ミステリー・サスペンス

『真犯人』翔田寛【あらすじと感想】誘拐×時効―。悲しい結末

この記事に書かれていること
  • 翔田寛さんの小説『真犯人』あらすじと感想
  • 殺害事件と誘拐事件
  • 重藤率いる6名の捜査員
  • 新たな筋読みと確実な証拠

少しだけネタバレあります。

この事件は絶対に時効にはさせない―。

翔田寛さんの小説『真犯人』感想です。WOWOWドラマ原作小説。面白かったです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
骨太の警察小説って感じでした。

『真犯人』あらすじ

誘拐×時効。2つの事件を結ぶ『真犯人』とは―。

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
誘拐×時効、2度も敗北した警察。3度目は、ないはずだった・・・。

『真犯人』感想

後半は一気に読みました。誘拐×時効、そして現在の事件へと繋がっていく。時効を迎えてしまった過去の誘拐事件の再捜査シーンが読み応えありました。

過去と現在を結ぶ誘拐事件

『真犯人』は 現在の事件と過去の事件が描かれています。

須藤勲 (すどういさお) 殺害事件 (現在) と尾畑守くん誘拐事件 (過去) です。

現在→過去→現在といった展開になっていました。

未解決 (誘拐) 事件の被害者・尾畑守くんの父親・須藤勲の遺体が発見されました。日下&柳刑事は守くん誘拐事件の再捜査を行った元刑事に話を聞きに行きます。

中盤は、当時 誘拐事件の再捜査を行った重藤の回想が描かれていました。現在の事件よりも、過去の未解決誘拐事件の回想を真剣に読んでしまいます。

誘拐事件発生から14年―。

誘拐事件発生から14年―。あと1年で時効を迎えるというときに、再捜査を指揮することになった重藤率いる6名のチームが熱い!

重藤率いる6名の捜査員

絶対に時効にはさせない!!

重藤は彼らを2人1組にして捜査に当たらせます。

6人の捜査員たち
  • 勝田&庄司・・・新たな容疑者候補を探り出す
  • 小此木&白石・・・身代金受け渡し現場についての聞き込み
  • 間島&辰川・・・尾畑守くんの母親、尾畑小枝子に当たる

勝田&庄司ペアは 誘拐事件が発生した当時の捜査員でした。未解決のまま捜査は打ち切り。意気込みが凄まじかったです。

14年前、尾畑守くんは遺体で発見され犯人はわからず終い。事件は最悪のかたちで幕を閉じます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
再捜査ともなると 新たな着眼点が必要になってくるんですね。

今までと同じ道筋を辿っても犯人にはたどり着けません。しかも14年も経過しているから、当時の人々の記憶は曖昧にならざるをえない。・・・難しい。

新たな筋読み

注目した人物は 辰川刑事です。他の捜査員にはない着眼点に舌を巻きました。

彼が引っかかったのは 守くんの母親・小枝子の行動でした。守くんの遺体との対面を強く望む母の行動は当たり前に思えます。・・・でも辰川は 引っかかりを覚える。

想像を超えた別の意図があったのではないか―。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
まさかまさかの、母が犯人!?

他にも2人の容疑者が浮かびます。勝田&庄司ペアが怪しいと睨む人物、米山克己。小此木&白石ペアは、守くんの父親であり殺されてしまった須藤勲が怪しいと筋読みします。

母・小枝子、米山克己、父・須藤勲。

ひつじくん。
ひつじくん。
この3人の中に犯人はいるの?

確実な証拠

守くん誘拐事件は 不可解なことがいくつかありました。

犯人は、なぜ身代金の要求を途中で止めてしまったのか。

1番の謎です。これが解ければ犯人の目星がつくかもしれませんが、再捜査はあっけなく終了・・・。誘拐事件は未解決のまま時効を迎えてしまいます。

後に須藤勲が何者かに殺されて現在の事件へと繋がっていく。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
未解決事件の捜査は並大抵なものではないんですね。限りなく黒に近いけど証拠がない。

確実な証拠がなければ 犯行を証明することなど不可能。・・・それでも粘り強く捜査を続ける6人に胸を打たれました。

『真犯人』はだれ!?

現在→過去→現在。捜査員と一緒に事件を辿っていくと 解決した時にため息がもれました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
本のタイトル『真犯人』という言葉がズシっときます。

悲しい結末でした。でもラストは6人の刑事のその後が描かれていて、ほんのりと心が温まります。

1つの事件が波紋のように周りの人々の人生にまでも影響を及ぼす。

守くん誘拐事件が起きなければ、須藤勲も殺されなかったかもしれないし、姉の理恵も苦しむことはなかっただろうし、重藤刑事だって・・・。

ひつじくん。
ひつじくん。
事件の余波は限りなく広がっていくんだね・・・。

こちらもオススメ

一気読み必須のおすすめ小説
面白くて一気読み!【徹夜本・おすすめ小説】2018年に読んだ本面白くて一気読み間違いなし、徹夜本オススメ小説&絵本を厳選しました。切なくて泣けるミステリー小説、アート小説、怖いけどクセになるホラー小説、大人にも読んでもらいたい学べる絵本などについて書いています。...
読み始めたら止まらない!面白い小説15選読み始めたら止まらない面白い小説を厳選しました。ミステリー&ホラー、ファンタジー、古典、SF・・・と、おすすめの15冊です。面白すぎて一気読み必須です。ぜひ読書の参考にして下さい。...
【貴志祐介おすすめ小説】迷ったらコレを読むべき!間違いなく面白いホラー小説6選貴志祐介さんのホラー小説の中で特にオススメを厳選しました。怖すぎるサイコパスもの、切なくて泣ける小説、面白すぎた長編SFなどをご紹介。簡単なあらすじと感想も書いています。...

他にもあります

WOWOWドラマ原作本のレビュー

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA