ほっこり

『きみへのおくりもの』刀根里衣 / 大好きな君へ送る絵本

幻想的な青の世界―。

刀根里衣さん『きみへのおくりもの』
キレイ・・・。文章も優しいけど、刀根さんの絵がとてもキレイです。ここで描かれているのは、青、蒼、碧。深く透きとおった「あお」の世界でした。

『きみへのおくりもの』あらすじ

大好きな君へ。

『きみへのおくりもの』
おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【あらすじ】
すれ違うクロとシロ。最後に大切なものは何かを知ります。心が温まる絵本。

『きみへのおくりもの』感想

お部屋にたてて飾っておきたくなってしまうくらいステキ!!な絵本。刀根さんが描く 「あお」 の世界が幻想的でした。

幻想的な深い青の世界

深い「あお」

幻想的な世界ですね。その絵に何度も魅入ってしまいました。淡かったり、濃かったり。この絵本、映像にしたら綺麗かも・・・。私は暗闇にひかる色が好きなんです。アニメ映画『銀河鉄道の夜』の影響なんですが。

「あお」とひとことで言っても、たくさんありますね。

青、蒼、碧・・・。
一般的に「青」というのは、水色や空色、紺色や藍色なども含めていうらしいです。そしてくすんだ青色が「蒼」。「碧」は青く澄んで見える石の意味があり、少し緑かかった色。その全てがこの絵本には描かれていて、ほんとうに綺麗なんです。

絵なのに深みがあり、湖の水は透きとおっていて、空は深い「あお」の中に星が輝いています。

そこにいる2匹の猫がまた可愛いんですよね。クロとシロ。すれ違う2匹ですが、クロの一生懸命さが伝わってきました。

キラキラを君に・・・

2匹のネコは星がきらめく夜に散歩に出ました。湖に浮かぶキラキラ光るもの。それをシロにプレゼントするためです。

キラキラ光るものってなんだろう?

彼は懸命にキラキラを探しますが、とれたものはどれも違いました。クロはシロにプレゼントをして、喜んでほしかったんです。・・・でも横にいる彼女は、なんだかちょっぴり寂しそうです。どうしてだろう?

シロが欲しいものは別にあったんですよね。私は彼女の気持ちが少しわかるかも。

たくさんのハートと愛

この絵本にはたくさんのハートが描かれていました。

葉っぱも貝殻も、くらげも、タコまでも。それが可愛くて。読んだ後に心が温まるのはそのハートの影響かな?刀根さんが描く愛を感じます。

シロがクロを想う気持ち。クロがシロを想う気持ち。そして、読者が大切な人を想う気持ち。

たくさんのハートがそれを示しているような気がして、心がホカホカになりました。

いつまでも一緒に

湖に浮かぶキラキラ。それがとれてもとれなくても、彼女はどうでも良かったんです。シロは本当のキラキラがある場所を知っていたから。

本当のキラキラ。

彼女が欲しかったものは・・・。この続きは、ぜひ絵本で (*^^*)

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA