ミステリー・サスペンス

『プラージュ』誉田哲也【あらすじと感想】ワケありたちの過酷な現実と優しい結末

罰があるのは、ゆるす前提があるから―。

誉田哲也さん『プラージュ』訳ありばかりのシェアハウス
誉田さんの本は久々に読みました。何年かぶり?『ストロベリーナイト』の姫川シリーズ、ジウシリーズは全部ではないですが読んだことがあって。何年か前に読んだ時は、グロい描写が苦手で敬遠していたのですが、これは良い物語だなと思いました。

星野源さん主演でWOWOWドラマ化になりました。

『プラージュ』あらすじ

あるシェアハウスに住む、厄介者たちの物語

『プラージュ』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
たった一度の過ちから、全てを失った貴生。やっとの思いで見つけたシェアハウスで暮らし始めるが・・・。

『プラージュ』感想

とても良い物語なんじゃないでしょうか。最後は泣けてきました。

サクサクと読める小説

この小説は、前科持ちがシェアハウスで生活して、自分の罪と現実に向き合うお話です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
重い内容のようで軽く、サクサクと読むことができる!

・・・いや、決して軽くはないか。それなりに社会に出ることの大変さなども描かれていますし。ただこういうテーマって、東野圭吾さんの方が得意だよな・・・と少し思ってしまいます。

この小説を読んで思い浮かべたのが、東野さんの『手紙』です。

犯罪者の家族が描かれているやつ。そちらが逸品だったので、申し訳ないのですが少し物足りなさを感じました。でも誉田さんの『プラージュ』は、最後がとてもよかったです。そして重いテーマなのにサクサク読めたのは、シェアハウスで生活する人たちの家族のような温かさを感じたから。

訳ありばかりのシェアハウス

魔がさして覚醒剤に手を出した主人公の貴生。

・・・バカだなぁと思います。たった1回の過ちで前科がついてしまうのだから、シャレになりません。そして元受刑者を受け入れているシェアハウスで暮らすことになります。

シェアハウスって楽しそうですが、私にはムリだなと思います。長澤まさみさんのドラマ「ラストフレンズ」でもありましたね。ここで描かれているのは、前科者たちが一つ屋根の下で暮らすお家。シェアハウス「プラージュ」、この本のタイトルにもなっています。

フランス語で「海辺」という意味らしいですね。海と陸の境界。1階はカフェで、2階が居住空間。そして各部屋にはドアがない。

本を読んでいると楽しい情景が伝わってきて、なんとなく読み手も心地よくなってしまう。部屋にドアがないなんてイヤだ・・・と思いますが、そこには経営者である潤子の元受刑者へのある想いがあったんですよね。最後の方で明らかになりますが、心が温かくなりました。

記者とAは誰?

一つ屋根の下で暮らすうちに、登場人物たちの罪がひとりひとり明らかになっていきます。覚醒剤、殺人・・・。彼らはどんな過去を持っているのかと気になります。

【店主と住人たち】
  • 潤子 (プラージュの店主)
  • 貴生 (主人公、覚醒剤の前科)
  • 通彦
  • 友樹
  • 美羽
  • 紫織
  • (記者とA)

潤子を含め、プラージュの住人は7人。様々な登場人物の視点で進んでいくのですが、その中に描かれている「記者」の視点が気になりました。

ある事件で有罪となり二審で無罪となった「A」と、その事件を追っている「記者」が、実はシェアハウスの中にいるんですよね。「記者」は名前を偽り、無罪になった「A」の罪を暴こうとハウスに潜入する。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
だれが「記者」?「A」は本当に無罪?

これらの謎は最後に明かされます。あの人?・・・と、うっすら想像はついていたのですが、それよりも「記者」の告白にびっくりしました。この2人の人物当てに注目すると、疑惑を持ちながらも面白く読めます。時間枠が少しだけズレていたりするので混乱しますが・・・。

過酷な現実と社会のあり方

この小説では罪を償った元受刑者の過酷な現実が描かれています。こちらがテーマとも言える本筋。

覚醒剤使用で逮捕された貴生は、就職先を探すも、ことごとく失敗。魔がさしただけ・・・と言っても社会の風当たりは相当に厳しいです。そして何かあると前科持ちというだけで真っ先に疑われる。とてもイヤな気分。

前科というのは一生ついて回ります。そんな経験がないひだまりさん。は、それを想像することしかできないのだけれど。

本書を読んで思ったことは一つ。
人さまに迷惑がかかる罪は犯さずに生きていこうと。・・・誰しも思うことだと思いますが (^^;

もう一つ、印象に残ったことがあります。

大切な娘を殺された伸介おじいちゃん。死刑は賛成でも反対でもどちらでもないけど、犯人の両腕を切り落としてしまえば重犯罪は行えないと語る、伸介さんの考えが斬新でした。罪を赦す社会のあり方を語っています。

罪を償った人が真面目に生きるなら、社会は無条件に受け入れるべき。

たとえ殺人を犯していたとしても。・・・でもこれはどうだろう。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
理想としてはそうありたいけど、気持ち的には なかなか難しい・・・。

真面目に更生するのは良いことだけど、正直、殺人を犯した人の側には近寄りたくないと思ってしまう・・・。

このあたりのことは、東野さんの『手紙』の方が共感できました。現実や社会が厳しいのは、それもひっくるめてその人の犯した罪なんだから、しょうがないと思うのです。・・・ただ再犯率を考えるなら、受け入れる社会の方がそれは下がるかもしれませんね。

優しい結末

結末がステキです。仲間っていいなと思ったり、シェアハウス、ムリだと思う一方で、短期間だったら住んでみたいかもと思ったり。このラストのおかげで、良い物語を読んだという気になりました。

優しさを感じて涙がぽろり。登場人物に感情移入しながら読んでいたので、ホッとしたのかもしれません。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA