【まとめ】おすすめ小説&絵本

最高に面白かった小説10選/この1年で読んだ本より

おすすめ小説

2016年に読んで面白かった本を10冊ほどピックアップしました。今回はランキング形式で紹介したいと思います。

イチオシ ✩ 面白かった小説ベスト10

それでは、まず7位までをピックアップ!

第10位~7位

第10位
『恩讐の鎮魂曲』中山七里

御子柴礼司シリーズ3

『恩讐の鎮魂曲』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク
Amazon

悪辣弁護士、御子柴礼司シリーズの3作目です。テーマは「裁かれない罪」と「贖罪」。今回は、刑法第37条 緊急避難があつかわれていました。御子柴が熱かったです。やはり私はこのシリーズが好きなんですよね。どんでん返しあり!で、最後まで結末がわからない。

レビューを読む

第9位
『十字架』重松清

いじめの代償は、あまりにも重い!

『十字架』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク
Amazon

学校での「いじめ」を扱っている『十字架』。自殺にまで発展してしまいます。その代償はあまりにも重いんです。生きている限り背負っていかなければならない十字架の言葉は過酷。学校の教科書に載せてほしい作品です。

レビューを読む

第8位
『悲素』帚木蓬生

帚木蓬生、渾身の力作!!

『悲素』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク
Amazon

和歌山カレー毒物事件を扱った小説です。まるでドキュメンタリーのように裏舞台が描かれていました。知らないこともたくさんあって、心の震えが止まらない。過去にあったことですが、今更ながらに恐ろしいです。これは力作。

レビューを読む

第7位
『沈まぬ太陽』山崎豊子

人間の真実を問う壮大なドラマが、いま幕を開ける!!

『沈まぬ太陽』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク
Amazon

御巣鷹山の飛行機事故を扱った巨編です。今年は日航機墜落事故から31年目でした。この小説は涙なくして読めません。3冊すべて読み終わったときに感じたのは、やりきれないくらいの無情。恩地と宿命のライバル、行天からも目が離せません。

レビューを読む

第6位~4位

続きまして4位までです。

第6位
『夜行』森見登美彦

連続する夜の世界。

『夜行』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク
Amazon

森見さんが描く、もう一つの奇妙な世界。夜は何が起こっても不思議じゃない気がします。少し怖かったけど想像が膨らむ物語でした。私がいる世界は夜があって朝がくる。その事実にホッとしました。不思議な世界観に引き込まれます。

レビューを読む

第5位
『折れた竜骨 』米澤穂信

謎解きあり、ミステリーありのファンタジー。

『折れた竜骨』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク
Amazon

米澤さんのファンタジーです。しっかり謎解きがあって、ミステリー感があるところが米澤さんって感じがします。呪われたデーン人などおもしろ要素が満載でした。まるで映画を見ているような戦いのシーンは圧巻です。これは文句なしに面白かったです。

レビューを読む

第4位
『星を継ぐもの』J・P・ホーガン

意外な事実に驚愕する!!

『星を継ぐもの』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク
Amazon

こんなに面白い本格SF小説は読んだことがありません。ミネルヴァが滅びた理由や、地球の月はどうやってできたのか、納得の結末でした。キレイに辻褄があっているのがすごい!!ロマンが広がります。

レビューを読む

ちょっとひと息

ランキング形式で、10位~4位までを紹介しました。その中の『夜行』は、先日レビューを書いたばかりの本です。面白くて想像が膨らむ。森見さんは、上手いこと余白を書きますね。

2017年 直木賞候補で、私が読んだ本は3冊ありました。

  • 冲方丁さん『12人の死にたい子どもたち』
  • 恩田陸さん『蜜蜂と遠雷』
  • 森見登美彦さん『夜行』

どれも納得の3冊でした。そして、面白かった小説3位以内にこの中の1冊がランクインしています。

それではベスト3を紹介したいと思います。次にあげる3冊は順位をつけれませんでした。どれも面白すぎて。・・・なので3冊 同時1位です。

最高に面白かった小説ベスト3!!

お待たせしました。甲乙つけられないほど、どれも最高に面白かった小説ベスト3です。この3冊はダントツでした。

まずはこちら。

『新世界より』貴志祐介

世界観がすごすぎる!!

『新世界より』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク
Amazon

貴志祐介さんの小説は、世界観がすごすぎます。これはSF・ホラーの括りでしょうか。呪力は神の力か、悪魔の力か。ここで描かれている「新世界」はユートピアじゃなかった・・・。ゾッとしつつも面白くて止まらなくなりました。アニメ化もされていて、そちらも良かったです。

レビューを読む

続きまして2冊目。

『図書館の魔女』高田大介

読み始めると止まらない!!

『図書館の魔女』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク
Amazon

上下巻で¥5000を越えるという分厚さ。読むのを怯んでしまいますが、読み始めると止まらない。ファンタジーの括りだけど、魔法などは出てきません。そこにあるのは濃密な「ことば」です。言葉って何だろう?ということを深く考えてしまいました。言語学者の高田さんならではの物語です。

レビューを読む

そして3冊目。

『蜜蜂と遠雷』恩田陸

興奮が止まらない!!

『蜜蜂と遠雷』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク
Amazon

面白いという言葉では足りないくらい面白かったです。ピアノコンクールのお話ですが、恩田さんが描く「音」が素晴らしい!圧倒的な文章力を感じました。『チョコレートコスモス』を読んだ時に近い興奮を味わえます。ジン少年のピアノ、聴いてみたい。間違いなく恩田さんの最高傑作です。

レビューを読む

3冊とも長編です。(『蜜蜂と遠雷』は一冊なのですが、文章が2段組!) でも面白すぎて気にならない。むしろ最後の方になると、なんだか読み終わるのがもったいない気さえもしてきます。イチオシの3冊です。

本と一緒に豊かなひとときを

前回に続き、絵本と小説と合計で20冊紹介しました。たぶん私のブログに訪れてくれている方は、何かしら本が隣にある方だと思います。・・・ので、本と一緒に豊かなひとときを・・・なんて言わなくても本がある幸せをちゃんと実感している方たちです。

振り返ってみると、たくさんの本に出会いました。豊かなひとときを送れたことに感謝しています。

年内の更新はこれで最後になりますが、来年も皆さまにとって、素敵な本との出会いがありますように。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA