映画・アニメ・ゲーム

フランス革命がわかるベルサイユのばら【感想】

お前は男だ。名前はオスカル、私の息子だ

『ベルサイユのばら』アニメ
初めて全部見たのは2年くらい前でした。名シーンなどでよく紹介されていて、ずーっと気になっていたのです。見るとすっかりその面白さにハマってしまいました。

ベルサイユに咲いた一輪の薔薇

『ベルサイユのばら』がアニメ化されたのは1979年です。ちょうど私が産まれた年ですね。フランス革命などの史実を織り交ぜながら描かれています。

ジャルジェ家の娘として産まれたオスカルですが、父の一言で男として育てられます。そしてアンドレと共にフランス国王に仕えることになるのです。

様々な愛のカタチ

『ベルサイユのばら』では 様々な愛のカタチが描かれています。

マリー・アントワネットとフェルゼンが初めて出会う。・・・苦しい恋の始まりでした。

フェルゼンの言葉は胸に響きました。そんなフェルゼンを愛してしまったオスカル。初めてドレスを着て、舞踏会で一人の女性としてフェルゼンと踊るシーンが印象的でした。

オスカルの切ない想いに思わず泣いてしまいました。何よりも男として生きることを決意するオスカル。アンドレは想いを告げます。

ジーン。また泣いてしまいました。

フランス革命と王妃マリー・アントワネットの悲劇

オーストリアの女帝マリア・テレジアの娘として産まれたマリー・アントワネット。次期フランス国王のルイ16世の王妃としてフランスに迎えられます。

ベルサイユ宮殿での華やかで贅沢な生活。でも、そのお金は国民の税金。民衆は食べるものも満足に買えずフランス国王に不満を募らせていく。贅沢ざんまいのマリー・アントワネットに・・・。

首飾り事件やフランス革命など、史実に沿って描かれていますね。幼くして何も分からず、フランスに嫁いできたマリー・アントワネット。彼女の孤独な心も描かれています。

『ベルサイユのばら』では、彼女の周りにはオスカルやフェルゼンがいます。でも史実では、あまり人を寄せ付けず信頼していたのは恋人のフェルゼンただ一人だったと言われています。そして遂に民衆の怒りは爆発し、フランス革命の幕開けとなる。

マリー・アントワネットという女性に興味を覚えました。何故ここまで民衆に憎まれてしまったんだろう?

『ベルサイユのばら』の魅力。

綺麗な絵がステキ。主人公オスカルの真っ直ぐな生き方に胸を打たれます。アニメといえども、あなどれませんね。フランス革命の背景にも興味を覚えました。子供が見るよりも、大人が見た方が楽しめるアニメです。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA