絵本・児童文学

『もしも せかいが たべもので できていたら』カール・ワーナー/夢の絵本

この記事に書かれていること
  • カール・ワーナー『もしも せかいが たべもので できていたら』あらすじと感想
  • パプリカが可愛い砂漠
  • 哀愁ただようカボチャの家
  • 不思議な風景写真

『もしも せかいが たべもので できていたら』A WORLD OF FOOD

(写真・文) カール・ワーナー
(訳) 今井悟朗

表紙を見ると ヘンゼルとグレーテルのお菓子の家を想像します。小さいころ誰もが夢見た世界なんじゃないでしょうか? すべてお菓子でできた家は夢が広がりますよね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
カール・ワーナーの食べ物を使った写真集。

『もしも せかいが たべもので できていたら』あらすじ

夢の世界へ。

原著:Warner,Carl, 翻訳:悟朗, 今井, Unknown:ワーナー,カール
あらすじ

もしも世界が食べ物でできていたら・・・という設定で描かれた写真集。

『もしも せかいが たべもので できていたら』感想

もしも世界が食べ物でできていたら?

チョコレートの汽車に、かぼちゃの家、ブロッコリーの森・・・。

本を開くと、そこは夢のような世界。美味しそうで魅入ってしまいました。想像がふくらむ。できることならば、この写真の中に入りたい!!

きいろに、はいいろ、きんいろにオレンジいろ・・・。この本の中には 食べ物でできた様々な風景があります。まさにアート。その中から2つ素敵な風景を紹介します。

パプリカが可愛い砂漠

黄色の世界

お米と豆の砂漠。チーズのピラミッド。きいろのレモンとパプリカがなんだか可愛い。パスタでできた気球からの眺めはよさそうですね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ザクザクと、お米と豆の砂漠を歩いてみたい。
ひつじくん。
ひつじくん。
疲れたらパプリカに腰掛けて レモン水を飲むのも悪くないね。

哀愁ただようカボチャの家

オレンジ色の世界

にんじんの木。豆の石ころ。ゆったりと流れるオレンジジュースの川。かぼちゃの家からは煙が上がっていて美味しそうな香りが漂ってきそうです。

どこか哀愁を感じる夕暮れどき。オレンジ色から安房直子さんの童話『夕日の国』が思い浮かびました。かぼちゃの家では誰が待っているのでしょうか?ほっこり癒されます。

不思議な風景写真

どれも不思議な風景でした。全部の世界を旅してみたいです。お菓子の国や、チョコレートの汽車は魅力的でした。みどりのせかいも良いですね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ブロッコリーの木とたくさんのパセリに囲まれて、思いっきり深呼吸したい。

この写真集をみると、嫌いな食べ物も好きになれそうな気がします。

まだ見たことのない食べ物の世界へ

今夜は素敵な夢が見れそうです。

1色の世界も良いけど、やっぱり色とりどり、しょっぱいものから甘いものまで色んな味があるところが良いな。

原著:Warner,Carl, 翻訳:悟朗, 今井, Unknown:ワーナー,カール
心に響いた絵本10選|大切なことを学べる本心に響いた絵本を10冊紹介しています。大切なことを教えてくれる本、切なくて泣ける、楽しくなる、想像で読む絵本です。...
大人におすすめの絵本
【大人におすすめ絵本】ほっこりと学べて癒される大人向け絵本特集 プレゼントにも!大人におすすめ絵本を厳選して紹介しています。学べる絵本、幸せな気分になれる癒しの絵本、切ない絵本、教科書の名作など、プレゼントにもおすすめです。...
本と言葉にまつわる小説と絵本
【本好きにオススメ】「本」 と 「ことば」 にまつわる小説&絵本本好きにオススメの「本」と「ことば」 にまつわる小説や絵本を厳選しました。『なかなか暮れない夏の夕暮れ』『本を守ろうとする猫の話』『三月は深き紅の淵を』『熱帯』『囀る魚』『星の民のクリスマス』『真昼の夢』『あるかしら書店』『舟を編む』『図書館の魔女』『ことばのかたち』『言葉屋 言箱と言珠のひみつ』などを紹介しています。...
一気読み必須のおすすめ小説
面白くて一気読み!【徹夜本・おすすめ小説】ミステリー、SF、ホラー作品面白くて一気読み間違いなし、徹夜本オススメ小説&絵本を厳選しました。切なくて泣けるミステリー小説、アート小説、怖いけどクセになるホラー小説、大人にも読んでもらいたい学べる絵本などについて書いています。...