ミステリー・サスペンス

『悪意』あらすじ・ネタバレ感想文|加賀恭一郎シリーズ、隠された真実とは?|東野圭吾

隠された真実とは―。

東野圭吾さん『悪意』感想です。加賀恭一郎シリーズ。楽しいお話ではないけど好きな1冊です。

『悪意』は、フー&ホワイダニットに重点を置いたミステリー小説。

東野さんの描き方がまた逸品なんですよね。犯人がわかっても、その後の展開がすごくて目が離せませんでした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
面白かったよ。

『悪意』あらすじ

加賀恭一郎シリーズ

あらすじ

作家・日高邦彦の家は高級住宅地にある。もうすぐバンクーバーに行く彼は家の借り手を探していたが、ところかまわず糞をする隣の猫を殺してしまう…。翻弄され尽くす快感と、くらくらするような結末へ誘う上質のミステリー。

『悪意』ネタバレ感想文|加賀恭一郎シリーズ

『悪意』は加賀恭一郎シリーズです。

加賀さんのシリーズでは、一番印象に残っている作品がこの『悪意』でした。

犯人が割と早めに判明するんです。だから初めて読んだ時は、「えっ、もう逮捕?」・・・という感じになるんですよね。

ひつじくん。
ひつじくん。
その後の展開がすごかったよ。

フー&ホワイダニット

フー&ホワイダニットに重点をおいた『悪意』。

フー&ホワイダニットとは、「誰が、何故?」という意味です。・・・犯人よりも、動機が重要な要素として取り上げられていました。

野々口修の手記と加賀恭一郎の主観が交互に描かれながら、犯人の動機を解明していくお話です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
犯人がわかって終わり・・・じゃないんだ。

加賀恭一郎、教師時代のエピソード

シリーズものって、登場人物のことがわかっていくのが嬉しいですよね。加賀恭一郎ファンには嬉しいエピソードが描かれていました。

彼の教師時代のエピソードです。

こういうのを織り交ぜてくれると、読むのが楽しい。加賀刑事に人間味が増して愛着がわきました。

ひつじくん。
ひつじくん。
シリーズ、追いかけたくなるよね。

『悪意』結末|犯人の動機にヒヤリ

最後明かされた本当の動機は、ヒヤリとするものでした。

ちなみに犯人は野々口修です(←これはわりと早めにわかるのだけど)。その動機が二転三転して、最後の最後に真実に到達するんですよね。

恐るべき計画的な犯行でした。

まさにタイトル通り「悪意」に満ちています。全く思いも寄らないものでびっくり。加賀刑事、やっぱり鋭いですね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
明るいお話ではないけど、読む価値ありだよ。
最高に面白い 東野圭吾 おすすめ小説
【東野圭吾】読むならコレ!おすすめ・面白い小説|ミステリーからラブストーリーまで読むならコレ、最高に面白い!東野圭吾おすすめ小説を厳選して紹介します。東野圭吾さんの小説の魅力も書いています。...
『祈りの幕が下りる時』あらすじ・ネタバレ感想文|加賀恭一郎シリーズ|東野圭吾東野圭吾さんの原作小説『祈りの幕が下りる時』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。加賀刑事の過去、関連する2つの事件、偶然と必然、テーマ・親子の絆について書いています。...
『沈黙のパレード』あらすじ・ネタバレ感想&魅力|ガリレオシリーズ9|東野圭吾東野圭吾さん『沈黙のパレード』のあらすじと感想です。少しだけネタバレあります。ガリレオシリーズの魅力も書いています。どんでん返しあり、清々しい結末でした。...
ジェンダーを描いた『片想い』あらすじ・ネタバレ感想文|悲しき結末とメビウスの帯|東野圭吾東野圭吾さんの小説『片想い』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。ジェンダー、美月の告白と苦しみ、メビウスの帯、『片想い』に込められた意味について書いています。...

もっと見てみる

こちらは読んだ?