スキマ時間に・・・

『おかあさんのところにやってきた猫』角田光代/100万分の1回のねこ

「100万分の1回のねこ」5話目のレビューは、角田光代さんの短編です。

この物語は「ねこ」目線で描かれていました。読んでいると、私もネコの「おちびちゃん」になったかのような気分になります。おちびちゃんから見た人間、家の中と外の世界、そして幸せ。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
さすがトリビュート作品集。今回も佐野洋子さんの絵本『100万回生きたねこ』を読み返したくなってしまいました。

少しだけネタバレあります。

『おかあさんのところにやってきた猫』あらすじ

お母さんの愛を感じる1話

『おかあさんのところにやってきた猫』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
お母さんのところにやってきた一匹の猫。家の中で幸せに過ごしていたが、あるとき、窓から外に出て初めて外の世界を知ってしまい・・・。

『おかあさんのところにやってきた猫』感想

とても温かい物語です。私がもし生まれ変わるとしたら、今度はどんな人生を歩みたいのか。ついつい想像してしまいました。

ふかふかのほわんほわん

好きだなと思った言葉

ふかふかのほわんほわん

読むだけでも幸せな気分になります。角田さんは柔らかく優しい言葉を奏でる作家さんだなと思いました。

この物語は、全体を通してお母さんの愛が描かれています。どんなことがあっても子供を見捨てない。母って、そんな感じですよね。

私は猫を飼ったことがないのですが、抱きしめると確かにぐるぐると喉を鳴らします。それって安心感や満足しているサインなんですよね。自分のことのように幸せを感じてしまう。角田さんの文章は安心感がありますね。

家出したおちびちゃん

外の世界を知らないネコは、窓の外にいつもいる1匹のトラ猫のことが気になります。そして、ついに未知の世界に足を踏み入れてしまうんです。

そこに広がっていたのは、知らない世界。

おちびちゃんの「初めて」が伝わってきます。初めての世界って怖いけど、ワクワクしたりする気持ち。私も一緒にワクワクしていました。猫は家出をしてしまいます。

まるごとの人生

主人公は猫だけど、読んでいると人の人生をまるごと経験したような気持ちになりました。

生まれて、ふかふかのお母さんに抱きしめられて、やがて社会に出ていきます。実家を出て、辛いことも苦しいこともたくさん経験して人生を終える。最後は歳を重ねた猫が、その人生を終えようとするところで終わります。主人公は飼い主の「おかあさん」のところに戻るんですよね。でも、おかあさんは・・・。

もし生まれ変わるとしたら?

結末はとても心が温かくなりました。ちょっと目が潤んでしまいます。もし生まれ変わるとしたら、次はどんな人生を歩みたいですか?・・・私は、また私で生まれ変わりたいな。

佐野さんの絵本のトラ猫は、愛する白ネコが死んでしまったときに、もう生まれ変わるのをやめてしまいました。

あのトラ猫は、もう充分に愛していた。生まれ変わらなくても良いくらいに。

佐野さんの絵本の主人公を思いかえしました。・・・ちょっと羨ましい。もう生まれ変わらなくてもいいと思えるくらい、私も何ものかを愛してみたいです。

こちらも一緒にどうぞ。
佐野洋子さんの絵本のレビューです。

『100万回生きたねこ』(絵本)佐野洋子【あらすじと感想】生きるのをやめた理由心温まる不思議な猫の物語佐野洋子さん『100万回生きたねこ』昔よんだことがあったのですが、また読みたくなって借りてきました。佐野洋子さん...

絵本『100万回生きたねこ』に捧げるトリビュート作品集。他のレビューはこちら。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA