学び

『いのちの ふね』鈴木まもる【絵本のあらすじと感想】つながる命

つながる命。

鈴木まもるさん『いのちの ふね』
人は生きて、やがて死んでいく。悲しいことだけど、いつか私にもそんな時が訪れます。今日レビューとともに紹介するのは、鈴木さんの絵本『いのちの ふね』です。「生」と「死」がふわりと優しい言葉で描かれていました。

『いのちの ふね』あらすじ

大切な人を亡くした時に読みたい絵本

『いのちの ふね』
おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【あらすじ】
命は失われてもつながっている。大切な人を亡くしたときに読みたい絵本。

『いのちの ふね』感想

死んでからのこと、残された人たちのこと、そして新たな「いのち」。この先、大切な人を亡くすかもしれません。その時に改めてもう一度 読みたいなと思いました。

とりの ふね

死んだ者たちを迎えに来る「いのちの ふね」。鳥の形をしていて、それは夜があける少し前に空からやってきます。

亡くなった者が乗る舟なんですね。何だかイラストが可愛くて。どこへ連れて行ってくれるんだろう? とワクワクしました。人だけではなく犬も猫もキリンやゾウもいます。

鳥の舟は たくさん乗せたあと、大きな雲の中へと入っていきます。そして着いたところは「雲の世界」でした。

雲の世界

死後の世界

人は死んだらどこに行くんだろう。

ここで描かれている「雲の世界」は「死後の世界」です。鈴木さんの描くところは、みんな楽しそうでした。好きなことをして過ごして若返っていく。本当にこんな世界があったらいいのに。

そして命の繋がりが描かれています。前に読んだ『ちいさなちいさな王様』を思い出しました。

『ちいさなちいさな王様』アクセル・ハッケ【あらすじと感想】王様が教えてくれたこと『ちいさなちいさな王様』 アクセル・ハッケ (作)ミヒャエル・ゾーヴァ (絵) 人差し指サイズの小さな王様が、僕の前に現れた...

王様はだんだん若返っていくんです。死んだら星になって、王様として生まれ変わる。

『いのちの ふね』もそうです。
雲の世界で過ごすうちに、あかちゃんになって、また地上に新たな命が誕生します。命はめぐり、つながっていく―。この世界はもしかしたらそんな風に成り立っているのかもしれません。そう考えたら心が穏やかな気持ちになりました。

命のつながり

鈴木さんは、空を飛ぶ鳥や、鳥の巣、空に浮かぶ雲を見るのが好きなんだそうです。その理由として「きっと、この絵本を描きたかったから」と書かれていました。その言葉を聞くと、なぜ「いのちの ふね」が鳥の形をしていて「死後の世界」が雲なのかわかるような気がします。

亡くなった人を想う時、空を見上げます。空にその人がいるような気がするから。もしかしたら雲の世界で楽しい時を過ごしているのかもしれません。

そして、空から赤ちゃんを運ぶのはコウノトリ。楽しい時を過ごして若返った人たちを運ぶのは、鳥の形をした舟と鳥たちです。・・・そう思うと、鳥の舟も雲の世界もしっくりきます。命ってつながっているんだなと。

残されたもの

もし大切な人が亡くなったら、残された者は何をより所として生きていけば良いのでしょうか?

思わず胸を打たれた言葉があります。

雲の住人からの、生きている人たちへのメッセージです。亡くなった人の声はもう聞けないから、想像するしかないのだけど。でも救われる思いがしました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
冒頭で大切な人を亡くした時に読みたい絵本と書きましたが、その理由がこの言葉なんです。

残された者は、辛くても生きていかねばなりません。この絵本に書かれているメッセージは、そんな人たちの心を優しく包み込んでくれるんじゃないでしょうか。

『いのちの ふね』は 癒しの絵本

素敵な物語でした。
ふわふわのイラストも可愛くて、時間がゆっくり流れているような感じで癒される。何よりも雲の住人たちがみんな楽しそうで。いつもながらに休日が恋しくなります。私も時間を気にせず、めーいっぱい好きなことをしたい!!・・・と願う今日このごろです。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA