SF・ファンタジー

『星の民のクリスマス』古谷田奈月【あらすじと感想】物語の世界へ・・・

サンタクロースがいない世界!?

古谷田奈月さん『星の民のクリスマス』感想。
本屋さんでふらふらーとしていて目にとまった本です。『星の民のクリスマス』。表紙がとても可愛くて、読み始めると止まらなくなってしまいました。ファンタジーですが、ちょっぴり残酷なところもあって・・・。不思議な世界が魅力的な物語です。

『星の民のクリスマス』あらすじ

クリスマスに読みたい一冊。

『星の民のクリスマス』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
ズベン・エス・カマリが紛れこんだ不思議な世界―。そこは父が描いた童話の世界だった。

『星の民のクリスマス』感想

もしお話の世界に紛れこんでしまったら?

私はその世界でどんな存在で、どのように生きていくんだろう。・・・そんなことを思いながら読んでいました。

あこがれる童話世界

憧れの童話世界

『星の民のクリスマス』は簡単に言うと、父が書いた童話の世界に娘が入りこんでしまうというものです。

本を読んでいると、その世界に行きたくなることがよくあります。童話やファンタジーなんかは特に。(そういえばドラえもんの道具で確かそんなのがありましたよね? ・・・靴だったかな)

・・・憧れます。『星の民のクリスマス』というタイトルからも想像できますが、入り込むのはサンタクロースやトナカイがいる父親が創った町です。

歴史小説家の父が娘に贈った童話「ことしのおくりもの」

サンタクロースをはじめ、金色と銀色のツノを持つ2匹のトナカイ、そしてキツツキが登場するお話でした。

その童話の世界に迷いこんでしまうズベン・エス・カマリ。(なんか面白い名前だなと思っていましたが、どうやら天秤座の星の名前みたいです) 彼女のキャラクターがまた良いんですよね。素直で可愛くて。そして、なによりも古谷田さんが描く世界観が斬新で面白い。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
サンタさんの町を描いた物語って、なんだか楽しそう。

でもここで描かれている世界は ちょっと・・・いや、かなり違うんです。

残酷な世界観

古谷田さんの小説は初めて読みました。フワフワのファンタジーなのかなと思って読み始めると裏切られます。

本の帯には、こんな言葉が並んでいました。

残酷でキュート、愛に満ちた冒険譚

残酷でキュート。まさにそうなんです。ズベン・エス・カマリは、とびきりキュートなんですが世界観は少し残酷・・・。でも愛に満ちています。

物語の世界で生きるというのは少し不思議な感覚です。カマリが童話の世界に紛れ込むという設定ですが、そこにいる登場人物は 物語の登場人物であって、でもそうじゃないんですよね。彼らにはその世界が全てでそれが現実。

ひつじくん。
ひつじくん。
だとしたら、今、ぼくが生きている世界は現実?

サンタクロースがいない町

サンタさんがいない!?

カマリが紛れこんだ町。それは父親が書いた「ことしのおくりもの」の世界のはずですが、なんだか様子がかなり違う・・・。

笑っちゃうくらい楽しそうな町のはずが、一年中雲に覆われて星も見えなくて、いつも雪が降り、花も咲かず、おまけに人々は名前を持ってない・・・。そして決定的に欠けているものがありました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
サンタクロースがいない!?

・・・それからトナカイもいません。彼女が不思議に思うのも当然ですね。かわりにプレゼントを運ぶのは3人の人間でした。

金色配達員と銀色配達員、そしてキツツキと呼ばれている男の子です。

彼らはお父さんの童話「ことしのおくりもの」の金色と銀色のトナカイとキツツキにあたります。

サンタさんがいない理由が少し残酷なんですよね。その理由から、この町は極端に『外』の世界 (カマリが住んでいた世界) を恐れていました。ファンタジーだけどちょっと残酷。こんな世界観が新鮮で面白いんです。

キツツキ少年の叫び

みんな必死に生きています。

カマリの父親代りになる銀色配達員。「おやじさん」と呼ばれている面倒見の良い金色配達員。そして頭の良いキツツキ少年。

彼ら雪の民がクリスマスに『外』の世界の星の民にプレゼントを運ぶ。サンタクロースといえば無償の愛を感じますが、この世界では少し違っていました。

キツツキ少年の悲痛な叫びにハッとしました。創られた世界ですが現実的で人間味を感じます。そして疑問を持ちながらも必死に生きている。

なぜ、よその世界に贈り物を届けなきゃいけないのか―。

彼の疑問はもっともだと思いました。無償の愛を描いた物語も良いですが、こういう方が共感できてしまいます。

・・・でもちょっと残念なのは、多くの謎は答えのないまま終わってしまうところです。特に、娘を追ってきた父の影はどうなったのか。6年前に創作した物語なのに、この町は2000年以上経過しているのはどうしてか・・・など、あやふやなままでした。

想像で楽しむということなのかもしれませんが、もうちょっと掘り下げてもいいのでは?と思いました。

本当のおくりもの

ひだまりさん。
ひだまりさん。
小さい頃に経験したクリスマスのワクワク感を思い出しました。

朝おきたら枕元にあるプレゼント。クリスマスの朝って、いつもの朝とは少しちがいますね。

サンタクロースの本当のおくりものは 枕元に置いてあるプレゼントではないんです。輝いて見える雪景色だったり、ワクワクする気持ちだったり、いつもと違う特別な自分だったり・・・。想像が広がる素敵な物語でした。

そして最後にキツツキ少年の「だからなんだ?」ということば。私も使っちゃおうかな。

こちらもオススメ

クリスマスに読みたい本
クリスマスに読みたい!ほっこりする絵本&小説 / プレゼントにもおすすめ!クリスマスに読みたい絵本と小説を厳選しました。子どもにおすすめの絵本、大人も楽しめる小説をご紹介します。子どもや友達のプレゼントにもオススメです。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA