スキマ時間に・・・

『ある古本屋の妻の話』井上荒野 / 「100万分の1回のねこ」 そばに いて ・・・

佐野洋子さん「100万回生きたねこ」に捧げるトリビュート作品集、4回目のレビューは井上荒野さんの短編です。初めて読む作家さんでした。

少しだけネタバレあります。

『ある古本屋の妻の話』あらすじ

優しさと愛を感じる1話

『ある古本屋の妻の話』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
夫は古本屋だ。買い取ったダンボールの奥に入っていた一通の手紙。それは遺書だった―。冷めきった夫婦間に嫌気をさしていた古本屋の妻は、ある賭けに出るのだが・・・。

『ある古本屋の妻の話』感想

「あっ、優しいな・・・。」と感じました。他の作品を読んでいないので、今回の話に限って言うと井上さんの物語は優しさと愛が詰まっています。

実は物語を読む前からこの作家さんが好きになってしまったんです。どうしてかと言うと、冒頭に書いている「100万回生きたねこ」に寄せる思いを読んだからです。

もし生まれ変わるとしたら・・・

冒頭には、それぞれの作家さんが「100万回生きたねこ」に寄せる思いが書いてあります。井上さんのがまたイイんですよね。もし生まれ変わるとしたら、白ネコよりも100万回生きたネコ (トラ猫) になりたいと願う井上さん。そこにはある想いがありました。

そばに いても いいかい―。

この言葉に温かさを感じます。相手を愛している気持ちと、だからそばにいたいという思い。ストレートな言葉にキュンとしてしまいました。素敵ですよね。

そんな井上さんが描いた『ある古本屋の妻の話』。冷めきった夫との生活に嫌気がさしている妻のお話です。

冷えきった夫婦

長年連れ添うと夫はそっけなくなり、妻は不満が溜まっていく。

私は、やはり妻の立場になって読んでいました。会話という会話などなくいつもムッツリ顔の夫。「こんなのイヤだな・・・」などと呟きながら。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
気持ちが掻き乱されるのがいや・・・かぁ。もう、そういう時期は過ぎさってしまった後なんでしょうね。

私は最近は、読んだことない本ばかり読んでいます。でも前は再読をよくしていました。気持ちが掻き乱されるのがいや・・・ってことはないのですが、前に読んだことのある本って安心感があるんですよね。

一通の遺書

買い取ったダンボールから出てきた一通の遺書

妻は宛名の人に届けに行くのですが、受け取ってもらえませんでした。そして思いついた、ある賭け。彼女は夫との関係を終わらせるか続けるのか、賭けにでます。

ところで、この物語にもやはり猫が登場します。

カオルちゃんにそっくりなトラ猫。妻はそのネコにエサをやり、癒しを求めていました。でもある時からパッタリ来なくなってしまいます。

妻の賭け

このお話の最大の山場は彼女の賭けにあります。返された遺書を夫がどうするのか。

その結果がもしも「捨てちまえ」だったら、この家から出ていく。

でも違う答えだったら・・・?
賭けにでる時って、やはり良い答えを期待してしまいますよね。そうでないと、それはやらないんじゃないかな。やり直したいと思う気持ちがあるからこそ賭けにでたのでしょうね。女心は複雑。

夫が何と答えたのか、気になりますよね?・・・でもそれは書かないでおきます。

見えない言葉のやりとり

この短編を読み終わったあとに、また冒頭の「そばに いても いいかい」を読み返すと、このお話の夫と妻の気持ちが重なるように感じられます。妻の賭けの夫の答え。それはたったひとことの言葉なんです。でもなんとなく、

夫「そばに いて ほしい」妻「そばに いて あげる」

書かれていないけど、そんな見えない言葉がかわされているかのような気分になりました。深読みしすぎ? お互いの優しさが感じられて私の心も温まりました。

こちらも一緒にどうぞ。
佐野洋子さんの絵本のレビューです。

『100万回生きたねこ』(絵本)佐野洋子【あらすじと感想】生きるのをやめた理由心温まる不思議な猫の物語佐野洋子さん『100万回生きたねこ』昔よんだことがあったのですが、また読みたくなって借りてきました。佐野洋子さん...

絵本『100万回生きたねこ』に捧げるトリビュート作品集。他のレビューはこちら。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA