ミステリー・サスペンス

『悪意』東野圭吾【あらすじと感想】隠された真実と動機

隠された真実とは―。

東野圭吾さん『悪意』感想です。楽しいお話ではないのですが好きな1冊です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
加賀恭一郎シリーズ。

『悪意』あらすじ

加賀恭一郎シリーズ。

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
人気作家・日高邦彦が殺された。刑事・加賀恭一郎は見事な推理で犯人に目星をつけるが・・・。

『悪意』感想

犯人が割と早めに判明してしまうので、初めて読んだ時は、えっ、もう逮捕? という感じでした。

でもその後の展開がすごいんです!!期待を裏切らず最後まで楽しめました。

フー&ホワイダニット

『悪意』は、フー&ホワイダニットに重点をおいた小説になっています。

フー&ホワイダニットとは 誰が、何故?という意味です。

check!

『悪意』は 野々口修の手記と加賀恭一郎の主観が交互に描かれていて、犯人の動機を解明していくお話。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
展開が面白くドキドキなんですよね。

読み始めたら止まらない!

刑事・加賀恭一郎、登場!!

密かにファンな私です。加賀さんのシリーズでは 一番印象に残っている作品がこの『悪意』。加賀さんの教師時代のエピソードも書かれていて嬉しくなりました。

最後に本当の動機が解明されるのですが ヒヤリとしました。初めて読んだ時は 全く思いも寄らないものでびっくりした記憶があります。

恐るべき計画的な犯行。まさに悪意に満ちています。明るいお話ではないですが読む価値はある本です。

東野さんはすごい!と前々から解ってはいましたが改めてそう思いました。

こちらもオススメ

最高に面白い 東野圭吾 おすすめ小説
読むならコレ!【東野圭吾おすすめ小説】ミステリーからラブストーリーまで読むならコレ、最高に面白い!東野圭吾おすすめ小説を厳選して紹介します。東野圭吾さんの小説の魅力も書いています。...
『祈りの幕が下りる時』東野圭吾【原作小説 あらすじと感想】加賀恭一郎シリーズ東野圭吾さんの原作小説『祈りの幕が下りる時』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。加賀刑事の過去、関連する2つの事件、偶然と必然、テーマ・親子の絆について書いています。...
『沈黙のパレード』東野圭吾【あらすじと感想】ガリレオシリーズ9の魅力東野圭吾さん『沈黙のパレード』のあらすじと感想です。少しだけネタバレあります。ガリレオシリーズの魅力も書いています。どんでん返しあり、清々しい結末でした。...
ジェンダーを描いた『片想い』東野圭吾【あらすじと感想】悲しき結末とメビウスの帯東野圭吾さんの小説『片想い』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。ジェンダー、美月の告白と苦しみ、メビウスの帯、『片想い』に込められた意味について書いています。...

もっと見てみる

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA