SF・ファンタジー

『ダークゾーン』あらすじ・ネタバレ感想文|シビアな将棋界|貴志祐介

この記事に書かれていること
  • 貴志祐介さん『ダークゾーン』あらすじと感想文
  • 将棋について
  • 世にも奇妙な世界
  • 地獄のゼロサムゲーム
  • 将棋士とシビアな世界
  • 強力な「歩兵」
  • 無間地獄

少しだけネタバレあります

悪夢のバトルが今、幕をあける!

貴志祐介さんの小説『ダークゾーン』感想です。過酷な将棋界を描いたサバイバルホラー小説。ゲームをやっているような感覚になりました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
生きるか死ぬか・・・。苛酷な世界だ。

『ダークゾーン』あらすじ・評価

生きるか死ぬか―

あらすじ

「戦え。戦い続けろ」プロ将棋棋士の卵・塚田は、赤い異形の戦士と化して、闇の中で目覚めた。突如、謎の廃墟で開始される青い軍団との闘い。敵として生き返る「駒」、戦果に応じた強力化など、奇妙なルールの下で続く七番勝負。頭脳戦、心理戦、そして奇襲戦。“軍艦島”で繰り広げられる地獄のバトル。

『ダークゾーン』ネタバレ感想文

王将、飛車、角行、金将、銀将、桂馬、香車、歩兵・・・。

小学生のころ、将棋を少しだけやったことがありました。桂馬や角、飛車の動きが面白くて他の駒よりも好きだった記憶があります。

相手の駒をとったり取られたり。本格的にやっていたわけではなくて、今はルールすらも忘れている状態だけど。

『ダークゾーン』は、将棋を元にしたゼロサムゲームが描かれていました。生きるか死ぬか―。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
『クリムゾンの迷宮』も過酷なゲームだったけど、こちらも地獄のバトル。

世にも奇妙な世界

世界観が半端なくすごい。「軍艦島」を舞台に繰り広げられる闘いはハラハラドキドキの展開でした。現実と仮想世界(?)が交互に描かれています。

登場人物が面白い

赤の王将(キング)、火蜥蜴(サラマンドラ)、死の手(リーサル・タッチ)、鬼土偶(ゴーレム)、皮翼猿(レムール)、一つ眼(キュクロプス)・・・。

ひつじくん。
ひつじくん。
ゴーレムと聞くとドラクエを連想しちゃう。

主人公の塚田(赤の王将)を中心とした異形の17人の仲間たち。現実世界で顔見知りでした。でもここ「ダークゾーン」ではモンスターのような姿になって、奥本率いる青の王将と戦います。

「ダークゾーン」とは何なのか。

上下巻で長編。もともとゲーム好きなので面白く読めました。この小説はゲーム好きの人に向いているかもしれませんね。

地獄のゼロサムゲーム

将棋を模したゼロサムゲーム。

まさに殺し合いです。主人公が死ぬシーンが何回かあって、いたたまれない・・・。先に4勝した方が勝ちの「七番勝負」でした。永遠に続くかのように感じる地獄。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
怖いけどやめられない。

将棋の駒がひっくり返って強くなるように、ゴーレムやレムール、サラマンドラなどもポイント制で昇格するのにはギョっとしました。完全にSFゲームの世界です。

ひつじくん。
ひつじくん。
世界に浸れちゃうのが『ダークゾーン』の魅力。

将棋士とシビアな世界

主人公・塚田は三段。奨励会に在籍していた彼はプロを目指すも、後がない状況に追い込まれていきます。彼の心理状態が細かに描かれていてシビアでした。

現実世界でも「ダークゾーン」でも、ひたすら休む間もなく戦い続ける極限状態の塚田。

荒んだ心の闇を感じました。自分を追いつめても叶わないこともある。現実って、ときに残酷です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
将棋界は年齢制限もあるし、狭き門だね。

実は強力な「歩兵」

赤軍vs青軍

頭脳戦、心理戦、奇襲戦。全てを戦略にして戦い抜きます。

これは将棋にも言えることなのでしょうね。だから面白いのかな。プロってすごいです。

先ほど桂馬や角、飛車の動きが面白くて好きと書きました。たくさん動けるし、強い駒という印象があります。でも「歩」が、実はかなり強力な駒。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
と金攻め、というのがあるんだね。

「と金」は「歩兵」がひっくり返って強くなったもの・・・だったような気がします。

将棋の始めに真っ先に進める「歩」。1番使い捨て感が否めないコマだけど、「と金攻め」という攻めがあるくらいだから侮れないです。

現実と仮想世界に続く無間地獄

最後の方にいくに連れて現実世界で起こったことが明るみに出てきました。

彼にとっては現実も「ダークゾーン」も、どちらとも地獄なのかもしれません。犯してしまった罪を思うとこの結果はしょうがないのかな・・・と。

塚田の心理状態や夢に執着する描写を読んでいると「心の闇」を感じました。執着しすぎてドツボにハマってしまい抜け出せなくなる。

ひつじくん。
ひつじくん。
無間地獄そのものだ。
Audible

Amazonが運営するオーディオブック「Audible」なら、12万以上の作品が聴き放題!

  • プロの朗読だから聴きやすい
  • Audibleでしか聴けないポッドキャストが聴き放題
  • 12万以上の作品が聴き放題
  • 30日間の無料トライアルあり(月額1,500円、期間中に解約すれば無料)

特典を詳しくみる

Audible公式サイト

『クリムゾンの迷宮』あらすじ・ネタバレ感想文|生き残りを賭けたゼロサムゲーム|貴志祐介貴志祐介さん『クリムゾンの迷宮』のあらすじと感想です。少しだけネタバレもあります。過酷なゼロサムゲームはホラー感があってハラハラしました。ロールプレイングゲームをやっているかのような面白さもありました。...
『悪の教典』あらすじ・ネタバレ感想文|背筋まで凍りつくサイコパスの恐怖|貴志祐介貴志祐介さんの小説『悪の教典 上下』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。もしも学校の先生がサイコパスだったら、弱肉強食の世界、『悪の教典』の面白さ、フギンとムニンについて書いています。...
【貴志祐介おすすめ小説】迷ったらコレを読むべき!間違いなく面白いホラー小説6選貴志祐介さんのホラー小説の中で特にオススメを厳選しました。怖すぎるサイコパスもの、切なくて泣ける小説、面白すぎた長編SFなどをご紹介。簡単なあらすじと感想も書いています。...

もっと見てみる

こちらは読んだ?