ミステリー・サスペンス

『獄の棘』(ひとやのとげ)大門剛明【あらすじと感想】刑務所の真実

そこは想像を超える刑務所の世界

大門剛明さん『獄の棘』(ヒトヤノトゲ)
面白かったです。「獄」と書いて「ひとや」と読みます。「獄の棘」とは刑務所の鉄条網のことです。鉄条網に覆われた刑務所の内部を描いた連作短編集。

少しだけネタバレあります。

『獄の棘』あらすじ

新米刑務官・武島良太が見た、塀の中の真実。

『獄の棘』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
刑務所の中で起こっている様々な事件―。これは心実なのか?

【目次】
  • 赤落ち
  • 脱獄の夜
  • プリズン・グルーピー
  • 幸せの天秤
  • 矯正展の暗号
  • 獄の棘
  • 銀の桜

『獄の棘』感想

刑務所内部のことなんて伺いしれないから新鮮な感じでした。短編集と言っても、新米刑務官・武島良太の目線で物語は進んでいきます。

新米刑務官・武島良太が見た、塀の中の真実

塀の中の事件

いじめ、脱獄、ギャンブル・・・。起こっていることは、塀の中でもそうでなくても同じなんですね。かなり えげつない。

「赤落ち」は、ギャンブルの話。「脱獄の夜」は、脱獄の話。「プリズン・グルーピー」は、偽装結婚の話。「幸せの天秤」は、いじめの話。「矯正展の暗号」は、暗号の話。「獄の棘」は、不正の話。「銀の桜」は、良太の後輩指導の話。

塀の中でくり広げられるギャンブル!?

1話目「赤落ち」は、刑務官が行っているギャンブルについてでした。

控訴するかしないかを賭ける刑務官たち。刑務所の統括、名久井の命令で同僚に探りを入れる良太ですが・・・。

悩む主人公の気持ちもわからなくはないです。仲間を裏切って密告をするか、否か。賭けをしている中心人物は、秋村という刑務官です。彼がまた素敵な人物なんですよね。

心を救うイカサマ

不謹慎だけど、赤落ちをやっている中心人物、秋村のことが嫌いにはなれませんでした。むしろ読み続けていくと、囚人に対する彼の「情」を感じます。

ラーメン店を営んでいた被告人の志田は、控訴する気満々だったのに取りやめました。ただ1人、赤落ちに賭けていた秋村の勝利です。

警察がたどり着けなかった真実にたどり着く秋村。その上で志田の心を解きほぐし、結果、ギャンブルで1人勝ちをしました。誉められたことでは決してないけれど、そこには被告人に対する「情」があるんですよね。魅力的な登場人物です。

ヒトヤノトゲは誰か?

第6話、この本のタイトルにもなっている「獄の棘」がターニングポイントとなっています。

冒頭にも書きましたが、「獄の棘」とは刑務所の鉄条網のことらしいです。そして本書ではもう一つ、ある登場人物を指しています。

名久井が言う、「ヒトヤノトゲ」とは誰か?

名久井は刺し違える覚悟で、刑務所に蔓延る不正を正そうとします。名久井と、秋村のやり取りがカッコイイ。

清々しい結末

全部読み終わって感じたことは、主人公、武島良太の成長でした。

初めは新米だったのに、最後の章では先輩になっています。何となく微笑ましさを感じました。そして秋村と接してきたことを糧に、情のある刑務官になります。

最後の方の、後輩に言った良太の言葉にニヤリとしてしまいました。

秋村さんと良太がダブってみえる・・・。

結末は清々しい。仲間っていいですね。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA