SF・ファンタジー

『クリス・クロス 混沌の魔王』高畑京一郎【あらすじと感想】バーチャルリアリティの恐怖

バーチャルリアリティの恐怖。

高畑京一郎さん『クリス・クロス 混沌の魔王』
面白かった (*^^*) ドラクエのようなRPGゲームをしているような感覚になれる本でした。VR (バーチャルリアリティ) の世界。これは、ロールプレイングゲーム好きな人におすすめの1冊です。

『クリス・クロス 混沌の魔王』あらすじ

驚愕の仮想現実世界―

『クリス・クロス 混沌の魔王』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
仮想現実型RPGの世界で、奮闘する未来小節。日本が作り上げたバーチャルリアリティ・ゲーム 「ギガント」 。その世界に入った主人公は、リアルなゲームの世界を堪能する。でも彼らを待っていたのは、恐ろしい恐怖の世界だった・・・。

『クリス・クロス 混沌の魔王』感想

ここまでゲームの世界観を味わえる小説・・・というのを初めてよみました。面白いものですね。私が好きなドラクエのノベライズも、そのうち読んでみようかな。

仮想現実型RPG「ダンジョントライアル」の世界

小説なのに、まるでゲームをやっている感覚。最初から最後まで、ほとんどゲームの世界です。

モンスターもたくさん出てきて、倒しながらダンジョンを歩き回っている感覚になります。経験値をためたり、宝箱を開けたり、治癒薬を集めたり、最強の武器・防具を装備したり・・・。

とても楽しく読めました。
日本が総力を結集して造り上げたスーパーコンピュータ 「ギガント」 。256人の同時プレイが可能な仮想現実型RPG「ダンジョントライアル」の世界です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
自分が体験できるオンラインゲームのような感じ?バーチャルリアリティが進化したら、ここで描かれているものも夢でなくなるかもしれませんね。

ゲームのストーリーは至ってシンプルです。迷宮の奥にひそむ魔王、ギガントを倒す。でも倒すためには、経験値を積んで、パーティ編成をして、武器も手に入れて、迷宮の奥までたどり着かねばなりません。私が大好きなドラクエやファイナルファンタジーの迷宮シーンを彷彿させます。

重要なパーティ編成

ゲームを始める前に、プレイヤーは職業を選ばねばなりません。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
戦士に魔法使い、僧侶、盗賊。私だったら盗賊かな。・・・なんか素早そうだし。

本書の主人公、ゲイルも盗賊でした。でも1人ではクリアできません。そこで重要なのが仲間を見つけてパーティを組むこと。途中で、リリス (女戦士)、シェイン (男戦士)、ユート (男魔法使い)、ケイン (男戦士)、ミナ (女魔法使い) が仲間になります。

戦士3人、魔法使い2人、盗賊1人。

なんだか偏ってる気が・・・。回復役の僧侶がほしいところですね。

ドラゴンクエストをやっていた ひだまりさん。は、とても読みやすさを感じました。確かドラクエ3でも1番最初に職業を選びます。ひだまりさん。は、魔法使いと僧侶を必ず入れていました。後にダーマ神殿で転職ができるんですけどね。この小説でも転職ができるんです!上級職に (*^^*)

仮想世界のはずが・・・

バーチャル、それともリアル?

こういう仮想世界を描いているものって、バーチャルかリアルか混乱したり、リアルに戻れなくなったり・・・という展開がつきものです。『クリス・クロス』でも、そんな展開になっていきます。

バーチャルリアリティゲームで死んだらゲーム・オーバー。

リアル世界に戻るはずが、そのまま倒れているプレイヤーが何人かいました。ゲームの世界から脱出できなくなってしまう・・・。これはかなり怖いことです。

魔王ギガントを倒せ!!

仮想世界のはずが、現実に戻れない。魔王ギガントを倒すまでは・・・。

突然ふってきた声は、このゲームを開発した江崎新一のものでした。

  • 彼がプレイヤーに望んだものとは?
  • ゲイルたちは魔王を倒せるのか?

ドキドキしながら一気に読んでしまいました。

リアルか、バーチャルか。

前に読んだ『クラインの壺』を思い出しました。

どちらが仮想か現実か、区別がつかなくなってしまうラストにゾッとしたものです。この小説も少し似通ったものがあります。特に最後の病室 (?) のシーン。現実だと思っていたら、仮想で・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
もしも、バーチャルリアリティのような現実世界に近い虚構が実現したら?

『クラインの壺』や本書で描かれているように、どっちがどっちだか区別がつかなくなってしまうかもしれません。退院してすぐに、柑橘系の香水を買ったゲイル。彼のきもちが少し理解できる。ラストの終わり方が余韻をのこし、良かったなと思います。

こちらもどうぞ。

『クラインの壺』岡嶋二人【あらすじと感想】仮想世界と現実あなたはもう、現実に戻れない岡嶋二人さん『クラインの壺』けっこう有名なので読んだことある方、多いのではないかと思います。映画にもなってい...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA