スキマ時間に・・・

『博士とねこ』広瀬弦【あらすじと感想】100万分の1回のねこ

第12話、広瀬弦さん『博士とねこ』

「100万分の1回のねこ」12話目は、広瀬弦さんの短編のレビューです。広瀬さんは、佐野洋子さんの息子さんなんですね。

ネタバレあります。

『博士とねこ』あらすじ

科学者が大嫌いな猫。

『博士とねこ』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
あるとき、ねこは博士のねこでした。博士は科学者で、とても猫を可愛がっていました。ある日、ねこは足を引きずりながら帰ってきて・・・。

『博士とねこ』感想

今回は科学者のねこ。飼い主に可愛がられ、でも猫は飼い主なんか大嫌い・・・。「100万回生きたねこ」のとら猫そっくり。でもどこにもトラだとは書いてないんですが、あの猫が科学者の猫だったらきっとこんな感じなんじゃないかなと思わせてくれる1話です。

博士の発明品

この短編おもしろいなと思ったのは、怪我したネコがどんどん新品になっていくところです。初めは右後ろ足でした。そのうちに目や内蔵まで・・・。

猫が怪我して帰ってくると、博士はおかしくなった内蔵まで作って猫につけていく。・・・まるでロボットですね。実際、博士の発明は周りの人々に喜ばれたようです。

ちょっと変わった科学者だけど人々からはありがたがれ、研究室も大きくなっていく。でも相変わらず博士の愛情は猫まっしぐらでした。

自己満足の愛

一人ぼっちの博士。愛情は全て愛猫に注ぐことになります。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
猫って可愛いですよね。

家族の一員だから彼が可愛がる気持ちもわかります。博士の愛情は痛いほどに感じました。佐野洋子さんのお話に近いこの短編を読んでいると、飼い主の自己満足の愛を感じ右足をつけたり目や内蔵を作ったり・・・。私も人間なので博士の行動や気持ちはなんとなく理解できるんです。でもこのお話を読み終わったあとに、ふと思いました。

猫の気持ちはどうだったんだろう。

・・・実は、猫は彼が大っ嫌いでした。やっぱりそうか。予想はしていたけど切ないなぁ。佐野さんの絵本ではあまり気にならなかったことが、この短編では胸に刺さる。

愛の形

ある日、ねこは突然動かなくなってしまいます。

そうです、死んでしまったんです。でも博士は、なぜねこが動かなくなったのか解らない。

少し悲しくなりました。なぜ動かなくなったのか解らない博士に・・・。頭を外して中をよく見たり、手足にオイルが流れているか調べたり、内蔵をいくつも新しいものに取り替えてみたり・・・。そんなことしても生き返らないのに。

一方通行の愛ほど切ないものはありません。それでも愛情を注いでしまうのが人間なんだなと思いました。科学者なんか大嫌いなねこ。次は誰の猫に生まれかわるのかな。

こちらも一緒にどうぞ。
佐野洋子さんの絵本のレビューです。

『100万回生きたねこ』(絵本) 佐野洋子【あらすじと感想】生きるのをやめた理由佐野洋子さんの絵本『100万回生きたねこ』あらすじと感想です。猫が生きるのをやめた理由についても書いています。...

絵本『100万回生きたねこ』に捧げるトリビュート作品集。他のレビューはこちら。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA