スキマ時間に・・・

『100万回殺したいハニー、スウィート ダーリン』山田詠美/100万分の1回のねこ

第9話、山田詠美さん『100万回殺したいハニー、スウィート ダーリン』

山田さんの本は以前に1冊だけ読んだことがあって、その時に恋愛指数が高い方なんだなと思いました。ちなみに読んだのは『賢者の愛』です。

ネタバレあります。

『100万回殺したいハニー、スウィート ダーリン』あらすじ

深い恋愛感が描かれた1話

『100万回殺したいハニー、スウィート ダーリン』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
彼から『100万回生きたねこ』という絵本をプレゼントされたと喜ぶ主人公。彼女はホステスで、彼はホスト。でも彼の彼女は1人ではないようで・・・。

『100万回殺したいハニー、スウィート ダーリン』感想

『100万回殺したいハニー、スウィート ダーリン』というタイトルからも想像できますが、やはり今回も深い恋愛感が描かれていました。こういうのって女性目線ならではのものなのかもしれません。

・・・実は少し苦手なジャンルの物語でもあります。でもどこか共感できるのも確かで。最後は、精一杯、1人の男を愛した主人公が愛おしくなってしまいました。

ダーリンが愛した絵本

主人公の明美が愛した美樹生は誰からも愛されるモテモテのホスト。

一瞬『100万回生きたねこ』の、あのトラ猫を連想しましたが、全く正反対の性格をしていました。あのトラ猫もみんなから愛されていましたよね?でもトラ猫が愛したのはただ1人 (1匹?)、白ねこだけです。

ここで描かれているダーリン、美樹生もみんなから愛されますが、彼は同じようにみんなを愛していました。それにはある基準があったんです。

佐野洋子さんの絵本『100万回生きたねこ』を読んで泣くかどうか。

なんじゃそりゃ・・・と思いましたが彼は真剣。明美は泣いて見事にパスしたわけです。

明美が好きになってしまったダーリンは絵本を読んで泣いたら誰でも好きになるという浮気性の男でした。おまけに暴力もふるいます。そんな男はやめた方がいいと思ってしまいます。

誰をも好きになってしまう彼女

明美は情にあつく涙もろいたち。優しくされるとすぐに人を好きになってしまいます。(・・・私も優しい人に弱いので、あまり人のこと言えないのですが)

明美が佐野さんの絵本を読んで思ったことが可愛いなと思いました。愛しすぎてしまう彼女から見たら、誰も愛さないトラ猫が気楽に見えたんですね。・・・ちょっと新鮮な感想です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
私から見たら、誰をも愛してしまう彼女がちょっぴり羨ましかったりするんですけどね。

彼女の恋愛観

いちばん興味を惹かれたのが、彼女の恋愛観です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
「愛」と「憎しみ」は紙一重とよく言いますが、この小説を読んでいると、その二つの言葉は同義語なんじゃないだろうかと思えてくる。

以前読んだ山田さんの『賢者の愛』でも同じようなことを思いました。・・・やはり山田さんの小説は一筋縄ではいかないですね。主人公の愛する気持ちも憎む気持ちもわかってしまうから、短編なのに強烈に記憶に残る。

明美はそれでも彼を愛していました。愛情を感じる文章があります。

はちみつみたいな、私のスウィート ダーリン。

とびきり甘甘。ハチミツってただ甘いだけじゃなくて、風邪をひいたときにもノドの調子を良くしてくれます。彼女にとって彼はそんな存在なんですね。・・・ただ暴力を振るわれても好きっていう気持ちは、正直わからない。彼女にとってそんなのどうでも良いと思わせる魅力を、彼は持っていたのかな。

切ないラスト

ラストはちょっぴり切なかったです。
佳人薄命。明美が愛した彼は死んでしまうんです。

やっぱり『100万回生きたねこ』のトリビュート作品集だけある。これまで読んできた短編も「死」を織りまぜて描かれていたものが多い気がします。今回もかぁ・・・とため息をついてしまいました。

涙が枯れるまで泣いて、そしてまた笑顔になれる日が来ることを願って・・・。

こちらも一緒にどうぞ。
佐野洋子さんの絵本のレビューです。

『100万回生きたねこ』(絵本)佐野洋子【あらすじと感想】生きるのをやめた理由心温まる不思議な猫の物語佐野洋子さん『100万回生きたねこ』昔よんだことがあったのですが、また読みたくなって借りてきました。佐野洋子さん...

絵本『100万回生きたねこ』に捧げるトリビュート作品集。他のレビューはこちら。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA