ミステリー・サスペンス

『がん消滅の罠 完全寛解の謎』岩木一麻 /【感想】がん消失事件の陰謀と衝撃の結末

ガンが消えた!?

岩木一麻さん『がん消滅の罠 完全寛解の謎』。本屋さんに行ったら山積みされていて、つい手に取ってしまった一冊でした。『救済のネオプラズム』を改題して加筆したのが本書です。『このミステリーがすごい!』大賞・大賞受賞作。

少しだけネタバレあります。

『がん消滅の罠 完全寛解の謎』あらすじ

治るはずのないガンが消えた!?

『がん消滅の罠』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
生命保険を受け取った直後にガンが消えた!? これは奇跡か、それとも陰謀なのか?

『がん消滅の罠 完全寛解の謎』感想

読み始めから話に引き込まれました。本作は、治るはずのないガンが消える!?という消失事件を軸に描かれています。

まさに医療本格ミステリー

作者である岩木さんは、国立がん研究センターに勤務されていた経歴をお持ちの方なんですね。専門分野であり、詳細に描かれていました。でも難しくはなくて全くの無知である私も理解ができました。

主人公・夏目は、がんセンターで働く医師。

友人であり研究者の羽島とともに謎の解明に挑みます。・・・発想がすごいんですよね。医学知識ゼロの私には、こういうことが実際に起こり得ることなのかよく分かりませんが、リアル感を伴いました。

本当にこんな事があったら、かなり怖い。最後に震えがきました。

ガンが消える!?

夏目が余命診断をした患者さんから、がんが綺麗さっぱり消えてしまいました。1人ならまだしも、4人続けてです。普通なら有り得ないことです。

完全寛解した患者さんは4人。それも4人とも保険に入っていて、お金を受けとった後に治っているんです。喜ばしいことですが、とても不可解ではありませんか。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
・・・これはあやしい。

どうも夏目の恩師でもあり湾岸医療センターの理事、西條先生が絡んでいるようです。

魂の救済

西條先生が医者をやめるときに言った言葉が印象的でした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
医師にはできなくて、医師でなければできなくて・・・?

なんだか頭がこんがらがりそうな言葉ですね。西條先生が医者をやめてでもやろうとしたこと。それは魂の救済なるものです。

彼が言うところの「魂の救済」とは?そして、そこに至るきっかけはなんだったのか?

面白かったんですが、1つ、西條先生と宇垣医師が目指すものが私には理解できませんでした。彼らはいったい何がしたかったんだろう?ちょっと謎が残ったままラストを迎えてしまったので、いまいちモヤモヤ感がぬぐえません。

でもそれをチャラにできるくらい、発想が素晴らしかったです。がんに精通している岩木さんだから書けた小説なのかなと思います。

・・・それにしても、これは救済ではない。本人はそのつもりでも、された側はたまったものじゃないです。

神であるかのような全能感

怖いなと思ったことがあります。

本書で描かれている陰謀も もちろん恐ろしいですが、それに取り憑かれた人間に怖さを感じました。

まるで神になったかのごとく全能感に支配され、弱いものをコントロールしようとする人間。支配する側とされる側です。

本書では、医師と患者として描かれていました。がんをコントロールする医師と、従わなければ命を脅かされる患者。その関係にゾッとします。私はたぶん患者側だから。

・・・そういえば前に、星新一さんの『声の網』を読んだ時にも似たような感覚に陥りました。

コンピュータと人間の関係が、本書のように描かれていました。支配されている側はそうとは知らず、ありがたがっていて・・・。ヒヤリとしたのを覚えています。

『声の網』星 新一【あらすじと感想】電話の秘密と支配された未来まるで誰かに見られているような・・・1970年に書かれたという『声の網』。星新一さんの小説です。インターネットが普及した情報社会の今読む...

ラスト1行の衝撃と思いもよらぬ結末

思いもよらない展開を迎えます。西條先生とあの人の関係が明かされる・・・。ラスト1行が衝撃でした。最後の最後にやられた!という感じです。

医療ミステリーって面白いですね!

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA