経済・警察小説

『社長室の冬』堂場瞬一【あらすじと感想】巨大新聞社の崩壊とメディアの再生、結末は・・・

新聞社が、まさかの身売り!?

堂場瞬一さん『社長室の冬』
実は、『警察回りの夏』『蛮政の秋』に続く「メディア三部作」完結編・・・なんですね。前2作をすっ飛ばして読んでしまいました。

だからかな。なかなか登場人物に感情移入ができなかったです。そしてスッキリしない。日本新報がどうなるのか気になり一気に読みましたが、結末はイマイチでした。

『社長室の冬』あらすじ

危機を回避するため、大手新聞社が行き着いた結末とは!?

『社長室の冬』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
日本新報の記者・南康祐が異動させられた先は、なんと社長室だった!? 危機を回避するため、大手新聞社が下した決断とは―。

『社長室の冬』感想

なかなか興味深いテーマでした。巨大新聞社の崩壊とメディアの再生。インターネットが主流になった今、メディアはどうなっていくのか。時代の流れは、もうしょうがないです。流れに沿っていかないと生き残れない。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
寂しいですけどね。シビアだなと思います。

インターネットが普及した今

1番興味深かったのは時代とともに変化していくものについてです。

SNSが主流になって変わっていくもの。

いろいろありますよね。ひだまりさん。が働いているアパレル業界もかなり厳しいです。通販などでも手軽にモノが買えるし、服が売りづらい時代。でも店頭でしかできないサービスもあると信じて頑張っています。

それから電子書籍がでてきたりで、紙の本も買う人が減少しているのかな。私は紙の本が好きなんですけど。便利になっていく一方で、慣れ親しんだものが消えていく。ちょっと寂しいなと思います。『社長室の冬』では、それが紙の新聞なんですよね。

新聞社、身売り!?

かつて日本新報の記者だった南は、誤報を流し社長室にて勤務していました。(たぶん前2作はそのことを書いた小説なのかなと思います) 新たに社長になった新里とともに南が進めていた話。

新聞社、身売り!?です。

同じ題号で発行し続けるため、会社存続のために出した苦肉の策でした。

買収しようとしているのは、外資系IT企業・AMCという会社です。そして中心となっている人物は、もと日本新報の記者だったAMC日本法人社長、青井でした。

身売りを進める南や新里社長に対して、反対派とのやりとりは胸が痛くなるほどでした。

これはどちらも苦しい立場です。会社がつぶれるかもしれない。買収されたとしても、大掛かりなリストラになるかもしれない。・・・そんな気持ちになる社員の気持ちも理解できるから。

やめていく記者たちもいました。「新聞社にとっては、人材こそ財産だ」・・・というのに、その人材もやめていく。全てが悪循環になっているような気がします。

新聞紙とネットニュース

買収のためAMCが出した条件は、過酷なものでした。

まさかの、新聞紙の発行停止!!です。新聞社なのに・・・。

今は簡単にネットでニュースが見れてしまいますね。

紙の新聞というのは、だんだん発行部数が落ちている。仕方がないのかなと思います。そう思うひだまりさん。は、新聞はとってないんです。やっぱりメディアはネットに頼ってしまいがちです。

でもたまに実家に帰ると新聞があって、パラパラめくったりする。ネットは自分の興味がある記事しかクリックしないけど、新聞だと活字がとびこんでくるから、興味がなくてもつい読んでしまいます。やっぱりそれぞれの良さっていうのがあるんですよね。

条件どおり廃止して、身売りをするのか。

日新美術館、長澤が猛反対します。彼がまた曲者で、政治家からの圧力もかかる。圧力の矛先は・・・、外資系IT企業・AMCでした。

AMC・青井 VS 政治家・三池

外資系IT企業・AMCは、名誉毀損で訴えられます。

日本新報の身売りをなんとしても阻止したい長澤と政治家・三池の陰謀です。買収話をすすめる青井がちょっとカッコイイんですよね。この小説で唯一、好きだなと思える人物でした。

青井 VS 三池。
民主主義を守るための戦いです。実はこの小説ドラマ化されました、WOWOWで。主演は三上博史さんです。

小説の主人公は日本新報の南ですが、ドラマでは三上さん演じる青井の視点で描かれていました。

青井は、アメリカの大統領トランプ氏をイメージしているらしいです。

南の記者魂

結末はちょっと肩すかしでした。途中は面白かったのに・・・。でも主人公、南の記者魂が伺えました。

会社が危ないと悟りやめていく同期がいる中で、南はそれでも会社に留まるんです。そして社長室から、記者の仕事に戻してもらえるように社長に直談判する。なんとなく好きになれない男でしたが、見直しました。

前に読んだ『しんがり 山一證券 最後の12人』を思い出します。

破綻した山一證券についてインタビューをもとに書かれた実話。そこで描かれている人たちも、最後まで会社に留まるんですよね。内容は全然ちがいますが、仕事に対する情熱を感じました。

『しんがり 山一證券 最後の12人』清武英利【あらすじと感想】場末社員の聖戦と結末清武英利さんの小説『しんがり 山一證券 最後の12人』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。WOWOWドラマ原作小説。場末のしんがりたち、「とばし」と「三菱重工業CB事件」嘉本さんの憤りと言葉について書いています。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA