ふしぎな世界

『もしも せかいが たべもので できていたら』カール・ワーナー/夢の絵本

『もしも せかいが たべもので できていたら』A WORLD OF FOOD

(写真・文) カール・ワーナー
(訳) 今井悟朗

面白い絵本を読みました。絵本・・・というか、写真集なんですよ、これ。すごい!!

表紙を見ると、ヘンゼルとグレーテルのお菓子の家を想像します。小さいころ、誰もが夢見た世界なんじゃないでしょうか? すべてお菓子でできた家は、夢が広がりますよね。

『もしも せかいが たべもので できていたら』あらすじ

夢の世界へ。

『もしも せかいが たべもので できていたら』
おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【あらすじ】
もしも世界が食べ物でできていたら・・・という設定で描かれた写真集。

『もしも せかいが たべもので できていたら』感想

もしも世界が食べ物でできていたら?

チョコレートの汽車に、かぼちゃの家、ブロッコリーの森・・・。

本を開くと、そこは夢のような世界。美味しそうで魅入ってしまいます。想像がふくらむ。できることならば、この写真の中に入りたい!!

きいろに、はいいろ、きんいろにオレンジいろ・・・。この本の中には、食べ物でできた様々な風景があります。まさにアート。その中から2つほど、素敵な風景を紹介したいと思います。(本当は全部 紹介したいくらいですが・・・。あとはぜひ本を見てくださいね)

パプリカが可愛い砂漠

黄色の世界

お米と豆の砂漠。チーズのピラミッド。きいろのレモンとパプリカがなんだか可愛い。パスタでできた気球からの眺めはよさそうですね。

ザクザクと、お米と豆の砂漠を歩いてみたい。疲れたらパプリカにちょんと腰掛けて、レモン水を飲むのも悪くない。

哀愁ただようカボチャの家

オレンジ色の世界

にんじんの木。豆の石ころ。ゆったりと流れるオレンジジュースの川。かぼちゃの家からは煙が上がっていて、美味しそうな香りが漂ってきそうです。

どこか哀愁を感じる夕暮れどき。オレンジ色から、安房直子さんの童話『夕日の国』が思い浮かびました。かぼちゃの家では、誰が待っているのでしょうか?ほっこり癒されます。

不思議な風景写真

2つほどブログに載せましたが、どれも不思議な風景でした。全部の世界を旅してみたいです。・・・さかなの海は少し、うっときましたが、お菓子の国や、チョコレートの汽車は魅力的です。みどりのせかいも良いなぁ。

ブロッコリーの木とたくさんのパセリに囲まれて、思いっきり深呼吸したい。

この写真集をみると、嫌いな食べ物も好きになれそうな気がします。・・・お腹が空いてきた。

まだ見たことのない食べ物の世界へ

今夜は素敵な夢が見れそうです。

・・・1色の世界も良いけど、やっぱり色とりどり、しょっぱいものから甘いものまで色んな味があるところが良いな。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA