船になったり、お花畑になったり・・・。突飛なものだけど、たくさんの「夢」があります。思わず私もにっこり。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
こんな絵本を描ける刀根さんは素敵ですね。

可愛いいイラストにほっこりしました。想像が広がる絵本です。

幸せなキモチ

この絵本を読んでいると幸せな気分になれます。

使い道を考えるのも楽しいし、刀根さんのイラストも素敵です。でもそれだけではないんですよね。うさぎのある思いがあるからこそ、楽しい気持ちになるんです。それは・・・、

みんなの幸せを願っていること。

にんじんの使い道を考えるうさぎには共通の思いがありました。

いちばん みんなが にっこりする つかいみち

自分だけじゃなく、みんながです。そこに他者を思いやり みんなで楽しもうという気持ちが伺えます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
読んでいる私まで幸せな気分になる。素敵な絵本ですね。

ほっこりしたい時にオススメ!

1番好きなイラストは最後のページ。

オレンジ色ベースの可愛らしい絵。うさぎさんもみんな幸せそうです。たくさん考えて、ようやくたどり着いた使い道。それは微笑ましいものでした。やっぱり (笑)、最後はこうなったか。

・・・結局どうしたのか? ぜひ絵本を読んで確かめてみて下さいね。きっとほっこりするはず。

『ぼくのともだち』とね さとえ【絵本のあらすじと感想】離れていても一緒だよ刀根里衣さんの絵本『ぼくのともだち』あらすじと感想です。憧れのリンゴのおうち、大切なお友達、絵本の魅力、相手の幸せ、うさぎとたまごの絆について書いています。...
『ぴっぽのたび』(絵本) 刀根里衣【あらすじと感想】かけがえのない友情刀根里衣さんの絵本『ぴっぽのたび』あらすじと感想です。ひとりぼっちのぴっぽひつじの出会い、季節の旅、大切なともだち、夢を見ることについて書いています。...
『モカと幸せのコーヒー』刀根里衣/心が疲れたときに・・・癒しの絵本刀根里衣さんの絵本『モカと幸せのコーヒー』あらすじと感想です。楽しいコーヒータイム、疲れた青年の心、泣けるくらい嬉しいことば、モカの正体について書いています。...

もっと見てみる