ふしぎな世界

『どこでもない場所』(絵本)セーラ・L・トムソン&ロブ・ゴンサルヴェス

セーラ・L・トムソン (文)
ロブ・ゴンサルヴェス (絵)

絵本『どこでもない場所』
前に読んだ『終わらない夜』が素晴らしかったので、こちらも気になり図書館で借りてきました。『終わらない夜』『真昼の夢』に続く、セーラ・L・トムソンさん&ロブ・ゴンサルヴェスさんの3作目です。

『どこでもない場所』あらすじ

不思議な世界へ、ようこそ。

『どこでもない場所』
おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【あらすじ】
ロブ・ゴンサルヴェスが描く、ここでも、あそこでもない奇妙な世界。

『どこでもない場所』感想

1作目『終わらない夜』を見て、鳥肌がたった、ひだまりさん。2冊目ともなると少し慣れてきたのかな。楽しく読めました。今回はヒヤリとはしなかったけど、やっぱり不思議な世界観でした。まずは絵本の中から、特に私が気に入った2枚を紹介したいと思います。

渡った先にあるものは?

川を渡っていたら、いつのまにか空の上になって・・・。この1枚を見た時に、ルパン三世の『カリオストロの城』を連想しました。確かこんな感じのお城でしたよね?

絵を見ていると、私も川を渡っているところを想像してしまいます。その先は大きなお城へと続いているんです。

過ぎゆく時間と空間

なんとなく哀愁ただよう1枚。時計の、カチ、カチ・・・という音が聞こえてきそうです。空間が夕闇にとけていて、不思議な雰囲気を感じますね。

つい窓の外の景色を眺めてしまいました。外の景色は一瞬です。刻刻と変わってゆくんだよなぁと、当たり前のことを思いました。

幻想的な2つの世界

タイトルのとおり、まさに「どこでもない場所」でした。

2つの世界が1つにくっついたかのような幻想的な世界。それを眺めていると、本当にどこかにこんな世界が存在するのではないかという不思議な気持ちになります。この感覚は全ての絵に共通します。

『終わらない夜』ほどヒヤリとはしませんでしたが、やはり絵に魅入ってしまいました。ほのぼのする・・・というよりは神秘的な感じで、温かさというよりも冷たさを感じます。ここでもない、あそこでもない不思議な場所。・・・夢にでてきそう。

ほんのひとときの旅

ほんのひとときですが、ロブ・ゴンサルヴェスさんのイラストを見ていると不思議な空間にいるかのような心地になりました。

想像するのが楽しい絵本。

休日に読んで、ほっとひと息。明日からもまた頑張ろう。

この絵本シリーズの4作目『夢にめざめる世界』。そちらも図書館に予約したので、そのうちまたレビューを書くかもしれません。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA