SF・ファンタジー

『ダークゾーン』貴志祐介【あらすじと感想】シビアな将棋界と無間地獄

悪夢のバトルが今、幕をあける!

貴志祐介さん『ダークゾーン』感想。
過酷な将棋界を描いたサバイバルホラー小説です。読んでいるとゲームをやっているような感覚になりました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
生きるか死ぬか・・・。苛酷な世界です。

『ダークゾーン』あらすじ

生きるか死ぬか―。

『ダークゾーン』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
プロ棋士を目指す塚田は、ある時、目覚めると見知らぬ場所にいた。そこから悪夢のバトルが始まる!!

『ダークゾーン』感想

王将、飛車、角行、金将、銀将、桂馬、香車、歩兵・・・。小学生だったころ、父の影響で将棋を少しだけやったことがありました。桂馬や角、飛車の動きが面白くて他の駒よりも好きだった記憶があります。

相手の駒をとったり取られたり。 ・・・本格的にやっていたわけではありません。今はルールすらも忘れている状態です。この小説を読んでいて、そういえばと懐かしく思いました。

将棋の話をしましたが、本書はそれを元にしたゼロサムゲームが描かれていました。生きるか死ぬか―。『クリムゾンの迷宮』も過酷なゲームでしたがこちらも地獄のバトルです。

世にも奇妙な世界

世界観がすごい

世界観が半端なくすごい。貴志さんの本を読むと、決まって同じことを言ってしまいますが言わずにはいられないんです。「軍艦島」を舞台に繰り広げられる闘いはハラハラドキドキの展開でした。現実と仮想世界 (?) が交互に描かれています。

まず登場人物に面食らいました。
赤の王将 (キング)に、火蜥蜴 (サラマンドラ)、死の手 (リーサル・タッチ)、鬼土偶 (ゴーレム)、皮翼猿 (レムール)、一つ眼 (キュクロプス)・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ゴーレムと聞くとドラクエを連想してしまいます。

主人公の塚田 (赤の王将) を中心とした異形の17人の仲間たち。彼らはほとんど現実世界で顔見知りでした。でもここ「ダークゾーン」では モンスターのような姿になって、奥本率いる青の王将と戦います。

「ダークゾーン」とは何なのか。

上下巻で長編。私が読んだのは文章が2段組になっていて1冊にまとまったやつです。もともとゲーム好きな ひだまりさん。設定がその中に入りこんだようなものになっているからか面白く読めました。この小説は、ゲーム好きの人に向いているかもしれません。

地獄のゼロサムゲーム

第8局まで描かれている将棋を模したゼロサムゲーム。

・・・まさに殺し合いです。
主人公が死ぬシーンが何回かあるのですが、ちょっといたたまれません。でもまた目を覚ましてゲームが始まるんです。先に4勝した方が勝ちの「七番勝負」です。永遠に続くかのように感じる地獄。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
怖いけどやめられない。

将棋の駒がひっくり返って強くなるように、ゴーレムやレムール、サラマンドラなどもポイント制で昇格するのにはギョっとしました。完全にSFゲームの世界です。

ひつじくん。
ひつじくん。
その世界に浸れちゃうのが『ダークゾーン』の魅力だね。

将棋士とシビアな世界

主人公・塚田は三段。奨励会に在籍していた彼はプロを目指すも、もう後がない状況に追い込まれていきます。彼の心理状態などが細かに描かれていて、シビアだなぁと思わずにはいられません。年齢制限もあるし狭き門。

現実世界でも「ダークゾーン」でも、ひたすら休む間もなく戦い続ける主人公。極限状態です。少し荒んだ心の闇みたいのを感じました。でもそうまで自分を追い詰めても、叶わないこともある。現実って、ときに残酷です。

実は強力な「歩兵」

赤軍VS青軍

頭脳戦、心理戦、奇襲戦。その全てを戦略にして戦い抜きます。・・・これは将棋にも言えることなのでしょうね。だから面白いのかなと思いました。プロってすごいなと思います。

先ほど桂馬や角、飛車の動きが面白くて好きと書きました。・・・たくさん動けるし、強い駒という印象があります。でも貴志さんが書いた小説を読んで「歩」が、実はかなり強力な駒なのかなと知りました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
と金攻め、というのがあるんですね。

「と金」は「歩兵」がひっくり返って強くなったもの・・・だったような気がします。将棋の始めに真っ先に進める「歩」。1番使い捨て感が否めないコマですが、「と金攻め」という攻めがあるくらいだから侮れない。心なしか「歩兵」が少し好きになりました。

現実と仮想世界に続く無間地獄

最後の方にいくに連れて現実世界で起こったことが明るみに出てきます。彼にとっては現実も「ダークゾーン」も、どちらとも地獄なのかもしれません。犯してしまった罪を思うとこの結果はしょうがないのかな・・・と。

塚田の心理状態や夢に執着する描写を読んでいると「心の闇」が描かれているんだなと思いました。執着しすぎてドツボにハマってしまい抜け出せなくなる。無間地獄そのものですね。

こちらもオススメ

『クリムゾンの迷宮』貴志祐介【あらすじと感想】生き残りを賭けたゼロサムゲーム貴志祐介さん『クリムゾンの迷宮』のあらすじと感想です。少しだけネタバレもあります。過酷なゼロサムゲームはホラー感があってハラハラしました。ロールプレイングゲームをやっているかのような面白さもありました。...
【貴志祐介おすすめ小説】迷ったらコレを読むべき!間違いなく面白いホラー小説6選貴志祐介さんのホラー小説の中で特にオススメを厳選しました。怖すぎるサイコパスもの、切なくて泣ける小説、面白すぎた長編SFなどをご紹介。簡単なあらすじと感想も書いています。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

POSTED COMMENT

  1. 焼酎太郎 より:

    お疲れ様です。

    ああ、これ将棋だったのですか。
    これに似た「モンスターなんとか」という、
    モンスターがレベルアップしていくゲームがあったので、
    それを貴志さんやってたのかと思ってました。
    ファイアーエンブレムというゲームが流行ったころだったと思います。
    紋章の謎じゃなくてタクティクスという、SLGのほう。

    なんだったかなあ。
    ダークゾーンの話をひだまりさん。にしてから3日くらい考えてたけど
    思い出しません。

    黒い家も読んではりましたし、けっこう貴志さん、もう読み込みました?
    悪の教典は、どうするんです?

  2. ひだまりさん。 より:

    お疲れさまです(*^^)
    コメントありがとうございます!

    何でしょうね、「モンスターなんとか」って(*^^*)
    そういえば流行りましたよね、ファイアーエンブレム。
    私やってないんですが名前だけは知ってます。

    『ダークゾーン』、貴志さんらしからぬ物語ですが面白かったです(*´∀`)
    私もゲームの中に入ってしまったかのようで、ドキドキでした。
    将棋に詳しかったら、もう少し楽しめたかもしれません。

    ・・・実は今、まさに「悪の教典」読んでいるのですよ!
    まだ上巻の半分くらいですが、これまた面白いですね。
    映画とかも見ていなかったので、全く予備知識ナシで読んでいますが面白くてやめられなくなっています。
    貴志さんの本、制覇しちゃいそうです(*^^)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA