経済・警察小説

『真夏の雷管』佐々木譲【あらすじと感想】道警シリーズ8 真夏の爆破計画

この記事に書かれていること
  • 佐々木譲さんの小説『真夏の雷管』道警・大通警察署、あらすじと感想
  • 道警シリーズの魅力
  • 繋がっていく事件
  • JR北海道 データ改ざん事件
  • 迫り来るカウントダウン

少しだけネタバレあります

道警シリーズ第8弾

佐々木譲さんの小説『真夏の雷管』道警・大通警察署、感想です。楽しみにしていました、道警シリーズ。

『笑う警官』『警視庁から来た男』『警官の紋章』『巡査の休日』『密売人』『人質』『憂いなき街』に続き8冊目です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
このシリーズ大好きなんです。私の地元・札幌が舞台になっています。

『真夏の雷管』あらすじ

刻限に向けてチーム佐伯が走る!

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
札幌では様々な事件がおこる。それらが一本の線で繋がったとき、爆破計画が明らかになり・・・。道警シリーズ第8弾。

『真夏の雷管』感想

道警シリーズはキャラに味があるのが魅力。2時間枠のドラマにもなっています。でもドラマは全くキャラが生かされていないんです。それがとても残念。

ひつじくん。
ひつじくん。
ドラマは見ない方がいい、というか見なくていい。

道警シリーズの魅力

キャラが大好き。

佐伯さんをはじめ、生活安全課の小島百合、機動捜査隊の津久井卓、佐伯さんの相棒である新宮昌樹・・・。

シリーズを読むたびに 彼らに会えるのが楽しくてしょうがありません。地元の札幌が舞台になっているから 身近な地名がでてくるとニヤリとしてしまいます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
狸小路のジャズ・バー 「ブラックバード」。モデルのお店はあるのかな?

いつも気になるんですよね。

今回は2階の影の捜査会議室 (?) は使わなかったけど、「ブラック バード」 に集まるメンバーたちのシーンが何度かでてきました。恒例の場所です。

繋がっていく事件

真夏の札幌で 3つの事件が起こります。

園芸店での爆薬材料の窃盗、狸小路やホームセンターでの工具の万引き、消えた電気雷管。

窃盗は佐伯&新宮が、少年の万引きは小島百合が担当し捜査にのりだす。別々の事件のようで、最後には全てが繋がっていきました。推理の過程が面白いです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
いつ全てが繋がるのかワクワクする!!

展開はだいたい読めてしまうのですが、全てが一本の線で繋がったときは嬉しくなりました。

・・・それにしても、大輝くんの母親ありえない。こんな母はイヤだ。

JR北海道 データ改ざん事件

過去に起こった事件がでてきました。JR北海道によるデータ改ざん事件です。

2013年9月 北海道JR函館線で起きた脱線事故直後、レール幅の検査データを改ざんした疑い。それによって トカゲの尻尾切りが行われました。そして社長の自殺・・・。

当時は大きく報道されメディアにも叩かれましたね。どんな会社なんだ・・・、と恐ろしくなります。

慢性的な人手不足、予算不足・・・など同情する部分もありますが、安全を第一に考えてほしいし改ざんしちゃダメですよね。

ニュースを見ながら愕然とした記憶があります。実際にあった事件が描かれているからリアル感がありました。

ひつじくん。
ひつじくん。
だからこの本の表紙は線路の写真なのか。

なぜ線路? と、ひそかに気になっていたんですよね。

迫り来るカウントダウン、爆弾はどこに!?

タイトル『真夏の雷管』からも想像できるとおり、爆弾が仕掛けられます。

犯人は誰で、目的は何か? 爆弾はどこに仕掛けられているのか?

半分くらい読むと犯人は分かるのですが、結末がハラハラドキドキで面白かったです。

迫り来るカウントダウン。

ドキドキしました。ラストは佐伯さんや津久井、機動捜査隊の長正寺の覚悟が伝わってきました。

ひつじくん。
ひつじくん。
道警シリーズ、もう8冊目なのかぁ。感慨深いね。

1冊ずつ完結しているので どれから読んでも楽しめますが、やはり順番通りに読むのがオススメです。登場人物の関係や立場が少しずつ変化していくのも楽しめます。

今後も目が離せません。

こちらもオススメ

『憂いなき街』佐々木譲【あらすじと感想】道警シリーズ 津久井卓の葛藤と決断佐々木譲さんの小説『憂いなき街』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。道警シリーズ7。津久井の警官としての自分と 一人の男としての葛藤を描いたお話でした。...
裁判
『沈黙法廷』佐々木譲【あらすじと感想】彼女は淑女か悪女か―。真実と裁判の結末は・・・佐々木譲さんの小説『沈黙法廷』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。被告の人生、迷走する警察捜査、首都圏連続不審死事件、沈黙する被告と真意、彼女は有罪か無罪かについて書いています。...
『犬の掟』佐々木讓【あらすじと感想】撃つか、撃たれるか佐々木讓さんの警察小説『犬の掟』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。魅力的な相棒、緊迫の40時間、刑事はいつも危険と隣り合わせということについて書いています。悲しい結末でした。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA