ほっこり

『みち』阿部海太/幻想的な世界の旅路/想像で読む絵本

「みち」は続く、どこまでも。

阿部海太さん『みち』
素敵な絵本に出会いました。ひとめぼれをしてしまい購入した本です。私が絵本を買うのは珍しい。いつも借りるんですが、今日 紹介する一冊は何回もくり返し眺めたくなるような絵本でした。

『みち』あらすじ

ともに歩んでいくあなたと。

『みち』
おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【あらすじ】
書かれているのは「あるく」と「はしる」の2語。そして幻想的な絵が織りなす物語。ともに歩んでいく誰かと読みたくなる絵本。

『みち』感想

どこまでも果てしなく続く「みち」を行く2人。人生を歩んでいく私たちを示しているかのようです。

時には、ゆっくりと。時には、かけあしで。

人生に疲れて立ち止まることもあるかもしれません。そんなとき、どこまでも続く「みち」と歩く男の子と女の子を見ていると、前に進むしかないんだなと思わせてくれます。

阿部海太さんが描いた世界をながめていると不思議と心が安らぐ。その世界に魅せられファンになってしまいました。

暗闇の中の光

幻想的な世界

まず目を引いたのは、絵の具で描かれた幻想的な世界です。まるで絵の具のチューブをグニュっと押し付けたかのような力強さを感じます。それでいて繊細。ザツな感じは全くしません。とても綺麗で目が離せなくなってしまいました。・・・私のブログだとちょっと写真が粗いのでこの絵の良さが半減していますが、実物はかなり凄いです。

幾重にも色が重ねられていて浮き出て見える。今にもお魚さんが飛び出してきそう。

ほとんどの絵に暗闇の中の光を感じます。暗闇の中に描かれた輝くものが好きです。だからなおさら惹かれるのかもしれません。

男の子と女の子が一緒に道を歩いていく。この絵を見てどんなことを想像されるでしょうか?・・・1枚だけだと難しいかもしれませんね。でもこの絵本を最後まで見ていくと、心が静まり前向きな気持ちになれるんです。

広がる想像の世界

実はこの絵本には文章がないんです。・・・正確に言うと、たった2つの言葉しか書かれていません。ないからこそ想像が広がります。

言葉は2つ

「あるく」と「はしる」です。

どのページにも登場するのは男の子と女の子。そして、たった1本の道。ただひたすら歩いたり走ったりして旅路を行く2人が描かれています。

この幻想的な世界観が好きです。ずーっと浸っていたい。

ストーリーに大きな展開はありませんが、つまらなくはないんですよね。むしろなんか気になるんです。そして安らぐ。なんでだろう?周りの風景がとても美しいからかな。それとどこまでも続く1本の「みち」は、人が歩む人生のように思えるからかもしれません。

どこまでも続く「みち」

時には険しい道だったり、緩やかな道だったり。人生、山あり谷あり・・・という言葉があるように、生きていると楽しいことも辛いこともあります。

イヤになっても前に進むしかないんですよね。この2人を見ているとそんな気持ちになるんです。そしてこの絵に添えられている言葉も「とまる」とかじゃなくて「あるく」と「はしる」。立ち止まったりする時もあるけれど、やっぱり最後には前に進むしかないと励まされているような気持ちになりました。

それにしても阿部さんが描く絵は美しいです。

私も周りの人も、私のブログを読んでくれている人も、みんなここで描かれているような旅路を歩んでいるのかもしれませんね。ため息がでるくらい美しい旅路。

文章がなくとも・・・

この本に文章はいりません。確かにそう思います。心が共鳴する絵本とでも言いましょうか。文章などなくても心に深く響く。そして「あるく」と「はしる」の限定されたことばが、より絵に深みを与えています。・・・映像にしたら綺麗だろうな。

登場人物が2人なのも良いのでしょうね。男の子と女の子です。果てしない「みち」でも、2人だったらなんとかなる。

前に進むのを躊躇ったとき、この本を読むと道しるべになるかもしれません。ぜひ本屋さんで見つけたら手に取って見てください。阿部海太さん『みち』。時間を忘れて、阿部さんの世界に浸ってしまうこと間違いなしです。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA