ミステリー・サスペンス

『誓約』薬丸岳【あらすじと感想】幸せの権利と人間の脆さ

幸せの権利。

薬丸岳さんの小説『誓約』感想です。一気読みでした。読み始めから最後までストーリーに惹きつけられるのは流石ですね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
面白かったです。

『誓約』あらすじ

人は、どこまで非情になれるのか。

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
愛する家族と幸せに暮らしていた向井の元に届いた一通の手紙。そこから全ては狂い始めた。

『誓約』感想

テンポよく進む展開から目が離せませんでした。薬丸さんの本はハズレません。

『誓約』のテーマ・幸せの権利

『誓約』のテーマ

過去に罪を犯した人間は 幸せになってはいけないのか

帯にも書かれていて思わず手にとってしまいました。『誓約』は 過去に犯罪を犯した人間がやっと掴んだ幸せを守るために自分の罪と向き合っていくストーリーです。

向井に届いた一通の手紙。徐々に彼の幸せな生活が破綻していきます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
幸せになる権利は誰にでもあるけど、罪を犯した人は 贖罪の気持ちを忘れないでほしい。

登場人物・向井は過去に罪を犯し、戸籍や名前、顔までも変えて別人として生きていました。家族にも内緒で・・・。

彼は ある女性と交わした約束のために人を殺さなければいけない事態に直面します。守るべき人たちがいたからです。

ひつじくん。
ひつじくん。
元はと言えば身から出たサビだけど可哀想・・・。

愛する気持ちと人間の脆さ

向井には愛する家族がいました。

守る人がいると人は強くなれる。愛する妻と愛娘のことを考え、思い悩む主人公に共感します。

この本を通して人を大切に思う気持ちを感じました。そして、その人たちを守るために悪事に手を染めなければならない人間の脆さも。

人は復讐のために、ここまで非情になれるのか。

犯人は過去に愛する人を失った人物です。後に残るのは悲しみだけ・・・。ラストは家族の絆に感動しました。

薬丸岳さんの本は重めのテーマが多いですね。・・・重ければ重いほどたくさん考えなくてはいけないんだなと。

これからも読み続けたい作家さんです。

こちらもオススメ

『悪党』薬丸岳【あらすじ&感想】加害者追跡調査のやるせない結末。薬丸岳さん『悪党』のあらすじと感想です。ネタバレもあります。犯罪加害者の追跡調査をしていく佐伯。やるせない結末でした。WOWOWでドラマ化されます。罪と贖罪について考えました。...
『Aではない君と』薬丸岳【あらすじと感想】子供の罪と父の苦悩薬丸岳さんの小説『Aではない君と』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。少年法と父の苦悩、付添人制度についても書いています。命の尊さを感じる結末でした。...
『友罪 』薬丸岳【あらすじと感想】友達の罪と命の重さ薬丸岳さん『友罪』あらすじと感想です。テーマである少年犯罪についても書いています。もしも私が主人公の立場だったら、この小説のようにはできないかもしれません。心に響く深いお話でした。...
薬丸岳おすすめミステリー小説
薬丸岳 おすすめミステリー小説 / 迷ったらコレを読もう!薬丸岳さんのおすすめミステリー小説を厳選しました。司法制度を扱った小説といえば薬丸岳さんです。小説の魅力についても書いています。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA