ミステリー・サスペンス

『僕らの世界が終わる頃』彩坂美月 /【感想】深読みしすぎちゃいけない小説

ネット小説どおりに起こる事件。それは、この世界への挑戦状。

彩坂美月さん『僕らの世界が終わる頃』
面白そうだなと思い、図書館にて借りてきました。自分が書いた小説どおりに事件が起こったら怖いでしょうね。悪いのは犯人なのに、自分も責任を感じてしまうかもしれません。

ネタバレあります!ご注意ください。

『僕らの世界が終わる頃』あらすじ

もしも、ネット小説どおりに事件が起きたら?

『僕らの世界が終わる頃』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
ひきこもりを続ける少年・渉。ある日、軽い気持ちで投稿した小説が、現実に起こり始める。怖くなった渉は、小説を削除するが、何者かにより続編が公開される。さらなる悲劇が続き・・・。

『僕らの世界が終わる頃』感想

途中までは読むのがしんどかったです。・・・主人公の男の子に全く魅力を感じない。弱っちくてウジウジしていて、少しイライラしちゃいました。

でも中盤は面白さが増してきます。・・・ただ、ラストは深読みしすぎちゃって肩透かしをくらいました。あっ、そう。それで終わり??と。

引きこもり少年

主人公は引きこもり少年

主人公・渉は引きこもりを続けていました。中盤からは少しずつ前向きになるのですが、それまでの描写が長い。しかも引きこもりの理由が、なかなか明かされません。

彼に何があったんだろう?と気になるも思わせぶりな描写ばかりで・・・。一年前のあのときのこととは学校で友達が校舎の3階から落ちたことなのですが、なかなかその経緯が明かされません。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
こんなに引っ張らなくても・・・。

それでも中盤からは面白くなります。

渉がネットで公開した小説 「ルール・オブ・ルール」 どおりに事件がおこり始める。

いったい誰が、どうして?
混乱する渉と一緒に、私も不気味さを感じました。

交差するフィクションとリアル

ここが面白い!!

この小説の面白さは、物語と現実がリンクしていくところにあります。

渉がノベルサイト・モバイルシティに投稿した 「ルール・オブ・ルール」。一気にランキング1位になり、次々と物語どおりに事件が起きる。

彼は現実の友だちや周りの人をモデルにしながら小説を書いていました。舞台も身近な公園や学校など。事件が起きるのは渉の周辺です。

・・・ということは、彼の周りにいる登場人物が怪しい。でも ひだまりさん。の予想、大きく外れることになります。(←それについては後ほど)

一冊の小説で2つの物語か楽しめるのは面白い。渉のいるリアルの世界と、『ルール・オブ・ルール』のフィクションの世界です。

もしも自分が書いた小説どおりに事件が起こってしまったら?

ひだまりさん。
ひだまりさん。
かなり不気味で怖い。気が変になるかも。

終わらない世界

より不気味さがます中盤。
混乱した主人公は小説を書くのをやめるのですが・・・。

渉の知らないところで、彼が作った世界の続きが更新されていました。そしてネット小説どおりにまた事件が起こるんです。

現実と物語の世界がリンクしていく。
交互に描かれているから、同時進行してるパラレルワールドのような感じがしました。

小説を読む視点

話がそれますが

小説を読むときって、登場人物の視点で読んでいますか? ・・・それとも第三者の視点?

ひだまりさん。は、登場人物の視点ではなくて第三者の視点なんだなと、最近になって気づきました。この小説を読みながらも、心の片隅で、やっぱり第三者目線だなと認識。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
本を読んでいるときは登場人物の視点ではないけど、彼らが身近にいる感覚になる。

その物語に ひだまりさん。は登場していないけど、私は物語を眺めているわけで、幽霊のように登場人物にぴたっと張りついている自分を想像しちゃいました(笑)

ふと、江國香織さんの『なかなか暮れない夏の夕暮れ』が思い浮かびました。ちょっと面白い描き方をしている小説です。

『なかなか暮れない夏の夕暮れ』江國香織/ページをめくる官能と幸せなひととき本の世界へ―。江國香織さん『なかなか暮れない夏の夕暮れ』江國さんの本を読むと、無意識のうちに「華子」を探している自分がいます。『落下する...

本の世界にひたっている時、唐突に世界がとぎれる瞬間があります。例えば電話が鳴ったり、思いがけぬ来客があったとき。とつぜん現実に引き戻される。その描写がリアルに感じられるんです。

深読みしすぎました・・・

ミステリー小説を読むとき、犯人を探しながら読んでいます。あの人が怪しい、絶対犯人だ!と目星をつけていたのですが、結果、ぜんぜん違いました。(あの人は最後まで良い人でした)

ひだまりさん。
ひだまりさん。
これは、わざと?

最後にどんでん返しがあるんだろうな、うん、このまま終わるはずがない、と期待 (深読み) しすぎちゃいました。それを見越しての結末だったのかな。

・・・うーん、なんとも未消化です。
深読みしすぎちゃいけないですね。でも本当にどんでん返しがあった方がスッキリしたんじゃないかなと思います。とってつけたような犯人だったし、渉の小説どおりに事件を起こした理由についてもしっくりきません。

そして、結局だれも死んでいなかった・・・。

このラストいらなくね? 一年前の件、死んでないのに主人公は あんなにウジウジと引きこもりになっていたの? と疑問がわいてきます。肩透かしなラストで、物語の余韻に浸れなかったのが残念でした。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら
こちらは読んだ?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA