おすすめ本特集

最高に面白かった小説10選

この記事に書かれていること

1年間に読んだ小説の面白かったランキング

おすすめ小説

面白かった本を10冊ほどピックアップしました。ランキング形式で紹介します。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
どれも絶品。

面白かった小説ベスト10|第10位~7位

それでは、まず7位までをピックアップ!まずは第10位~7位です。

第10位『恩讐の鎮魂曲』中山七里

御子柴礼司シリーズ3

あらすじ

韓国船の沈没事故で女性から救命胴衣を奪った日本人男性は 刑法「緊急避難」が適用され無罪となった。そして医療少年院時代の恩師・稲見が殺人容疑で逮捕された。御子柴は弁護人に名乗り出るのたが・・・。稲見は本当に殺人を犯したのか?

悪辣弁護士・御子柴礼司シリーズの3作目です。テーマは「裁かれない罪」と「贖罪」。刑法第37条 緊急避難があつかわれていました。

御子柴が熱かったです。やはりこのシリーズが好きなんですよね。どんでん返しあり!で 最後まで結末がわからない。

『恩讐の鎮魂曲 (レクイエム)』中山七里【あらすじ&感想・ネタバレ】御子柴礼司シリーズ3中山七里さんの小説『恩讐の鎮魂曲 (レクイエム)』あらすじと感想です。ネタバレあります。贖罪のあり方、被告人になった稲見教官、刑法第37条 「緊急避難」、屈辱の判決、倫子の手紙について書いています。...

第9位『十字架』重松清

いじめの代償は、あまりにも重い!

あらすじ

クラスメイトがいじめを原因にこの世を去った。彼の遺書に書かれていたのは、僕の名前だった・・・。

学校での「いじめ」を扱っている『十字架』。自殺にまで発展してしまいます。その代償はあまりにも重かったです。生きている限り背負っていかなければならない十字架の言葉は過酷。学校の教科書に載せてほしい作品です。

『十字架』重松清【小説のあらすじと感想文】いじめの代償と命の重さ重松清さんの小説『十字架』あらすじと読書感想です。少しだけネタバレあります。『十字架』のテーマ 「いじめ」 について、ナイフの言葉と十字架の言葉、スコーグスシュルコゴーデン (森の墓地)、いじめの代償はあまりにも重いことについても書いています。...

第8位『悲素』帚木蓬生

帚木蓬生、渾身の力作!!

あらすじ

悲劇は、夏祭りから始まった―。多くの犠牲者を出した砒素中毒事件。地元刑事の要請を受け、ひとりの医師が、九州から和歌山へと向かった。医師と刑事たちは地を這うように、真実へと近づいていくが―。

和歌山カレー毒物事件を扱った小説です。ドキュメンタリーのように裏舞台が描かれていました。知らないこともたくさんあって心の震えが止まらない。過去にあったことですが 今更ながらに恐ろしいです。これは力作。

『悲素』帚木蓬生【あらすじと感想】和歌山カレー毒物事件の闇と真実帚木蓬生さんの小説『悲素』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。和歌山カレー毒物事件の闇と真実、毒の麻薬性、後遺症と心に負った傷、疑わしきは罰せずについて書いています。...

第7位『沈まぬ太陽』山崎豊子

人間の真実を問う壮大なドラマ!!

あらすじ

海外に飛ばされた国民航空の社員・恩地元。そこでの日々は、もう10年になろうとしていた。企業の不条理に耐える彼の運命は・・・。

御巣鷹山の飛行機事故を扱った巨編です。この小説は涙なくして読めません。3冊すべて読み終わったときに感じたのは、やりきれないくらいの無情。恩地と宿命のライバル・行天からも目が離せません。

『沈まぬ太陽アフリカ篇』山崎豊子【あらすじと感想】流刑の男 恩地元の運命と結末山崎豊子さんの小説『沈まぬ太陽』アフリカ篇 あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。モデル、無残で理不尽な懲罰人事、危うい安全管理、宿命のライバル 行天四郎、アフリカの大地と太陽について書いています。...

面白かった小説ベスト10|第6位~4位

続きまして4位までです。

第6位『夜行』森見登美彦

連続する夜の世界

あらすじ

鞍馬のお祭りの夜、長谷川さんが姿を消してから10年、僕たちは久しぶりに集まった。誰も彼女のことを忘れていなかった・・・。

森見さんが描く もう一つの奇妙な世界。夜は何が起こっても不思議じゃない気がします。怖かったけど想像が膨らむ物語でした。

私がいる世界は夜があって朝がくる。その事実にホッとしました。不思議な世界観に引き込まれます。

『夜行』森見登美彦【あらすじと感想】永遠に続く夜と、ただ一度きりの朝森見登美彦さんの小説『夜行』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。なぞの銅版画、何が起こっても不思議ではない「夜」、「夜行」と「曙光」、旅の終わりに僕が見たものについて書いています。...

第5位『折れた竜骨』米澤穂信

謎解き、ミステリーありのファンタジー

あらすじ

魔法や呪いが存在する世界、ソロン諸島。そこで暮らすアミーナの父が何者かによって殺された。いったい犯人はだれなのか?

米澤さんのファンタジーです。しっかり謎解きがあって、ミステリー感があるところが米澤さんって感じがしました。呪われたデーン人などおもしろ要素が満載です。

映画を見ているような戦いのシーンは圧巻。これは文句なしに面白かったです。

『折れた竜骨』米澤穂信【あらすじと感想】ソロンの戦いと散りばめられた謎米澤穂信さんの小説『折れた竜骨』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。魔術の世界と謎解き、父を殺したのは誰か、呪われたデーン人、迫力満点の戦闘シーンについて書いています。...

第4位『星を継ぐもの』J・P・ホーガン

意外な事実に驚愕!!

あらすじ

月面調査員が真紅の宇宙服をまとった死体を発見した。綿密な調査の結果、この死体は何と死後五万年を経過していることがわかった。やがて木星の衛星ガニメデで地球のものではない宇宙船の残骸が発見された・・・。

こんなに面白い本格SF小説は読んだことがありません。ミネルヴァが滅びた理由や、地球の月はどうやってできたのか納得の結末でした。キレイに辻褄があっているのがすごい!!ロマンが広がります。

『星を継ぐもの』ジェイムズ・P・ホーガン【あらすじと感想】ルナリアンとミネルヴァの行方ジェイムズ・P・ホーガン『星を継ぐもの』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。チャーリー、月の裏側、月はどうやってできたのか、ガニメアン発見で深まる謎について書いています。...

面白かった小説ベスト3

面白かった小説ベスト3冊は、面白すぎて順位をつけれませんでした。甲乙つけられないほど最高に面白かった小説ベスト3です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
この3冊はダントツ。

第1位『新世界より』貴志祐介

世界観がすごすぎる!!

あらすじ

子供たちは、大人になるために「呪力」を手に入れなければならない。一見のどかに見える学校で、子供たちは徹底的に管理されていた。いつわりの共同体が隠しているものとは―。何も知らず育った子供たちに、悪夢が襲いかかる。

貴志祐介さんの小説は 世界観がすごすぎます。これはSF・ホラーの括りでしょうか。呪力は神の力か、悪魔の力か。ここで描かれている「新世界」はユートピアじゃなかった・・・。

ゾッとしつつも面白くて止まらなくなりました。アニメ化もされていて、そちらも良かったです。

貴志祐介『新世界より 上』あらすじと感想 / 消えゆく子供たち貴志祐介さん『新世界より』上巻のあらすじと感想です。世界観がすごくて、かなり面白かったです。おすすめのSFホラー小説。最後までドキドキ・ハラハラの展開でした。...

第1位『図書館の魔女』高田大介

言葉のファンタジー

あらすじ

ある日キリヒトは 図書館の魔女・マツリカに仕えることになった。「ことば」 を操る彼女は 自分の声を持たない少女だった―。

上下巻で¥5000を越えるという分厚さ。読むのを怯んでしまいますが、読み始めると止まらない。ファンタジーの括りだけど、魔法などは出てきません。そこにあるのは濃密な「ことば」です。

言葉って何だろう?と深く考えてしまいました。言語学者の高田さんならではの物語です。

『図書館の魔女 上』高田大介【あらすじと感想】マツリカとキリヒトが奏でる指話の世界高田大介さん『図書館の魔女』1、2巻のあらすじと感想です。少しだけネタバレもあります。めちゃくちゃ面白くて止まりませんでした。マツリカとキリヒトが愛おしくてたまらなくなりました。...

第1位『蜜蜂と遠雷』恩田陸

興奮が止まらない!!

あらすじ

私はまだ、音楽の神様に愛されているだろうか?ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。

面白いという言葉では足りないくらい面白かったです。ピアノコンクールのお話で、恩田さんが描く「音」が素晴らしい! 圧倒的な文章力を感じました。

『チョコレートコスモス』を読んだ時に近い興奮を味わえます。ジン少年のピアノ、聴いてみたい。間違いなく恩田さんの最高傑作です。

『蜜蜂と遠雷』恩田陸【あらすじと感想】音楽に満ちているこの世界恩田陸さんの小説『蜜蜂と遠雷』簡単なあらすじと感想です。少しだけネタバレあります。芳ヶ江国際ピアノコンクールと登場人物、「春と修羅」のカデンツァ、風間塵、タイトルの意味について書いています。...

面白かった小説ベスト10|まとめ

ランキング形式で10冊紹介しました。

特におすすめなのは、同時1位の長編小説3冊。(『蜜蜂と遠雷』は1冊なのですが、文章が2段組!) 面白すぎて本の長さは気になりません。

むしろ最後の方になると読み終わるのがもったいない気さえもしました。おすすめです。

一気読み必須のおすすめ小説
面白くて一気読み!【徹夜本・おすすめ小説】2018年に読んだ本面白くて一気読み間違いなし、徹夜本オススメ小説&絵本を厳選しました。切なくて泣けるミステリー小説、アート小説、怖いけどクセになるホラー小説、大人にも読んでもらいたい学べる絵本などについて書いています。...
本と言葉にまつわる小説と絵本
【本好きにオススメ】「本」 と 「ことば」 にまつわる小説&絵本本好きにオススメの「本」と「ことば」 にまつわる小説や絵本を厳選しました。『なかなか暮れない夏の夕暮れ』『本を守ろうとする猫の話』『三月は深き紅の淵を』『熱帯』『囀る魚』『星の民のクリスマス』『真昼の夢』『あるかしら書店』『舟を編む』『図書館の魔女』『ことばのかたち』『言葉屋 言箱と言珠のひみつ』などを紹介しています。...
【貴志祐介おすすめ小説】迷ったらコレを読むべき!間違いなく面白いホラー小説6選貴志祐介さんのホラー小説の中で特にオススメを厳選しました。怖すぎるサイコパスもの、切なくて泣ける小説、面白すぎた長編SFなどをご紹介。簡単なあらすじと感想も書いています。...
薬丸岳おすすめミステリー小説
薬丸岳 おすすめミステリー小説 / 迷ったらコレを読もう!薬丸岳さんのおすすめミステリー小説を厳選しました。司法制度を扱った小説といえば薬丸岳さんです。小説の魅力についても書いています。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら