日々のこととブログについて

FC2ブログがSSL化!!サイトをhttps にした時に伴う作業について

常時SSLの備えはお早めに!

2018年12月 追記

当ブログ『ほんのたび。』は、2018年11月にFC2 (無料) からワードプレスに移転しました。こちらの記事は、2017年9月、FC2ブログだったころに行った内容になります。

ブログ引越しは大変だったけど、楽しかった件祝・ブログお引越し完了!! こんにちは、ひだまりさん。です。 FC2よりブログをお引越し。本日やっと当ブログ『ほんのたび。』を公...

明日から10月。常時SSL化 対応に追われているブロガーさんも多いのではないでしょうか?・・・という ひだまりさん。もそうです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ブログを http → https に変更しまして、過去記事を修正している最中です。

※やっと終わりました。

今日はブックレビューをお休みして、ひだまりさん。が SSL化して、やったことについて少しだけ書きたいと思います。これから考えている方の参考になればと。

※ひだまりさん。は HTML についての知識は ほぼゼロの素人ですので あくまでも参考までに・・・。

FC2ブログでは選択制

FC2でも とうとうAOSSL化に対応しました。

インフォメーションで9月中旬までには対応予定とあったので その通りになったわけです。選択制になっているのでするしないは自由ですが、いずれはした方がいいのかなと感じています。

その理由は Google がそれを推奨しているのと、閲覧者さまに安心してブログを見ていただくためです。

私がよく訪問するブログさま (素敵なテンプレートを提供している Akira さん) も詳しく書かれています。こちらはぜひ参考にしてみて下さい。

わかり易く書かれているのでとても参考になります。

AOSSL化ってした方が良いの?

Google が 2017年10月 (中旬ごろ?) にリリース予定の Chrome 62 より、HTTP接続で入力欄があるページすべてに 「保護されてない通信」 と警告を表示するようです。

この入力欄というのは、コメント欄や検索欄なども含まれるとか。だからFC2も9月中旬を目処にしていたのですよね。

そして https にしていないとサイト評価が低くなるかもしれません。ひだまりさん。のブログは、だいたい9割以上がGoogle や Yahoo などの検索サイトからの訪問者さまで占めているので気にしてしまいます。

それに閲覧者さまのことを考えると 「保護されてない」 より 「保護されている」 とされるブログの方が安心ですね。

https にして やったこと

・・・で、長々と前置きが続きましたが、実際に https に変更した時に伴う作業です。

やったこと
  • URLの正規化
  • Google サーチコンソール&Google アナリティクスにアドレス登録、変更
  • 内部リンクの修正
  • ヨメレバのリンク貼り替え

URLの正規化&登録

SSL化するのは簡単です。ボタンをポチッと押せば良いだけ。それに伴い まずやったこと。

① URLの正規化

今使わせて頂いている Akira さんのテンプレートの修正です。(この方のテンプレートは素晴らしくレスポンシブにも対応しているのでオススメです。なによりメンテナンスがしっかりしています。)

SSL化に伴い URLの正規化のために1部 HTML を修正した方が良いようです。

Akira さんの対応が素晴らしいくらい早くて助かりました。私の場合 テンプレートをカスタマイズしていたので、https に変更したら少しだけ崩れてしまいました。・・・ので、同じものを再度ダウンロード (Akiraさんによって修正済みのもの) しました。

② サチコさん (Google サーチコンソール) に新しいアドレスを登録 &Google アナリティクス にアドレス変更

Googleアナリティクスはすぐ変更できましたが、サチコさんには 新しくアドレスを登録し直さなければなりません。それが少し手こずりました。知識ないので調べながら、なんとか・・・。

記事の修正も忘れずに!

  • 内部リンクの修正
  • ヨメレバのリンク貼り替え

特にヨメレバのリンクを貼っている人、もしかしたらリンクの修正が必要かもしれません!混在コンテンツを避けるためです。

混在コンテンツをなくそう!

ひだまりさん。
ひだまりさん。
せっかく SSL化にしたのに、鍵マークがついていなかった!!

SSL化すると鍵マークが表示されます。でも、なぜか鍵マークがついてないページがありました。

ひつじくん。
ひつじくん。
これは混在コンテンツがあるということだね。せっかくSSL化したのに意味がない・・・。

調べてみるとヨメレバのリンクが原因だとわかりました。ひだまりさん。は、アフィリエイトで本の画像を貼り付けているのですが、その画像が http になっているようです。

・・・骨が折れるけど修正しなければいけません。ヨメレバ貼っている人、お気をつけあれ。

レスポンシブデザインのすすめ

常時SSL化について私のわかる範囲で書きましたが、ついでにもう一つ、レスポンシブデザインのテンプレートをおすすめします。(FC2では今メンテナンスをしっかりしてくれている Akira さんのテンプレートがオススメ)

ひだまりさん。
ひだまりさん。
レスポンシブデザインだとスマホ用とPC用のテンプレートが一つで済みます。しかも同じテンプレなので雰囲気も統一できる。

※レスポンシブデザインにしたら、スマホ版の表示設定は無効にしましょう。それでないと意味ないです。

これから Google は MFI (モバイルファーストインデックス) になるのは必須なので、PC用の画面よりもモバイル用の画面が評価される時代になっていきます。・・・だからスマホ用のテンプレートを充実させた方が良いということですね。

スマホ

ひだまりさん。のブログに訪問される方も約7割はモバイル端末からなので、これには確かに・・・と思うわけです。

これだけ閲覧者さまの環境が変わってきているので、Webで公開している以上は、それなりの環境に合わせていかなければいけないのかなと思います。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

POSTED COMMENT

  1. 焼酎太郎 より:

    おつです。

    まったく知りませんでした。いまだに???です。
    ② サチコさん (Google サーチコンソール) に新しいアドレスを登録 &Google アナリティクス にアドレス変更
    ってウェブマスターツールのことですか?
    弱ったなあ・・・どうしよう(´・ω・`)

  2. ひだまりさん。 より:

    おつです (*^^*)
    コメントありがとうございます m(_ _)m

    そうです、ウェブマスターツールです!
    そこにまた新しいURLを登録しました (*^o^*)
    数日するとデータが上がってきたので、大丈夫なハズ・・・です ^_^;
    サイトマップも新たに送信したのですが、こちらは未だに保留のままです。
    ・・・そのまま気長に待つことにします。

    あとhttpsにしたら、Googleにすでにインデックスされている記事はhttpと表示されたままなので、それをhttps表示にしてくれるように、URLの正規化をした方が良いみたいです。
    私はAkiraさんのテンプレートを使わせて頂いているのですが、Akiraさんがそのようにテンプレを修正してくれていて、そちらをまたダウンロードしました。
    少しずつですが、インデックスされている記事もhttpsとGoogleに表示されるようになってきました。

    よく分からないだけに、なかなか大変です (@_@。

  3. 焼酎太郎 より:

    さっそくのご返事ありがとうございます。

    私もひだまりさん。の書いてらっしゃることを参考にして
    新たにウエブマスターツールに新しく追加して
    サイトマップも送りましたが(いつものように保留笑)、
    無性に面倒くさくなってきました(´・ω・`)

    もうやめようかなあ

  4. ひだまりさん。 より:

    イエイエ、こちらこそありがとうございます。
    素早い対応、さすがです(*^o^*)

    私も過去記事の貼り替え、めんどくなってきました。
    ヨメレバのリンク・・・。
    でも鍵マークがつくと無性に嬉しくてニヤって微笑んでます (*´`)

  5. 焼酎太郎 より:

    外部サービスの貼替えが1記事ごとなのが
    「もうむかふーん!」状態でめんどうくさいので
    再びSSL無効に戻しました。

    なんかあんまりじゃありませんか?
    運営からの便利な提案がなければやめようと思います。

  6. ひだまりさん。 より:

    あらー (*_*)

    でも確かにめんどい・・・。
    どこかに一括で変えてくれるツールなんてないですかねー。
    そんな便利なもの、やっぱりないでしょうねー。

    SSLについて未だに公式発表がないのが謎です・・・。
    便利な提案 練ってくれてると良いのですが ^_^;

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA