絵本・児童文学

絵本『雪窓』安房直子【あらすじと感想】心も体も温まる 「おでん・雪窓」

この記事に書かれていること
  • 安房直子さんの絵本『雪窓』あらすじと感想
  • おでん・雪窓
  • 三角のぷるぷる
  • 雪女と親父さんの過去

三角のぷるぷる?

安房直子さんの絵本『雪窓』感想です。ほっこりしました。山本さんのイラストも安房さんの世界観とマッチしています。たぬきが可愛い。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
良いなぁ、安房直子さん。

絵本『雪窓』あらすじ

ちょっぴり切なく、心が温まる物語

本の評価

おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【あらすじ】
ある冬の晩に 屋台にきたお客が言いました。「三角のぷるぷるっとしたやつください。」おでん・雪窓には 今日もふしぎなお客がきます。

絵本『雪窓』感想

寒い季節に読みたい、心から温まる物語でした。

おでん・雪窓

タイトル 「雪窓」 というのは お店の名前です。山のふもとの村にある屋台『おでん・雪窓』

屋台で食べたことがないんですが、おでんが食べたくなってしまいました。 屋台に座ると四角い枠があって、窓みたいに見える。

安房直子さんの童話を初めて読んだのが『きつねの窓』でした。国語の教科書に載っていた、指で窓をつくる不思議な物語です。・・・窓つながり。

『きつねの窓』安房直子【教科書のあらすじと感想】桔梗の花と窓に映った愛安房直子さん『きつねの窓』あらすじと感想です。小学校の教科書に掲載されていた物語。絵本も出版されています。桔梗の花言葉「永遠の愛」についても書いています。...

「おでん・雪窓」 は はちまきをしたおじさんが1人でやっていてホッとひと息つける場所でした。ときたま不思議なお客がきます。

三角のぷるぷる

ある時、屋台にやって来た1匹のたぬき。

「三角のぷるぷるっとしたやつください。」

ひだまりさん。
ひだまりさん。
三角のぷるぷるって何?

・・・こんにゃくでした。ぷるぷるっとしてますね。タヌキさんが可愛くて。屋台を手伝うようになります。

屋台と聞くと

全く絵本に関係がないのですが、渡瀬恒彦さん主演のドラマ 十津川警部シリーズを連想しました。

警部と伊東四朗さん演じるカメさんが よく屋台でラーメンを食べていました。あのシーンが大好きで。おでんじゃないけど思い出してしまいました。

もしかして、雪女?

狸が手伝うようになって、屋台にはまた不思議なお客がきます。

警戒するたぬき。雪女ではないのか?それに対しておやじさんは、あれは美代だと・・・。

美代。おやじさんの亡くなった娘さんです。

切なく響く、親父さんの過去

ほっこりと癒される絵本ですが、親父さんの過去が書かれているところは切なくなります。

熱を出した美代ちゃんをおぶって峠をこえた親父さん。お医者さんのところに着いたとき、美代ちゃんは冷たくなっていました。

切なくて胸が張りさけそうになりました。娘を助けられなかったことが、今でも親父さんの心の中に引っかかっているのですね。

安房さんが描く不思議

ラストは不思議なことがおこります。美代ちゃん (それとも雪女?) が屋台に来たときから、安房さんの不思議な世界に入り込んでいました。素敵なお話。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ずっと娘を想い続けたおやじさんの気持ちが、空の上にいる美代ちゃんに届いたんだろうな。

美代ちゃんはもういないけど、親父さんの心には素敵な思い出が一つ増えました。

この絵本を読んだら 間違いなくおでんが食べたくなってしまう。「三角のぷるぷる」 も。

こちらもオススメ

絵本『ひめねずみとガラスのストーブ』安房直子 / 大人には行けない世界安房直子さんの絵本『ひめねずみとガラスのストーブ』あらすじと感想です。閉じてしまった扉、ガラスのストーブ、大人になるということ、憧れの不思議な世界について書いています。...
『ハンカチの上の花畑』安房直子【あらすじと感想】小人の世界と魔法のハンカチ/作者が伝えたかったこと安房直子さん『ハンカチの上の花畑』あらすじと感想です。つぼの中の住人と約束、シルバニアファミリーを連想したこと、小人の世界、安房直子さんが伝えたかったことについて書いています。...
『きつねの窓』安房直子【教科書のあらすじと感想】桔梗の花と窓に映った愛安房直子さん『きつねの窓』あらすじと感想です。小学校の教科書に掲載されていた物語。絵本も出版されています。桔梗の花言葉「永遠の愛」についても書いています。...

もっと見てみる

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA