ミステリー・サスペンス

『編集長の条件』長崎尚志【あらすじと感想】醍醐真司の博覧推理ファイル

戦後最大の未解決事件が鍵!?

長崎尚志さん『編集長の条件』
醍醐真司の博覧推理ファイルシリーズです。『闇の伴走者』『黄泉眠る森』に続き3冊目なんですね。・・・前2作をすっ飛ばして読んでしまいました。

少しだけネタバレあります。

『編集長の条件』あらすじ

醍醐真司&水野優希タッグ再び!!

『編集長の条件』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
漫画編集者・醍醐は、編集長に抜擢される。1度は断るが、前任の編集長・南部のことが気にかかり、引き受けることにしたが・・・。

マンガ雑誌の編集者のお話でした。・・・推理ファイルということからも想像できますが、ミステリー小説です。漫画ミステリというのが新鮮です。ラストはどんでん返しな結末で楽しめました。

『編集長の条件』感想

前2作を読まずにいましたが、1冊で完結しているのでこちらだけでも楽しめました。でも途中で前の作品を思わせる記述もあったので、やはり順番通りに読んだ方がより楽しめそうです。

主人公の醍醐真司&水野優希のキャラ、個性的で好感が持てました。

作中のマンガが読みたくなる!?

ひょんなことから、想起社のマンガ雑誌 「ブレイブ」 の編集長に抜擢された醍醐。

彼は主人公ながらクセがあるのですが、キャラが際立って面白い人物でした。まさに編集長!!・・・って感じ。「ブレイブ」 の売上を伸ばすためリニューアルに励みます。

その過程が興味深かったです。担当編集者 (部下) や漫画家との話し合い、漫画の方向性・・・など細かに打ち合わせをしたりするものなんですね。

マンガ編集者を題材にした小説って初めて読んだので新鮮でした。

『パシリ刑事』『スナイパー卓』『パニック同盟』・・・。この小説には 様々なタイトルの漫画作品が出てくるのですが、打ち合わせの様子を読んでいると、そこに出てくるマンガも気になってしまうんです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
『パシリ刑事』読んでみたいわ。

南部は殺されたのか?それとも・・・

マンガ作品もそうですが、ミステリ部分も気になります。

想起社 「ブレイブ」 前任編集長・南部の不可解な死。ビルの屋上から転落死した南部は、自殺か、それとも他殺なのか?

この南部がまた酷い人物で、みんなから嫌われていました。彼は “絶対に勝てる大人向けマンガ雑誌のノーハウ”を思いついたらしいのですが・・・

ヒントは “水色” 。
そう言い残して死んでしまいました。

南部が 「ブレイブ」 リニューアルのためにとった施策が斬新です。

  • 一作以外は全作品を打ち切り。
  • 読み切り作品を中心に。

漫画家&担当編集者からはブーイングです。それもそうですよね、打ち切りだなんて・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
読み切りを中心とした雑誌にリニューアルしようとした南部の意図とは?

最後の方に明かされるのですが、なるほどなと思いました。そこの部分を読んで感じたことがあるのですが、それについては 後ほど・・・。

国鉄総裁の迷宮入り「下山事件」

この小説は、過去の迷宮入り事件 「下山事件」 が取り上げられていました。

ひだまりさん。産まれる前だから詳しくは知らないのですが、松本清張が取り上げていたりと割と知れ渡っている事件ですよね。

自殺説、他殺説。真相は誰にもわからない・・・。

その迷宮入り事件が題材にされた単行本が、本書には登場していて興味深かったです。『編集長の条件』は、マンガだけでなく、ミステリ、下山事件、紙芝居の話まで詳しく掘り下げていました。盛りだくさんの1冊です。

ヒット作と雑誌のリニューアル

醍醐がくり返し言っていることがありました。

雑誌の刷新 (リニューアル) は、ヒット作を生み出すことじゃない

ひだまりさん。
ひだまりさん。
雑誌の部数を伸ばすためには、リニューアルするのは分かるけど、それってヒット作を生み出すためじゃないの?

頭の中?マークになってしまった ひだまりさん。どういうこと?

ひとことでマンガ雑誌と言っても、そのターゲットはさまざまです。

ファミリーものが好きな読者を想定したものや、アクションものが好きな読者をターゲットとしたもの、世代をターゲットにするのもありますね。

・・・でも時代は変わっていきます。マンガ雑誌の部数が落ちたときにどうするのか。

肝心なのは、時代に合わせて色を少し変えても、これまでの読者を捨て去らないことなのだ。

ここで言う 「色」 とは、ターゲットでしょうか。リニューアルで 「色」 を変えても既存の読者が離れては元も子もありません。

作品が大ヒットしたら雑誌の部数も伸びそうですが、それはまた別問題なんですね。

本を読みながら自分の仕事のことまで考えてしまいました。

大ヒットも大切ですが、顧客も大切。

ここで描かれているのは雑誌社ですが、このことは様々な業界に共通することかなと思いました。洋服の販売をしている ひだまりさん。は、両方の大切さを日々ひしひしと感じています。

顧客さまだけでは限界があるのも事実。それに好みは変わるものだから、ずっと顧客さまでいてくれるわけではありません。時代は変わっていくから、それに合わせて変えていかねば存続が危うくなる。でも顧客さまあってのお店なんですよね。

お客さまはみんな神様というわけではありませんが・・・。

成功の秘訣

ラスト、南部の意図を読んだ時に感じたことがありました。

彼は雑誌の部数が落ちた理由を分析して、考えて、その結果、大幅なリニューアルをしようとしました。「ブレイブ」 を読み切り中心のマンガ雑誌に。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
どうして読み切りに?

その謎が解けて なるほどと思うのですが、ひだまりさん。は 別のことにも共感しました。

分析、考える、実行することです。

これってとても大事なことだと思うんです。・・・何をするにしても。たとえそれでまた失敗しても、それをくり返すことが成功の秘訣なのかなと思いました。

南部さん、むちゃくちゃな人だったけど、それにはちゃんとした考えがあってのことだったんだなと思って見直しちゃいました。

『編集長の条件』、内容も面白かったんですが、働く上で大切なことを改めて認識できた小説でした。

最後まで気がぬけない!一転する結末

結末は一転します。
『編集長の条件』を読むにあたってのポイントをまとめました。

check!
  • 幻のマンガ家とは誰?
  • 南部が言うところの、”絶対に勝てる大人向けマンガ雑誌のノーハウ” とは。
  • 果たして彼は 自殺か他殺か。

最後まで気が抜けませんが、素敵なラストでした。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA