スキマ時間に・・・

『幕間』川上弘美/100万分の1回のねこ/ドラクエのとら猫

第11話、川上弘美さん『幕間』

「100万分の1回のねこ」11話目のレビューは、川上弘美さんの短編です。・・・実はこの短編集を読む前から楽しみにしていたお話なんです。始めから順番に読んできて、やっと行き当たりました!!『幕間』は、ある大人気ロールプレイングゲームを舞台にして描かれています。

ドラゴンクエストⅤです(^O^)!

今日のレビューはゲームの話も織り交ぜながら書いていきます。

『幕間』あらすじ

ドラゴンクエストⅤの世界!!

『幕間』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
目覚めると、前世の記憶を持った猫は船の上にいた。そこには男の子と父親がいて・・・。あの大人気ロールプレイングゲームをイメージした、川上さんが描くトラ猫の運命は・・・?

『幕間』感想

ドラクエ好きの私としては見逃せません。読んでいる途中も楽しくて楽しくてしょうがなかったです。しかも私の1番好きなⅤ。

ドラクエのトラ猫

主人公、船の上で目覚めたネコは前世の記憶を持ったあのトラ猫です。佐野洋子さんの絵本「100万回生きたねこ」の。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
面白いです。よくぞやってくれました!

でもⅤにはネコは登場しないぞ。もしかしてベビーパンサーのこと!? ・・・と勝手に思っていたのですが違いました。ネコは単なるバグだということなんですね。この辺りの発想もなるほどと思いました。ゲームをしていると稀にフリーズしたり「バグ」が起きたりすることってありますからね。

それにしても、まさかドラクエとあのトラ猫を絡めちゃうなんてすごい。

ワクワクします。でもこの短編は楽しいだけではないんです。最後まで読むと、じんわりと切なくなっちゃうんです。

楽しいドラゴンクエストの世界

何が楽しいかって?

それは読みながらにドラクエのシーンが頭の中を駆けめぐることです。・・・この短編はドラクエが好きな人の方が何倍も楽しめる物語ですね。

例えばこんな記述があります。

家じゅうのタンスや樽を調べてるまわる。入っているものはもれなく取り出し、父親の持っていた袋にしまいこむ。

そうそう!私もタンスや壺を調べ回ります。タネや装備品が入っているとラッキーって感じです。小さなメダルも嬉しい。これはみんなやりますよね? そしてだれ彼構わず話しかける。

・・・共感。
こんなふうに文章で書かれるとちょっと非常識な行動のようにも思えますが、この世界では至って常識です。

私がドラゴンクエストの中で1番好きなのは、この小説の舞台にもなっているⅤです。

可愛いモンスターも仲間になるし、主人公の男の子が幼少時代から青年になり、果ては結婚をして子供が2人・・・と、まるごとの人生をプレイできる。(天空の武器防具を主人公が装備できなかったのには面食らいましたが。)

読んでいる途中で、パパスの最後のシーンが思い出されて少しジーンとしてしまいました。この短編には パパス (←男の子の父親) も登場しているんです。・・・と、楽しい話はここまでで次は少し切なくなったことです。

永遠を生きる男の子

ロールプレイングゲームをやっていると主人公の成長が楽しかったりします。

これは私がドラクエやFFが好きな理由にもなるのですが、モンスターを倒して経験値をもらったり、強力な武器防具を装備することでキャラクターは強くなっていきます。その過程が楽しいんですよね。

でもこの小説を読んでいたらゲームの中の主人公の気持ちを考えてしまいました。彼は悩みを抱えていました。

どうして生まれてきたのか。

ゲームの中で永遠を生きる男の子。生きる意味を失ってしまったようです。ゲームをやる側の私はそんなこと考えたこともありません。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
永遠を生きるって、ときに残酷ですね。

ドラクエの中の主人公は、たとえ死んだとしてもまた教会で生き返るんです。私がゲームをやめても彼は死なない。「永遠」という言葉がとても重く感じました。『幕間』というタイトルに、男の子の絶望がにじみ出ているような気がして切なくなってしまいました。

やがて訪れる別れ

やがて猫と男の子との別れの時が訪れます。

バグが消えてしまう。やはりトラ猫は ここでも死ぬ運命にあるんですね。男の子を残して・・・。

この物語の余韻は切なさが残ります。前半はとても楽しかったけど。今度またドラクエをやるとき、主人公やゲームの中のキャラクターに愛おしさを感じてしまいそうです。

こちらも一緒にどうぞ。
佐野洋子さんの絵本のレビューです。

『100万回生きたねこ』(絵本)佐野洋子【あらすじと感想】生きるのをやめた理由心温まる不思議な猫の物語佐野洋子さん『100万回生きたねこ』昔よんだことがあったのですが、また読みたくなって借りてきました。佐野洋子さん...

絵本『100万回生きたねこ』に捧げるトリビュート作品集。他のレビューはこちら。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA