ホラー・オカルト

『ISOLA (イソラ) 十三番目の人格』貴志祐介【あらすじと感想】13番目の悪魔

この記事に書かれていること
  • 貴志祐介さんの小説『ISOLA (イソラ) 十三番目の人格』あらすじと感想
  • 13番目の悪魔
  • この小説が面白い理由
  • 多重人格少女・ISOLAの正体
  • 結末について

少しだけネタバレあります。

少女のなかには 13番目の悪魔がいる

貴志祐介さんの小説『ISOLA (イソラ) 十三番目の人格』感想です。貴志さんのデビュー作。『黒い家』『悪の教典』を読んだあとだったので、それほど怖くは感じませんでした。

デビュー作から順番に読んでいたら、こわっ!!となったかもしれません。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
オカルトよりのホラー小説です。

『ISOLA (イソラ) 十三番目の人格』あらすじ

背筋も凍る多重人格少女・イソラ

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
賀茂由香里は特殊な力、エンパスを持っていた。それは人の感情を読みとることができる能力だった。ある時、森谷千尋という少女に会う。彼女の中には複数の人格がいるようで・・・。

『ISOLA (イソラ) 十三番目の人格』感想

タイトルからも想像できるとおり、解離性同一性障害 (多重人格) を扱ったお話でした。

今まで読んだ本では 今邑彩さんの『ルームメイト』も多重人格障害を扱っていました。

最も有名なのは 24人の人格をもっていたビリー・ミリガンですね。1人の中に24人の人格・・・なんてビックリします。

13番目の悪魔

13番目のイソラ

貴志さんが描く物語は、ホラーとオカルトを兼ね備えていて面白い。高校生の森谷千尋は13人の人格を持つ多重人格障害でした。その中の1人、13番目に現れた人格こそが磯良 (イソラ) です。

主人格・千尋の他に、年齢も性別も様々な人格が存在しています。その中でもたまにしか出てこない謎な人格・イソラ。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
『悪魔の人格』・・・って聞いただけでも怖い。

主人公の由香里と臨床心理士の浩子は、千尋の人格を統合しようとカウンセラーを続けます。やがて千尋の周りで不可解な死が続き・・・。

絶対イソラが関係してる!!と思いながら読んでいました。

この小説が面白い理由

本書の面白いところは 多重人格だけには留まりません。それ以外にも興味深い要素が散りばめられています。

1つは、由香里の共感する能力、エンパス。相手の心から発散される感情の波動を感じる能力です。

テレパスとは違うようですね。小さい頃から特殊な能力に悩まされてきた由香里。人の心が読めてしまいます。千尋に宿る複数の人格を正確に把握することもできました。

ひつじくん。
ひつじくん。
彼女が恋に落ち、磯良と対面するシーンはハラハラしたよ。

イソラの人格も気になりつつも、心動かされたのは 由香里の人生や生き方です。可哀想になるくらいの悲惨な過去。彼女の気持ちに共感しながら読んでいました。

面白さの2つ目は、体外離脱。

ちょっぴりオカルト。私は経験ないですが、体外離脱 (幽体離脱?) って生死をさ迷っている時に起こるイメージです。ベッドに寝ている自分を上から見下ろすような・・・。

空を飛んで好きなところに行けるのは怖いけど興味があります。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
世界は不思議に満ちているから こういうこともありえるのかな。

ぶっ飛んだお話でしたが、その世界にのめり込んでしまいました。

多重人格少女・ISOLAの正体は?

物語のキーマンであるISOLA。彼女の正体が後半で明らかになります。

ひつじくん。
ひつじくん。
イソラって、雨月物語にでてくる磯良?

『雨月物語』は読んだことなくて、この小説で初めて知りました。その中に磯良という女がでてくるようです。生霊となって女を殺し死霊となって夫を祟り殺す女。

千尋に宿った13人目は、アルファベットで ISOLA と名乗ります。

綴りは ISORA ではなく ISOLA。

最後までよんで「そうか、そんな意味があったんだ」とスッキリしました。・・・でもこんな人格がいたら恐ろしいです。その前に多重人格もイヤだけど。

ビリー・ミリガンのように、別人格が実際に犯罪を犯してしまうこともあるんですよね。人の心って繊細で複雑。不思議に満ちています。

ゾッとする結末

結末に貴志さんらしさを感じました。

ただでは終わらないんですね。最後が1番ゾッとします。バッドエンドですが、ニヤリともしてしまいました。(私って性格わるい?)

ひだまりさん。
ひだまりさん。
貴志さんのホラー感は デビュー作にも健在。

由香里の恋の行方は切なかったです。彼女には幸せになってほしい。エンパスをもつ由香里のこれからを、続編があれば読みたいです。

こちらもオススメ

貴志祐介『悪の教典 上下』あらすじと感想/背筋まで凍りつくサイコパスの恐怖貴志祐介さんの小説『悪の教典 上下』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。もしも学校の先生がサイコパスだったら、弱肉強食の世界、『悪の教典』の面白さ、フギンとムニンについて書いています。...
貴志祐介『新世界より 上』あらすじと感想 / 消えゆく子供たち貴志祐介さん『新世界より』上巻のあらすじと感想です。世界観がすごくて、かなり面白かったです。おすすめのSFホラー小説。最後までドキドキ・ハラハラの展開でした。...
【貴志祐介おすすめ小説】迷ったらコレを読むべき!間違いなく面白いホラー小説6選貴志祐介さんのホラー小説の中で特にオススメを厳選しました。怖すぎるサイコパスもの、切なくて泣ける小説、面白すぎた長編SFなどをご紹介。簡単なあらすじと感想も書いています。...

もっと見てみる

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA