映画・アニメ・ゲーム

杉下右京の後悔と甲斐享の正義/【感想】相棒 ダークナイト

杉下右京 VS ダークナイト

先日のドラマ『相棒』season13の最終回を見て衝撃を受けた人は多いのではないかと思います。私もその一人です。後味の悪いラストでしたが、『相棒』から一夜明けて、少し落ち着いたところで私の感じたことを書きたいと思います。

杉下右京の正義とカイトくんの正義

先日の『相棒』を見て強く思ったことは、杉下さんの正義とカイトくんの正義のすれ違いでした。杉下右京というひとは、自分の正義をとことん貫く人です。

例えどんな理由があろうとも、犯罪という一線を超えてはならない。

時には暴走することもありますが、そんな考えを貫いている杉下さんだからこそ私は好きなんです。

一方、カイトくんは、杉下さんのように純粋な正義の持ち主ではなく、ダークナイトに共感できるものがあるというものでした。人間的な感情優先の正義といったところでしょうか。

今回の『相棒』で衝撃的だったのは、ダークナイトがカイトくんだったところです。

半ば予感を持ちつつ見ていましたが、まさか違うだろう・・・という気持ちの方が強く、最後は唖然としてしまいました。悪い予感が的中した感じです。前代未聞の結末ですね。

親友のために―。

それがカイトくんの正義。最初のきっかけでした。

甲斐次長がカイトくんに言ったことばが、ラストのカイトくんを暗示しているかのようでした。カイトくんはどんなことを思ったのでしょう。あるいは既に予感していたのかもしれません。上司で相棒の杉下さんに罪を暴かれ、全て台無しになる。運がないというよりは、なるべくしてなったということですが・・・。

杉下さんの後悔

3年間一緒だった相棒に怒りをぶつける杉下さん。後に残ったのは後悔でした。

胸がキュッと締めつけられました。・・・いたたまれない。

そして杉下さんは無期限の停職処分。なんとも後味の悪い結末です。

まとめ

今回の『相棒』を見て、成宮さんと水谷さんの相性などにも考えが及んでしまいました。

以前に囁かれていた成宮さん殉職説なども耳にしていますし・・・。でも水谷さん演じる杉下右京が好きなのは変わらないので、相棒14がまた始まると信じて待ちたいと思います。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

POSTED COMMENT

  1. おともだちパンチ より:

    ひだまりさん、こんにちは。コメントをするのは初めてですね。

     私の昨日のブログも相棒の最終回のことを書きました。注目した場面や感じたことはひだまりさんと大体同じです。

     ただ、カイトくんが許せないのとこんな話を作った制作陣に納得がいかないことで今も悶々としています。続編が見たいという気持ちもあるのですが、こんな話を作るのならもう続編は嫌だ!・・・とブログにはだいぶ荒々しいことを書きました。

     犯罪を犯していたとしても、もっと救いようのあるものにできたと思います。また、悦子さんを妊娠させ、白血病にさせたのも残酷で・・・。まだまだショックからは立ち直れそうにないです。

  2. ひだまりさん。 より:

    コメントありがとうございます。

    おともだちパンチさんの記事も読みました。私が上手く伝えられなかった気持ちを言葉にされていて、何度も頷いてしまいました。

    私も正直、この結末はないんじゃないか・・・。というのが、相棒を見終わった時に一番感じたことです。杉下さんはいつもどおりの正義を貫いていて、後悔する場面では胸が痛みましたが、カイトくんの扱いというか設定が酷かったように思います。
    後味の悪さが大いに残った最後でした。

    シーズン14はあるのでしょうか。後味が悪いだけに次に期待したい気持ちも少なからずあります。もうこんな無茶な設定にはしないで欲しいものです。

    おともだちパンチさんも早く立ち直れることを願ってます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA