映画・アニメ・ゲーム

『明日へのワープ』世にも奇妙な物語より / 「アイリウム」 に学ぶ大切なこと

飛んだ。本当に未来にワープした。

先日テレビで放送されたタモリさんでお馴染みの『世にも奇妙な物語』を観ました。その中の 「明日へのワープ」 というお話がとても良かったので、感想を書きたくなってしまいました。

・・・ということで、ドラマのレビューです。

ネタバレありますのでご注意ください!

『明日へのワープ』あらすじ

未来へワープできるクスリ!?

【あらすじ】
映画監督を目指す小林峰雄。でもその夢は叶うことなく彼女ともギクシャクして、周りに負い目を感じながら過ごしていた。そんなとき病院で、未来にワープできる 「アイリウム」 という新薬を処方されて・・・。

主演は三浦春馬、原作は小出もと貴『アイリウム』

主演は三浦春馬さんでした。演技力がバツグンで、彼のことばが幾度となく胸に刺さりました。めちゃくちゃ心に響いた『明日へのワープ』。原作は、小出もと貴さんの漫画『アイリウム』です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
マンガも読んでみたい!

思わず原作コミックも読んでみたくなるほど、ドラマが素晴らしかったです。『世にも奇妙な物語』は、過去の放送を全部観てはいないのですが、私が観た中ではダントツ良かった!!もう少しで泣きそうになりました。

『明日へのワープ』感想

とても面白かったです。新薬 「アイリウム」 を服用し、辛いことから逃げ続けた峰雄の未来は・・・。

未来にワープできる 「アイリウム」

主人公は三浦春馬さん演じる小林峰雄。28歳、映画監督を夢見る青年です。でも夢はなかなか叶わない・・・。友人が結婚していく中、焦りや負い目を感じて、彼女ともギクシャクしていました。

気持ちは痛いほどわかる・・・。

周りから遅れているように感じてしまう。この気持ちは経験ある方多いのではないでしょうか? 受験、就職、結婚・・・。人生の転機は誰にでもあります。でもなかなか上手くいかない時、ついつい周りと比べてしまいがちですよね。

そんな時、峰雄は 病院で新薬 「アイリウム」 を処方されます。

未来にワープできる薬です。・・・本当にワープできるものではないのですが、正しくは、未来にワープした気になるクスリ。

一錠で、24時間分の記憶が消える。

実際にはちゃんとその時間を経験して過ごすわけですが、薬を飲んでからの記憶が消えるため、未来へと時を飛んだ感覚に陥ります。

高校の友人の結婚パーティに行くのが憂鬱な彼は、薬を服用します。辛いことや悩ましいことを すっ飛ばして (忘れて) 人生を過ごすことは、果たして幸せなことでしょうか?

夢が潰えたとき

味をしめた峰雄は、その後も 「アイリウム」 を服用し続けます。

映画祭に応募した脚本の結果が一週間後に迫るとき、その一週間がもどかしい彼は薬を三錠 (一週間分の記憶が消える分量) 飲んでしまいます。

・・・なんだかもったいないな。

やりたいことがいっぱいある ひだまりさん。は、時間を飛ばす (正しくは記憶を消す) なんてもったいないと思ってしまいました。一週間ですよ。その間、待つのはもどかしくて辛いかもしれませんが、楽しいことだって経験したかもしれないのに・・・。

でもその結果は悲惨なものでした。
落選―。

期待していただけに、主人公の落ち込みようは半端ない。自暴自棄になります。彼女も出ていってしまって、今よりマシな未来を願って薬を飲み続ける・・・。そしてある時、いっぺんにたくさんの分量を飲んでしまうんです。

峰雄の後悔

彼が目覚めたのは15年後の世界。

ちゃんと経験してたどり着いたはずの15年後ですが、その間の記憶、経験したこともすべて消えているわけです。峰雄は結婚していました、出ていったはずの彼女と。・・・しかも可愛い子どもまでいます。でも彼女は3年前に病気で亡くなっていたんです。

仏壇の前に座り、思いを馳せる三浦春馬さんの姿が切なかったです。

どうやって再開して、どんなふうにプロポーズをして、どんな家族だったのか。

大切な記憶までもが消えている―。

辛いことから逃げてきた結果がこれです。楽しいこと、大切な思い出もすべて消えてしまいました。・・・後悔してももう遅い。切なくなります。

新薬 「アイリウム」 に学ぶ大切なこと

最後のオチは肩透かしをくらった人も多かったようですが・・・。峰雄が 「アイリウム」 を服用して至った結論が心に染みました。

どんな記憶からも逃げるわけにはいかない。記憶こそが人生を写しとる唯一の手立てなのだから。

・・・結局、峰雄の幻想体験だったわけなんですよね。詳しいオチは省きますが、このドラマをみて大切なことを改めて学びました。

ドラマのポイント!
  • 苦しいことも楽しいことも経験して自分が出来上がる。
  • 思い出は、その人を形作っているもの。

様々な経験を経て、その人が出来上がる。今の私は、今まで経験したことで出来上がった私です。辛いこと、楽しいこと、みんな大切な思い出です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
記憶を失うことはかなり辛いことですね。特に愛する人との大切な記憶は・・・。

今の苦しみは、きっと後になんて事ない思い出に変わる

もしも今苦しくても、きっと後に なんて事ない思い出に変わります。小さい頃の悩みが大人になったときに、そう言えばそんなことで悩んでいたよねーと感じるように。

大切なのは、今をしっかり生きることです。

ひだまりさん。は 今38歳ですが、例えばあと12年後 50歳くらいになったとき、あの頃はこんなことで悩んでたんだねー・・・と微笑んでいるかもしれません。

小さいころ、友だちと喧嘩したり、社会人になって仕事でミスって落ち込んだり・・・。

そのときは人生終わったと思うくらい沈んでいましたが、今となっては、なんてことなかったなと思うくらいの思い出に変わっています。

そして見渡して見れば、辛いことばかりじゃないはず。幸せアンテナをピピっと張り巡らせることも大切ですよね。小さな幸せなら回りにゴロゴロ転がっているものです。そういうのを感じられる人間でありたいなと思います。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA