切ない

『ちいさいおうち』(絵本) バージニア・リー・バートン / 変わりゆく風景と変わらないもの

バージニア・リー・バートン (文・絵)
石井桃子 (訳)

ここはもう、まちになってしまった・・・

ちょっぴり切なく、でも心がホカホカになりました。絵本『ちいさいおうち』です。

『ちいさいおうち』あらすじ

時とともに変化する風景。

『ちいさいおうち』
おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【あらすじ】
長閑な田舎町にたつ 「ちいさいおうち」。やがてお家の周りは賑やかになりました。でも 「ちいさいおうち」 は、静かな頃を懐かしく思うのでした。

『ちいさいおうち』感想

このお話の主人公は、人でも動物でもなく 「おうち」 なんです。のどかな田舎にたっている1軒の小さな家。イラストがとても可愛いです。

周りが都会に・・・

周りが変わっていく・・・。

最初の数ページはのどかな風景が描かれていて心温まるのですが、そのうちに 「ちいさいおうち」 の周りが都会になっていく・・・。主人公だけが変わらず、周りが賑やかになっていくイラストには違和感がありました。

ぽつんと一つ残された主人公が、なんだか可哀想になってきます。・・・ちょっと切ない。

変わりゆくもの、変わらぬもの

この絵本は、変わりゆくものと変わらぬものが描かれています。

変わるものは 「ちいさいおうち」 の周り。変わらないものは 「ちいさいおうち」 です。

・・・これも全て時代の流れというか、どうしようもないものがあります。新しいものが出来ることで便利になったりワクワクしたり。でもそのせいで なくなるものも確実にある。どちらが良いかは人それぞれです。

ひだまりさん。が好きなドラクエだってそうです。

私が小学生だった頃はファミコンが大流行で、あれから30年ほど (?) たちました。昔懐かしドット絵から、今はリアル映像になりました。大きなテレビでプレステをやるのも楽しいけど、ドット絵のゲームを見ると、なんだか懐かしくて良いよなぁ・・・と思う。

子どもの頃の思い出がたくさん詰まっているんですよね。

大切な思い出

なくなったものを懐かしむとき、モノと一緒に思い出の情景も浮かびます。「ちいさいおうち」 の周りは変わってしまって、ひなぎくの花や、りんごの木もなくなってしまいました。

懐かしい昔の風景。今は影も形もなくなってしまいました。主人公は、街になってしまったこの場所に住みにくさを感じているようです。

最後に・・・

この絵本では 街は嫌いなところとして描かれているけれど、田舎の良さ、街の良さはどちらも同じくらいあります。たぶん 「ちいさいおうち」 も最初から街に建っていたなら、そんなに嫌いにはならなかったのでしょうね。

結局、住みなれた場所が1番なのかな。
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら
こちらは読んだ?

POSTED COMMENT

  1. siro より:

    いつも楽しく読ませてもらっています。

    この絵本は私も幼い頃に読んだ記憶があります。
    イラストにも覚えがありました。
    子供心に何となくの寂しさを感じたものです。

    ところで、この作品をモチーフ(?)に書かれたのが中島京子氏の『小さいおうち』ですね。
    この作品は映画化もされ、第38回日本アカデミー賞で黒木華さんが最優秀助演女優賞を受賞されました。
    なかなかに良い本であり、映画でしたよ。

    このブログをお読み、思いだしました。
    ひだまりさん。の読書歴にも無かったようなので一言。
    もしかして既にご存知でしたらごめんなさい。

  2. ひだまりさん。 より:

    コメントありがとうございます (*^^*)

    siroさんは小さい頃に読んだことがあったんですね。
    私はこの歳になってはじめて読みました。
    ちょっぴり切なさがあとを引く絵本でした。

    この作品をモチーフに書かれたものがあるんですね!
    全く知りませんでした。
    しかも映画化までされていたなんて・・・。
    きっと、切なさと温かさのある映画なのでしょうね。
    ちょっと見てみたいかもです (*´`)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA