スキマ時間に・・・

『黒ねこ』綿矢りさ【あらすじと感想】100万回生きたねこ版、ポーの「黒猫」

この記事に書かれていること
  • 綿矢りささん『黒ねこ』あらすじと感想
  • エドガー・アラン・ポーの「黒猫」
  • 生意気で可愛いプルート
  • 油断した父さん

ネタバレあります。

第10話、綿矢りささん『黒ねこ』

「100万分の1回のねこ」10話目のレビューは、綿矢さんの『黒ねこ』です。綿矢さんが描く猫は少し生意気で可愛さがありました。怖いお話なのにサラっと読めてしまう。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
とても読みやすかったです。

『黒ねこ』あらすじ

あの海外作家の作品をイメージして書かれた短編

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
僕の名前はプルート。人間の心の機微がよく分かる、頭の良い猫だと思う。ある日、飼い主の夫婦喧嘩の末、動かなくなったお母さんをお父さんは僕と一緒に壁に埋めて・・・。

『黒ねこ』感想

このお話は ある有名な海外作家さんの作品をイメージして書かれたそうです。綿矢さんが描くと怖くなくて猫の可愛さが際立っていました。

エドガー・アラン・ポーの「黒猫」

イメージ元は、エドガー・アラン・ポーの短編「黒猫」です。

ポーの「黒猫」も気になって読んでみました。恐怖小説だけあって怖かったです。綿矢さんの描いたものとは別物でした。

妻を殺してしまった夫が壁の中に彼女を埋めようとして知らずに猫も一緒に埋めてしまい、猫の鳴き声でバレてしまう・・・というストーリーは同じです。

綿矢さんの短編は ねこ目線で描かれていて、それが可愛いんですよね。

生意気で可愛いプルート

主人公の名前は プルート。

飼い主の両親はケンカが絶えない夫婦でした。その仲裁役をしていた彼。

ちょっぴり生意気だけど、飼い主想いの可愛い黒猫でした。だからか全然 怖さを感じません。殺されたお母さんを壁に埋めるシーンも、プルートの優しさが伝わってきました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
穴に飛び込んだ彼は 一緒に埋められてしまうんですよね。・・・残酷。

油断した父さん

警察が調べに来た時、油断した父さんは「ここの壁はがんじょうに作ってありますよ」と、壁をたたいてしまう。猫が鳴き、犯行がバレるというちょっとおバカな成行きです。

ひつじくん。
ひつじくん。
やっちゃダメだとわかっていると、やってみたくなるものなんだよね。

人間の心理が上手く書かれています。・・・でも結局、自分で墓穴をほったんですね。悪い事はできないものです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
プルートは無事でした。良かった。

もしかすると、あのネコも・・・

綿矢さんは佐野洋子さんの『100万回生きたねこ』を読んで、100万回のなかには有名猫の一生も含まれているのでは?と思ったようです。

ポーの「黒猫」もと思い、書いたのが今回のトリビュート作品。・・・面白い発想ですね。

もし佐野さんの絵本のトラ猫が エドガー・アラン・ポーの短編「黒猫」のプルートとして生まれ変わっていたなら・・・。綿矢さんが描く生意気で可愛い主人公のような感じなのかもしれません。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ポーの「黒猫」があり得るのなら、小さいころ読んだ絵本「11ぴきのねこ」のだれかの時もあったのかもしれませんね。

とらねこ大将かな。楽しい想像が膨らみました。

こちらもオススメ

『100万回生きたねこ』(絵本) 佐野洋子【あらすじと感想】生きるのをやめた理由佐野洋子さんの絵本『100万回生きたねこ』あらすじと感想です。猫が生きるのをやめた理由についても書いています。...
大人におすすめの絵本
【大人におすすめ絵本】ほっこりと学べて癒される大人向け絵本特集 プレゼントにも!大人におすすめ絵本を厳選して紹介しています。学べる絵本、幸せな気分になれる癒しの絵本、切ない絵本、教科書の名作など、プレゼントにもおすすめです。...
一気読み必須のおすすめ小説
面白くて一気読み!【徹夜本・おすすめ小説】2018年に読んだ本面白くて一気読み間違いなし、徹夜本オススメ小説&絵本を厳選しました。切なくて泣けるミステリー小説、アート小説、怖いけどクセになるホラー小説、大人にも読んでもらいたい学べる絵本などについて書いています。...

他のレビューはこちら

絵本『100万回生きたねこ』に捧げるトリビュート作品集 「100万分の1回のねこ」。

「100万分の1回のねこ」
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA