ミステリー・サスペンス

『破滅の王』上田早夕里【あらすじと感想】細菌兵器 「キング」(R2v) の脅威

細菌兵器の恐怖―。

上田早夕里さん『破滅の王』の感想。
これまた凄まじい。後半はとまらず一気によんでしまいました。上田さんの本はSFを中心に何冊か読みましたが、今回は 細菌をめぐる戦争のお話です。

少しだけネタバレあります。

『破滅の王』あらすじ

ドキドキがとまらない!細菌兵器 「キング」 の脅威。

『破滅の王』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
上海自然科学研究所に務める宮本は、日本総領事館の呼び出しに応じた。そこで依頼されたのは、治療法がない 「キング」 と呼ばれる細菌兵器の治療薬の製造だった・・・。

『破滅の王』感想

ひだまりさん。
ひだまりさん。
感想をひとことで言うなら 「凄まじく面白い」 です。

まず読み終わったときに、凄まじい・・・という言葉が浮かびました。フィクションなのかノンフィクションなのか、わからなくなります。実在する登場人も出てくるし。・・・いや、フィクションなんだろうけどリアルすぎるんです。

そう言えば、上田さんの著作『夢みる葦笛』に 「上海フランス租界祁斉路320号」 というのがありました。舞台は同じ上海自然科学研究所です。ストーリーはそれぞれ独立したものになっていますが、本作品へと繋がっていくんですね。

凄まじさにおののく恐怖の世界

舞台は中国です。日本が戦時中のころでした。

ひょっとしたらこの小説は 歴史や時代背景に詳しい人が読むとまた違った楽しさがあるのかもしれません。歴史に疎いので読み進めるのがやっとでした。満州事変とか、日本軍とか・・・。しかも上海が舞台なので 中国人名とかもでてくるから少し読みずらかったです。

それでも途中から面白くなりました。今まで読んだ上田さんの小説はすべてSFだったので、また違う1面がみれたような気がして。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
上田さんの描く世界はどこかしら怖さがありますね。

『夢みる葦笛』『華竜の宮』『深紅の碑文』・・・。本作『破滅の王』も ある種の恐怖を感じました。(タイトルからして怖そうですよね)

特に感じた凄まじさは 細菌兵器 「キング」 とそれを扱う人間。そして実在の人物である日本軍の石井四郎の元で行われたとされている生体実験です。

細菌兵器 R2v 「キング」

『破滅の王』は 「R2v」 (キング) とよばれる細菌兵器を指しています。

治療法皆無の細菌。それがもし撒かれたら・・・。恐怖を感じました。

上海自然科学研究所で働く宮本が灰塚少佐から見せられたのは機密文書でした。新手の細菌 「R2v」 (キング) について。ワクチンがない、治療法皆無の細菌兵器の詳細です。宮本は治療薬の開発を頼まれるのですが・・・。

ひつじくん。
ひつじくん。
科学者のさがだね。キングの治療薬を作ることは自らが細菌兵器を作ることになってしまう。

治療薬がないままだと、それが撒かれたときに壊滅的なまでもの死者がでる・・・。科学者としての宮本の苦悩が描かれていました。

この細菌兵器 「R2v」 (キング) は、どうやら実在しないようなので一安心です。本書で描かれている世界では実在していて、1番最後の 「その後・・・」 というところを読むと鳥肌がたちました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
使われている・・・。治療薬もワクチンもない細菌兵器をばらまこうとする人間は狂っています。

「キング」 よりも恐ろしいもの

「キング」 よりも恐ろしいものは人間だと思いました。

リアル感が半端ないんです。もしやこの人物は実在するのでは? と思い、ネットで検索してみたのですが・・・い、いた!! 検索をかけたのは 石井四郎という人物です。彼の元で働く藤邑 (この人は創作?) の告白シーンが恐ろしくて、でも読むのをやめられませんでした。

ひつじくん。
ひつじくん。
平房で行われた人体実験は 本当にあったことなんだよね。

非人道的な行いに嫌悪感がわきました。『破滅の王』を読んでいると どこまでがフィクションで、どこまでがノンフィクションなのかわからなくなるんです。

「キング」 も恐ろしいけど、もっとも怖いのはそれを扱う人間です。戦時中という過酷な中で壊れていく人たち・・・。戦争ってさまざまな人たちを狂わせていくんだなと思いました。・・・黒い歴史ですね。

イケてる登場人物たち

上田さんが描く登場人物が素敵です。

特に灰塚少佐がかっこ良くて、主人公の宮本よりも気になってしまいました。・・・凄まじいだとか怖いだとかばかり書きましたが、彼らを見ていると胸が熱くなります。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
灰塚の過去が気になる・・・。

後半の灰塚&ヴァントコンビがイケてました。彼を主人公とした物語が読みたいです。

身勝手なのは人間

上田さんの著作を読むと、いつも思い知らされるのが人間の身勝手さです。1番怖いのは 「キング」 じゃなくて、それを扱う人間の方だと思い知りました。

でも上海自然科学研究所で働く宮本や、六川、そして灰塚のような良い人もたくさん描かれているから読んでいて楽しいんですよね。ドキドキがとまらない小説でした。

こちらもオススメ

上田早夕里さんのホラーSF小説です。世界観が半端なく良かった2冊。

『夢みる葦笛』上田 早夕里【あらすじと感想】誰も見たことがない驚異に満ちた世界上田早夕里さん『夢みる葦笛』あらすじと感想です。少しだけネタバレもあります。1冊でSF、ホラー、ファンタジー、パラレルワールド・・・が味わえる短編集でした。面白くて全ての世界観が完璧。おすすめの小説です。...
『華竜の宮』上田早夕里【あらすじと感想】人類滅亡の危機、そのとき彼らは・・・滅亡が迫る中、彼らに救いはあるのか?上田早夕里さん『華竜の宮』・・・壮大な物語でした。上田早夕里さんの 海洋SF小説。580ページほどで...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA